FutePor のすべての投稿

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

二転三転したマルコ・シウバの新天地がついに決着か。ワトフォードと2年契約締結へ

二転三転したマルコ・シウバの監督就任先がついに決着を迎えそうだ。

これまでマルコ・シウバには、ポルトガルメディアによりポルトと契約合意をしたことや、イングランドメディアによりクリスタル・パレスへの監督就任が有力となったことを報じられてきたが、今回複数のポルトガルメディアが、同監督がプレミアリーグのワトフォードと2年契約を締結したことを報道。特に『O JOGO』は両者がすでに契約に合意し、数時間後には正式発表される見通しであると伝えた。

当初マルコ・シウバにとって有力な移籍先とされていたポルトについては、監督本人がオファーを断ったようだ。また、ハル・シティを率いて評価を高めたプレミアリーグから、クリスタル・パレス、サウサンプトン、レスターらが同監督の招聘に関心を抱いていたようだが、最終的にはマッツァーリ監督のもと低調なシーズンを送ったワトフォードと契約を結ぶ見通しとなった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト移籍は消滅か。マルコ・シウバの新天地は、やはりクリスタル・パレスが有力に

『O JOGO』

やはりマルコ・シウバの新天地は母国ポルトガルのポルトではなく、プレミアリーグになりそうだ。

先日は、ポルトガルメディアにより、ポルトとの契約が成立したことを報じられていたマルコ・シウバだが、同監督はハル・シティを率いたプレミアリーグ残留を望んでおり、プレミアの3クラブから寄せられたオファーのうち1つを受けることを検討しているという。

そのうち最有力となったのが、クリスタル・パレスだ。マルコ・シウバが移籍先に望む条件は2つ、チームの質とクラブの投資サポートであり、中でも選手の獲得に1億ユーロを用意可能であるというクリスタル・パレスが、マルコ・シウバにとって理想的なクラブとなっているという。

ハル・シティ退団が正式に決まり、いよいよその新天地の決定も間近に迫ってきた。マルコ・シウバは、次の日曜日には将来を決めたいようで、クリスタル・パレスへの監督就任が来週には決まっている可能性もある。

©FutePor -ふとぽる-

ベルナルド・シウバ、マンチェスターへ。移籍交渉の相手はまさかの…シティ?

『O JOGO』

リーグ・アンを制し、CLではベスト4に進出するなど、輝かしいシーズンを送ったモナコで10番を背負うポルトガル代表ベルナルド・シウバが、移籍交渉のためマンチェスターに到着したようだ。

イングランドメディアによると、移籍交渉の相手は、度々報じられてきたユナイテッドではなく、なんとシティ。同郷監督ジョゼ・モウリーニョのもとでプレーすることが有力視されていたが、一転ライバルクラブへの移籍が有力となった。

名将グアルディオラを迎えながら、CLでもプレミアリーグでも無冠に終わったマンチェスター・シティ。来季のクラブ改革に向け、CLで負かされたモナコの10番に7000万ユーロを支払うことが推測されている。

©FutePor -ふとぽる-

パリ・サンジェルマン、王者奪還に向けポルトガル国内3冠のジョルジ・ジェズスを招聘か

『O JOGO』

レオナルド・ジャルディン率いるモナコにリーグ・アン王者の座を譲ったパリ・サンジェルマンが、来季の王座奪還に向け、スポルティング監督ジョルジ・ジェズスの招聘を希望しているようだ。

『Jornal de Notícias』によると、パリ・サンジェルマンは、すでにジョルジ・ジェズスに対して具体的なオファーを提示したようだ。スポルティングと年俸750万ユーロの2年契約を残す同監督を引き抜くため、2年分の年俸に当たる違約金1500万ユーロを用意したという。

一方のスポルティング側も、ブルーノ・デ・カルバーリョ会長が、欧州のトップクラブでの指揮を望むジョルジ・ジェズスを慰留するのは難しいと考えているようだ。同監督は、ベンフィカ時代に、リーグと2つのカップを制して国内3冠を成し遂げるなど圧倒的な成績を残しているが、パリ・サンジェルマンのような海外のビッグクラブを率いた経歴はない。

先日は、「スポルティングでチャンピオンになるために来た」と愛するクラブへの残留を暗示したジョルジ・ジェズスだが、60歳を超えキャリアの終盤を迎えたいま、夢であった海外挑戦を選択する可能性は十分に考えられる。

©FutePor -ふとぽる-