FutePor のすべての投稿

柏レイソルMF安西海斗が移籍したブラガってどんなクラブ?5つの特徴をご紹介

川崎フロンターレMF板倉滉が、あのマンチェスター・シティへの完全移籍を決め、日本のサッカー界を震撼させたこの日、首都圏ではもうひとつのビッグディールが成立した。

モンテディオ山形にレンタル移籍していた柏レイソルMF安西海斗が、ポルトガル1部SCブラガに移籍することが正式発表されたのだ。

さすがにマンチェスター・シティのインパクトによって霞んでしまった感は否めないが、ブラガといえばポルトガルリーグで上位常連のれっきとしたメガクラブ。クラブの格という意味では、かつて相馬崇人が所属したマリティモや、金崎夢生・中島翔哉ら日本人選手の獲得を進めるポルティモネンセなどを優に超え、田中順也がプレーしたスポルティングに次ぐ、まさに名門中の名門だ。

なかなか日本では知られることのないこのブラガというクラブ。今回はその5つの特徴をご紹介したい。

ポルトガル3強に割り込まんとする勢い著しい新興クラブ

ポルト、ベンフィカ、スポルティングが「3強」として名を馳せるポルトガルにおいて、この3強体制撃破に最も近しいのが、ブラガだ。

正式名称は「Sporting Clube de Braga」。ポルトガル南部に位置する首都リスボンの2強がベンフィカとスポルティングだとすると、北部の2強と言えるのがポルトとブラガだ。これまでの最高順位は2009-10シーズンに記録したリーグ2位。その後2011-12シーズンにも3位に輝くなど、見事3強喰いを達成している。

その合間の2010-11シーズンには、ドミンゴス・パシエンシア監督のもとELで決勝進出。アンドレ・ビラス・ボアス率いるポルトとのポルトガル勢対決に敗れてはしまったが、ヨーロッパ全土にその名を轟かせた。

昨季2017-18シーズンはリーグ4位、今季2018-19シーズンはここまでスポルティングを抜きリーグ3位。(2019/01/15時点) 今季こそは3強撃破を再現しようと、後半戦の巻き返しに意気込んでいる。

今がまさに旬!チームを率いるのは歴代最高監督

ブラガといえば、ポルトガルでも屈指の「名監督輩出クラブ」だ。ベンフィカで10つのタイトルを獲得したジョルジ・ジェズスや、モナコでCLベスト4に輝いたレオナルド・ジャルディン、シャフタールで注目を浴びるパウロ・フォンセッカ、ポルトで国内最高タイの公式戦18連勝を記録したセルジオ・コンセイサオン、そして次世代の名監督候補筆頭ジョルジ・シマオン。

今やヨーロッパを舞台に活躍する上記歴代のポルトガル人指揮官に比べ誰よりも勝ち点を稼いだのが、現監督アベル・フェレイラだ。

アベル・フェレイラが2017-18シーズンに積み上げた勝ち点は、クラブ歴代最多の「75」。 ベンフィカが招聘を狙うとも噂されているポルトガル最注目の指揮官がチームを率いている。

クラブOBはあのスペイン代表FWや鹿島でプレーした大男

ポルトガル代表の名選手ティアゴ・メンデスや、2016-17シーズンにベンフィカでリーグMVPに輝いたピッツィなど、監督だけでなく選手についても、多くのスターを輩出してきたブラガ。実はあまり知られていないが、スペイン代表のレジェンド、ジエゴ・コスタが人生で初めてプロ契約を締結したクラブでもある。その他、日本人に馴染みのある選手で言えば、2011-12シーズンに鹿島アントラーズでプレーした長身FWカルロンが、鹿島以降に所属したチームでもある。

かつては日本人選手も所属

2002-03シーズンには、日本人MF廣山望もプレー。実は日本人と馴染みの深いクラブでもある。

ホームスタジアムは衝撃の断崖絶壁!

ホームスタジアムのEstádio Municipal de Bragaは、世界でも有名な珍(?)スタジアム。ゴール裏が断崖絶壁になっており、初めてスタジアムに駆けつけた観客は、まったく試合に集中できない衝撃のスタジアムである。

以上、ブラガについて基本的な5つの特徴をご紹介した。

ブラガは2部に所属するBチームも保有しており、安西は当面Bチームでプレーする可能性もあるだろう。その中で実力を示し、見事トップチームに昇格できれば、ポルトガル屈指の若手監督の指導を受けられ、ひいてはベンフィカなどすでに多くのOBが移籍を実現させている、さらなるビッグクラブへの道も拓ける。是非とも今後の活躍に期待したい。

元鹿島FWカイオ・ルーカス、ベンフィカ移籍へ。2019-20季からの5年契約を締結か

かつて鹿島アントラーズに所属し、現在はアル・アインに所属しているブラジル人FWカイオ・ルーカスが、ベンフィカ移籍で合意に達したようだ。複数のポルトガルメディアが報じた。

『O JOGO』によると、ベンフィカが数日間の交渉の末、アル・アインとの契約最終年にあるカイオと2019-20年からの移籍について合意に達したという。また『Record』によると、現在スペイン・ポルトガル方面を旅行しているカイオは火曜日にリスボンに戻り、メディカルチェックを受ける予定。その後、5年間の契約を結ぶと見られている。

クラブW杯で準優勝に輝き、自身はシルバーボール賞を獲得したカイオには、かねてからポルトやベンフィカ、シャフタールらが関心を寄せていた。先日はポルトが金銭面等を理由に獲得を見送ったことが報じられており、その去就が注目されていた。

ベンフィカといえば、今季の成績不振を受けて、リーグ2連覇を含む6つのタイトルをもたらしたルイ・ビトーリア監督を解任したばかりで、クラブとしての転換期を迎えている。鹿島やアル・アインでタイトルの味を知るカイオは、ポルトからのタイトル奪還を狙うベンフィカにとって救世主となれるだろうか。あとは正式発表を待つのみだろう。

©FutePor -ふとぽる

ウルブス、残り20%のひと押しを断念へ。中島翔哉、今季末まで残留の可能性

『zerozero.pt』

ウルバーハンプトンへの移籍が「80%」と迫っていた中島翔哉だったが、移籍の実現が困難になりつつあるようだ。すでにウルバーハンプトンは移籍交渉を進めることを断念し、ポルティモネンセは中島翔哉の「残留」という選択肢を見据えつつあるという。

先日、地元ラジオに対して、「中島のウルバーハンプトン移籍の可能性は80%」と語っていたポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、新たにポルトガルメディア『Record』に対して、下記のように語ったという。

「先週、中島のウルバーハンプトン移籍成立まで残すところ20%と言ったが、あれから何らかの進展はない。より良い条件を提示できるクラブだって現れ得る」

「中島の今季末までの残留も、よりよい選択肢のうちのひとつだ。彼がアジア杯を戦い、その価値をさらに高めてくれることを信じているからだ」

あくまでも、2000万ユーロ、または報道によっては4000万ユーロとも言われている違約金満額の支払いを求めるポルティモネンセ。アジア杯という見本市を控える中、中島の売却益をさらに増やそうという魂胆が垣間見える。ポルティモネンセ側の評価額ばかりが高まり、世界各国の強豪クラブが支払うに値しないと判断する金額にまで上り詰めてしまうことだけは避けてほしいところだ。

©FutePor -ふとぽる-

中島翔哉、やはり超高額違約金がネックに。ポンテ副会長「まだ具体的なものはない」

『O JOGO』

今冬の移籍市場での移籍が噂されているポルティモネンセFW中島翔哉だが、移籍の実現に向けたハードルはいまだ高いようだ。ポルトガル大手サッカーメディア『O JOGO』によると、多くの強豪クラブが中島の獲得に関心を寄せながらも、ポルティモネンセを納得させるだけのオファーは一切届いていないようだ。

同メディアによると、中島の獲得に興味を寄せているのは、度々報じられてきたポルトガルの3強のほか、シャフタール、サウサンプトン、セビージャ、パリ・サンジェルマンなど。先日は、クラブ会長ロドニー・サンパイオ氏が、地元メディアに対して「ウルバーハンプトン移籍の可能性は80%」と語っていたが、実現に向けた残り20%、すなわち、違約金満額の支払いがいまだネックとなっているようだ。

中島に設定されている違約金は、2000万ユーロなど様々な説がある中、『O JOGO』は4000万ユーロと報道。違約金満額の支払いを求めるポルティモネンセの要求額に応えるクラブが皆無であることを、副会長ロブソン・ポンテの下記コメントとともに報じている。

「たくさんのコンタクトがあるし、いくつかのオファーももらっている。しかし具体的なものはない」

確かに中島翔哉の活躍ぶりには眼を見張るものがあるのは事実だが、ポルトガルの中位クラブで活躍しているだけの選手を、ヨーロッパの強豪クラブが2000〜4000万ユーロもの大金を叩いて即買いすることは、にわかには考えにくい。ポルト、ベンフィカ、スポルティングなど3強で活躍した、未来のスターの卵ですら、2000万〜高くて3000万ユーロ代での移籍が通常であり、ポルトガルリーグのいち選手に4000万ユーロの買取額がつくことは極めて異例なケースと言える。

「ウルバーハンプトンへの移籍の可能性が80%」と言えば、一見すると確かに実現性は高そうにも見えるが、ポルティモネンセの強硬姿勢を鑑みると、残り20%の壁は文面以上に分厚いものなのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、クラブW杯にスカウトを派遣へ。お目当は、元鹿島FWカイオ・ルーカス

『A BOLA』

ポルトガルリーグ王者ポルトが、アラブ首長国連邦で開催される2018年クラブW杯にスカウトを派遣する。お目当は、かつて鹿島アントラーズでプレーしていたブラジル人FWカイオ・ルーカスのようだ。

ポルトがカイオの獲得に関心を寄せていることは、今シーズン度々報じられてきた。引き続き、プレミアリーグへの移籍が噂されているアルジェリア代表FWヤシン・ブライミの後継者に、2019-20の補強第1号として注目しているという。

カイオが所属するアル・アインは、開催国枠として同大会に出場する。奇しくも、古巣である鹿島アントラーズもアジア王者として参戦。両者がトーナメントを勝ち進んだ場合、決勝にて再会することになる。

©FutePor -ふとぽる-