FutePor のすべての投稿

【過去コラム再掲】ポルトガルサッカーの縮図としてのFCポルト

現在のサッカーシーンにおいて、いまや、ポルトガルは世界中の注目を一身に集める巨大勢力となった。欧州サッカー連盟(UEFA)が査定するリーグランキングでは、2013-14シーズンにイタリアを抜いて4位となり、 クラブランキングでは、名だたる名門クラブが形成するベスト10に、SLベンフィカ(5位、以下ベンフィカ)とFCポルト(9位)の2チームがランクインしている。 世界の一流クラブで中心選手として活躍するポルトガル人も急増し、ポルトガル人監督という存在は、一種の名監督としてのブランドとなりつつある。

しかし、日本でのポルトガルサッカーの知名度は決して高いとは言えない。筆者が「Twitter」にて行った独自アンケート では、実に61パーセントもの回答が、選手や監督、クラブなどといった内容の薄い固有名詞のみという結果となった。すなわち、筆者のTwitterをフォローしている比較的サッカーに精通している層ですら、ポルトガルサッカーの特徴を掴みきれていないのである。

FCポルトやベンフィカなどの世界的に有名なポルトガルクラブの状況は、ポルトガルサッカーのそれと酷似している。言い換えれば、これらクラブはポルトガルサッカーの現状を映す鏡なのである。本レポートの目的は、日本人の理解が乏しいこれらクラブの中でも、筆者が実際に在住した経験のある街のクラブ、FCポルトを詳細に解説し、クラブという枠を超えてポルトガルサッカー全体にも適用し得る提言を示すことにある。

 

<FCポルト概要>

FCポルト、正式名称は「Futebol Clube do Porto」。1893年、ポートワインの貿易に従事していたニコラウ・デ・アウメイダ氏が、イングランドで出会ったサッカーに魅了され、故郷ポルトにサッカークラブを設立したのが始まりである。

ポルトガル1部リーグの優勝経験がある5クラブ の一角であり、ベンフィカ、スポルティングCP(以下、スポルティング)とともに、ポルトガルの「3強(Três Grandes)」と謳われている。現在のピント・ダ・コスタ氏が1982年に会長就任してからは、リーグの5連覇と4連覇を達成し、近年ポルトガルで最も多くのタイトルを獲得しているクラブである。

かつてのホームスタジアム「Estádio das Antas」は、欧州選手権(EURO)2004のポルトガル開催に伴い、現在のホームスタジアム「Estádio do Dragão」に建て替えられた。創立10周年を迎えた2013年には、クラブの潤沢な資金力をもとに、隣接するミュージアム「Museu Futebol Clube do Porto」が建設され、クラブの近代化が推進されている。

 

<FCポルトの実力>

「近年ポルトガルで最も多くのタイトルを獲得しているクラブである」と記述したが、それでは、FCポルトは世界的に見てどれほどの強豪クラブと言えるのか。国内リーグやヨーロッパ大会での戦績から紐解いていく。

まず、国内リーグに関して言えば、近年FCポルトが圧倒的な強さを見せつけている。2002年から2014年の12シーズンにかけてのリーグ優勝は、FCポルトとベンフィカの2クラブが独占しており、事実上の「2強(Dois Grandes)」体制となった。その中でFCポルトは4連覇と3連覇を含む9回のリーグ優勝を果たし、同3回のベンフィカを大きく上回る。

続いてヨーロッパ大会に関してだが、並みいる超名門クラブの中でも、FCポルトはその存在感を十分に発揮している。ヨーロッパ各国の上位チームが一堂に会する「チャンピオンズ・リーグ(以下、CL)」は、欧州のナンバーワンクラブを決める由緒正しき大会である。近年の優勝クラブは、スペインのバルセロナとレアル・マドリード、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドやリヴァプール、それからチェルシー。イタリアのミラノに本拠地を置く2クラブ、ACミランとインテル・ナシオナル、そして、ドイツのバイエルン・ミュンヘンといった、サッカーファンならば誰もが知る超名門クラブである。このようなクラブでしか成し得ない優勝という快挙を、FCポルトは2003-04シーズンに達成し、世界を驚愕させた。

また、CLへの出場が叶わなかった上位チームが参加する、CLの下位リーグ「ヨーロッパ・リーグ(以下、EL)」では、2002-03シーズンと2010-11シーズンに優勝を果たしており、同大会で毎年のように躍進するポルトガルクラブの一角を担っている 。

今シーズン(2014-15)も、国内リーグではベンフィカに次ぐ2位につけており、CLのグループステージでは、4勝2分0敗の成績で首位通過し、ポルトガルのクラブでは唯一決勝ステージに駒を進めた。国内ではベンフィカと頂点を争い、ヨーロッパの大会でも毎年のように上位進出を決めている。これが現在のFCポルトの実力である。

 

<「人材供給地」としてのFCポルト>

FCポルトがヨーロッパの大会で勝ち進むに十分な実力があるのは確かだが、CLで優勝候補に挙げられるほどのものではないというのが事実である。十数年も昔の偉業であるCL優勝が、現在でもポルティスタの間で語り継がれているのは、それほど稀有な「大事件」だったからであろう。今年のCLでも、FCポルトが優勝すると心底信じて疑わないのは、ポルティスタの中でも何人いるだろうか。愛するクラブを、前述のバルセロナやレアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンといった優勝候補の常連チームと肩を並べる存在だと言うのは、いささかおこがましい。

なぜFCポルトはこれらの超名門クラブと成り得ないのか。その謎を解明するには、反対になぜこれらクラブが超名門と言われる実力を備えているのかという疑問を究明する方が手っ取り早い。

チームとは選手個々の能力の総和である。そこにコンビネーションやチーム戦術などの要素が絡み合うことで相乗効果が生まれる。しかし、4年間同じメンバーでサッカーをしている大学サッカー部と、年に数回しか集まらない日本代表チームが試合をすれば後者が圧倒的に勝利するのが常であるように、概ねチームの強さは選手個々の実力に比例する。

すなわち、超名門クラブの選手たちは世界トップレベルの実力を備えており、これらクラブはそのような選手たちの集まりなのである。名門クラブが、膨大な資金力や世界的なブランド力を武器に各国の名選手を青田買いし、チーム力を強化する傍らで、当然彼らに「搾取される」側のクラブが存在する。その代表例がFCポルトなのであり、所属する数名のスーパースターたちが毎年のように、名門クラブに引き抜かれる。これが、FCポルトが超名門クラブに成り得ない所以なのである。

全世界の大半のクラブが、限られた名門クラブへ人材を供給している。そして、近年の選手や監督の供給量において、FCポルトの右に出るクラブはない。FCポルトは世界で最も優れた人材供給地と言っても過言ではない。

近年の代表例として5名の人物を挙げよう。まずは、かつてJリーグでもプレーしたブラジル代表フォワードのフッキである。2008年に東京ヴェルディからFCポルトへ移籍したフッキは、その年、ポルトガルリーグの年間若手最優秀選手賞を受賞した。2010-11シーズンにはリーグの得点王とMVPをダブル受賞し、翌年にも2年連続となるリーグMVPを獲得。ポルトガルリーグの最優秀選手は、推定5000万ユーロ(当時、約50億円)という大金を残してロシアのゼニトへ移籍した。

フッキと同時期にFCポルトで活躍したのが、ラダメル・ファルカオとハメス・ロドリゲスのコロンビア代表コンビである。前者は2010-11シーズンにFCポルトが優勝したELで得点王に輝き、現在は「世界最高峰の9番」として引く手あまたの中、マンチェスター・ユナイテッドで活躍している。後者はFCポルトで芽を出し、現在最も注目を集める若手スーパースターのうちの一人である。510万ユーロでFCポルトにやってきた青年は、ブラジルワールドカップでの活躍が評価され、8000万ユーロ(当時、約110億円)という歴史的な移籍金で、レアル・マドリードの10番として迎え入れられた。

FCポルトは優秀な監督をも輩出している。現在世界最高の監督の一人と目され、ポルトガル人監督というブランドを確立したジョゼ・モウリーニョが、全世界にその名を知らしめたのが、FCポルトでの2003年のEL優勝、続く2004年のCL制覇である。また、上記の3選手を育て上げ、自身も名監督の仲間入りを果たしたアンドレ・ビラス・ボアス現ゼニト監督は、近年の世界各国で活躍する若手ポルトガル人監督の代表格である。 彼は、2010-11シーズンに、愛するクラブFCポルトで国内リーグを無敗優勝し、史上最年少でヨーロッパ大会を制すなど、記録ずくめの4冠という偉業を成し遂げた。

現在世界のサッカーシーンでは、FCポルトやベンフィカを始め、多くのポルトガルリーグ出身の選手・監督が活躍している。国際サッカー連盟(FIFA)が発表した2014年FIFA/FIFPro(国際プロフットボール選手協会)ワールドベストイレブンには、2年連続でバロンドールを獲得したクリスティアーノ・ロナウド(元スポルティング)を筆頭に、4人のポルトガルリーグ出身者が選出された。 このような状況はポルトガル国民にとって大きな誇りである。しかし一方で、ポルトガルサッカー界に深刻な問題を引き起こしているのもまた事実である。

 

<FCポルトの未来>

FCポルトを「人材供給地」と言えば聞こえは良い。しかし実情は、有望な選手や監督たちからすれば、名門クラブへ飛躍する前の「踏み台」であり、これら強豪クラブにとっては、優れた人材を輩出してくれる、都合のいい「生産請負工場」なのである。その結果、FCポルトには「ポルトガル人の空洞化」とも言える深刻な事態が生じてしまった。

「ポルトガル人の空洞化」を引き起こす最大の要因は、国外クラブから引き抜かれた有力なポルトガル人選手の後釜と成り得る、若手ポルトガル人選手が現れないことにある。そして、彼らの台頭を妨げ、空洞化を引き起こす最大の根源が、クラブの外国人化なのである。

国内リーグにおいて勝利を義務付けられたFCポルトは、ポルトガル人よりも身体能力に優れ、チームを勝利に導く可能性の高い外国人選手に頼るようになってしまった。実際に、今シーズンのFCポルトのメンバー構成を見てみると、登録メンバー28名のうちポルトガル人選手はたったの4名しかおらず、残りの24名は全て、スペインやブラジル、コロンビアなどといった国外出身の選手たちが名を連ねる。さらに、2014年10月19日に行われた「ポルトガルカップ」3回戦の対スポルティング戦では、FCポルトのスターティングメンバー11人の中に、ポルトガル人選手が一人も含まれないという「珍事」に見舞われてしまった。

今後も、現在のように外国人選手を採用し続けると、ポルトガル人若手選手がプレーする機会は減る一方である。それが代表の弱体化を引き起こすのは言うまでもなく、FCポルトが外国人選手を育て上げることで他国の強大化を助長することになってしまうのは、なんとも皮肉なものである。

この空洞化現象は、何もFCポルトに限ったものではない。ポルトガルサッカー界全体に共通するものである。2014年ブラジルワールドカップをグループリーグ敗退で終え、エースであるクリスティアーノ・ロナウドという一人のタレントに頼り切っているポルトガルが今後もヨーロッパでのプレゼンスを維持するために、国産若手選手の育成は避けては通れない道なのである。簡単なことではないだろう。しかし、彼らが母国リーグで活躍し、リーグがより競争力の高い魅力的なものになれば、多くのポルトガル人選手が名門クラブの誘いを断り残留を決断するようになるかもしれない。外国人選手の売却で得た資金をポルトガル人選手の年棒に充てれば、彼らを引き留めることができるかもしれない。

かつて世界のスーパースターのためのリーグであったイタリアセリエAの凋落を、20年前の誰が予想しただろうか。サッカーではすべてが起こり得る。そのためには、FCポルトを始めとする各クラブが、外国人選手に頼らずに若手ポルトガル人を登用する、勇気ある英断が求められる。

 

<現在ヨーロッパで活躍する40歳前後のポルトガル人監督>

マルコ・シウヴァ(オリンピアコス、ギリシア)

レオナルド・ジャルディン(モナコ、フランス)

ヌーノ・エスピリト・サント(バレンシア、スペイン)

パウロ・ソウザ(フィオレンティーナ、イタリア)

ヴィトール・ペレイラ(フェネルバフチェ、トルコ)など

【過去コラム再掲】ポルトガル人監督流ローテーション術

2013-14シーズン中に執筆した記事です。「今シーズン」の記載にお気を付けください。

———-

シーズンが終盤へ進むにつれて、多くのチームで目撃されるようになる「ローテーション」。

皮肉にも、カップ戦を勝ち上がるような上位チームほど、比例して選手たちの体内には疲労が溜まり、この「ローテーション」、つまり、レギュラーメンバーを温存して試合に臨むことを強いられるようになります。

そしてこれこそが、上位チームが下位チームに負けるシーズン終盤の風物詩である「ジャイアント・キリング」という逆転現象を生み出す原因のひとつとなっているのです。

アスリートの疲労を完全に取り除くには、4日間の休養が必要であると言われています。(※大学でスポーツ学を学ぶポルトガル人の友人談)

すなわち、週に2試合をこなすような強豪チームの選手たちにとっては、シーズン中に100%フレッシュな状態を維持することは、ほぼ不可能に近く、どこかのタイミングで休養を取らなくては怪我をする恐れがあるということです。

では、多くの監督たちは、どのようにしてこのローテーションを用いて選手たちの疲労を和らげているのでしょうか。今回はポルトガル人監督のローテーション術をザッとまとめてみました。

 

まず、お話を進める前振りとして。僕はローテーションには、いわば博打的な要素が含まれていると考えています。正真正銘の博打という意味ではありません。この考えを頭の片隅っこに置いて読み進めていただきたく思います。

例えば、ミッドウィークに重要なカップ戦が待ち構える週のリーグ戦でローテーションを採用するとします。

すでにリーグにおける優勝チームやCL出場権獲得チームが確定していた場合、この週末のリーグ戦を、(言葉が悪いですが)「消化試合」と見なして、ローテーションをする場合には何も問題ありません。勝てればなおよいですが、負けてもチームの順位には影響がないからです。

実際に、今年のポルトガルリーグ最終節、ポルト対ベンフィカ戦において、すでにリーグ優勝を決め、この試合の数日後にELの決勝を控えていたベンフィカは、ローテーションを採用してポルトのホームスタジアムに乗り込みます。そして、Bチームの選手を中心としたほぼ2軍のメンバーで戦い抜きました。

結果はポルトの2-1の勝利でしたが、リーグ優勝を決めたベンフィカからすれば、この試合の勝敗よりも数日後のEL決勝のために選手を温存することの方がずっと重要でした。

 

このベンフィカのジョルジ・ジェズス監督は、ローテーションを頻繁に採用する監督です。

例えば、今年の4月末にEL準決勝ユベントス戦を2週間連続で控えていた週の合間のリーグカップ準決勝ポルト戦。ホーム&アウェーのない一発勝負の試合において、ベンフィカは主にカップ戦要因と化したカルドソと、チーム得点王のリマの2人をツートップに据えました。試合の半ばにベンフィカMFが1人退場となり、ツートップのどちらかを交代することを強いられたとき、ジョルジ・ジェズス監督はカルドソではなくチーム得点王であるリマを交代させたのです。

そのときのことを、後の記者会見でこう語ります。

「交代させるべきはリマではなくカルドソだった。しかし、リマは木曜日に向けてフレッシュな状態でなくてはならなかった。カルドソを残すというリスクを負ったが、もっと先を、木曜日のELを頭に入れていた」

結果は、90分で決着がつかず、PK戦の末ベンフィカが決勝進出。次のEL 2legユベントス戦もリードを守り切って決勝に駒を進めたように、このローテーションはまさに理想的な結果となりました。

ジョルジ・ジェズス監督は、このように、チームの数人を入れ替えたり、試合途中に次の試合を見据えて重要な選手を交代させるというような策を頻繁に導入します。リーグ最終節で実施した総入れ替えローテーションなどの大きなリスクは滅多に負いません。なるべく少ないリスクでローテーションを頻繁に行い、重要なカップ戦をフルメンバーで戦うことを好みます。ごくたまに、例えば消化試合のようなリスクのない状況に限り、大胆なローテーションを採用することもあるのです。

 

このジョルジ・ジェズス監督以上にローテーションの「信仰者」とされるのが、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督です。

彼は優勝がかかった大事な試合でさえ、メンバーを総入れ替えするような大胆なローテーションを採用することがあります。

奇しくもジョルジ・ジェズス監督の前例と同じ週、チェルシーはCLアトレティコ戦に挟まれた週末に、リバプールとのリーグ優勝のかかった大一番を控えていました。しかしモウリーニョ監督はすでに自力優勝の可能性が消滅していたリーグよりもCL制覇を優先し、試合前からメンバーの入れ替えを明言します。

実際に、普段のスタメンを大幅に変更した、いわゆる「2軍」を送り込み、超守備的戦術を採用して2-0で勝利しました。

とはいってもこの「2軍」は、主に各国代表選手で形成され、プレミアリーグでもスター選手の部類に入る選手ばかりでした。確かにリーグ1位のリバプールに勝利した手腕はお見事ですが、このローテーションを採用しての勝利は、チェルシーのような、トップ選手たちで2チームを組めるほどの選手層がなくては実現しなかったことでしょう。

ここに僕がローテーションを博打的な要素が含まれると考える理由があります。消化試合ならローテーションを採用してもリスクはないですが、このリバプール戦のような重要な試合で採用するのは大きなリスクを伴います。もちろん負ければ「メンバーを落としたから負けた」「対戦相手に敬意を欠いている」などと四方八方から叩かれいたでしょう。もちろん監督が綿密な計算をして、勝てると踏んだ選手を送り込んでいることだろうとは思いますが、「ある意味で(ここ重要)」ローテーションは「賭け」的な要素が含まれるのではないでしょうか。

 

ポルトガル人監督の中にはローテーションを嫌う監督もいます。過去にポルトやチェルシー、トッテナムを率い、現在はゼニトの監督を務めるアンドレ・ビラス・ボアス監督です。

彼は、自身でもローテーションに対しては否定的な発言をしており、ポルト監督時代には、週末にリーグ・ベンフィカ戦を控える週のELベジュクタシュ戦の前日会見でこのように述べました。

「次のベンフィカ戦のために私がベジュクタシュ戦で選手の温存をするかって?少しも考えてないね。理由は簡単だ。私は決して選手の温存はしないからだ」

なぜビラス・ボアス監督はここまでかたくなにローテーションを拒否するのでしょうか。その理由も彼の発言から汲み取ることができます。

「気の緩みや温存はあってはならない。選手たちは、そのような『全てが解決された』というような考え方は危険なものだということをよく知っている。(次の試合では)気の緩みによるリスクは存在しないだろうと確信している」

ビラス・ボアス監督がローテーションを採用しない理由は簡単です。

サッカーは何が起こるか最後まで分からない。温存やローテーションというのは選手たちに気の緩みを与え、それが勝てる試合すらも負け試合にしてしまう。ということでしょう。

 

ではビラス・ボアス監督は、ポルトという週に2試合をこなすようなビッグクラブにおいて、どのようにしてローテーションを用いずに選手たちの疲労を取り除いたのでしょうか。答えは彼の選手交代の方法にありました。

ポルトガル人記者のLuís Freitas Lobo氏はビラス・ボアス監督のポルト時代の采配をこのように分析しています。

「チームをいじるとき、ビラス・ボアスは基本的に中盤をいじる。選手交代のタイミングは60〜75分の間だ。そして、普段の4-3-3というフォーメーションからウイングを一枚削り、4枚の中盤を据えた4-4-2(中盤ひし形or1-3)を形成するのである。こうすることで、4-3-3がチームまたは選手個人にもたらしやすい消耗や戦術的疲労を避ける。そして、この選手交代の時間も大切だ。チームは試合中に次の試合に向けた回復を始めるのである。まだ前の試合の途中だというのに。4-4-2は明らかに、ボール保持によって選手たちの休息をもたらすのである」

ビラス・ボアス監督の方法は、一般的なローテーション、つまり、大事な選手を温存するために交代をさせることとは違います。チーム全体の疲労感を取り除くためのシステム変更に伴い、疲労の溜まっている選手を交代するのです。

 

このように、ローテーションに対しては、ポルトガル人監督の間でも賛否両論があります。しかし一貫しているのは、どの監督も、疲労を取り除くために次の試合を見据えた選手交代を行っているということです。試合中に、「なぜあの選手が交代するんだ!?」という疑問を持つことはよくあると思いますが、このような試合の前後関係や、連続する試合の重要度、監督のローテーションへの考え方などを頭に入れながら選手交代の理由を考えると、より面白い目でサッカー観戦ができるのではないでしょうか。

【過去コラム再掲】ポルトガルリーグ13-14シーズン ベストイレブンとMVPを考えよう

2013-14シーズンのベストイレブン、MVP発表前に執筆した記事です。実際に選出されたものと比べながらお楽しみください。

———-

ポルトガルリーグ2013-14シーズンも残すところあと1節。今年は3連覇中のポルトがまさかのリーグ3位。ベンフィカの4年ぶりの優勝と、昨季7位スポルティングのリーグ2位への復活が印象的でした。もしシーズン前にこの結果を予想できた人がいれば、今すぐtotoを買いに行くことをオススメします。

今回は、シーズン終了前に発表するプレミアリーグにあやかり、「3強体制の復権」が目撃された今季のポルトガルリーグベストイレブン&MVPを大予想したいと思います。「予想」とは言っても評価点やらなんやらのデータは一切参考にしていませんし、本気で当てにいこうとは考えていません。あくまでも、筆者が3強の試合を中心に、シーズンを通して実際に見てきた試合の印象から選出する、主観でいっぱいのベストイレブン&MVPとなっていますが、お付き合いください。なお、王者ベンフィカの選手が気持ち少なめなのは、ポルトの試合と被ることが多く、あまり見られなかったためですので、悪しからず。。

 

《ベストイレブン》

【GK】

オブラク (ベンフィカ)

選考理由:理由を語るよりも、もう一人のGK、アルトゥール先生との比較データを見る方が、火を見るよりも明らか。(ボーラ紙4月20日号 データはベンフィカの優勝決定時)

先生→14試合12失点

オブラク→16試合3失点

ベンフィカがリーグ序盤につまずいたのは、間違いなく先生の責任であり、ポルトとのルスでのクラシコ以来グーンと調子を上げていったのは、オブラクの安定感のおかげでもあります。なお、スポルティングのルイ・パトリシオはポカの度が過ぎるので選外。

 

【DF】 3名

・ルイゾン (ベンフィカ)

選考理由:チャンピオンチームのキャプテンがベストイレブンに選出されないなんて可哀想!

・マルコスホーホ (スポルティング)

選出理由:個人的にポルトガルリーグNo.1センターバック。世界的希少種である左利きなのも◎

・マンガラ (ポルト)

選考理由:何試合も生で見てたらそりゃ情も移るよ。(※「ガライの方がいいだろ!」という意見のみ聞き入れます)

 

【MF】4名

・マルコビッチ (ベンフィカ)

選出理由:メッシを彷彿とさせるドリブルと、某お笑い芸人狩野○考さんを彷彿とさせるお顔は日本人にも馴染みが深い。

ウィリアン・カルバーリョ (スポルティング)

選出理由:「ザ・ポルトガルリーグのアンカー」といった感じ。すでにポルトガルリーグのレベルは超越したか。

・フェルナンド (ポルト)

選出理由:崩壊したポルトの救世主。「タコ」というあだ名のセンスの良さも選考に大きく影響。

アドリエン・シウバ (スポルティング)

選出理由:パス・ドリブル・シュート・イケメンの四拍子揃った、文句の付け所がないアタッカー。個人的にポルトガルリーグで1番好きな選手。

 

【FW】3名

・リマ (ベンフィカ)

選出理由:大事な試合での決定力が抜群。優勝を決めたオリャレンセ戦での2得点や、ELユベントス戦1legでの中距離弾丸決勝点などは記憶に新しい。

・ロドリゴ (ベンフィカ)

選出理由:同郷のリマと共に破壊力抜群のツートップを形成。ニコイチでベストイレブンにも選出。

・ジャクソン・マルティネス (ポルト)

選出理由:得点王。同クラブでは、数人のMFよりもパスセンスがあるという逆転現象すら起きた。

 

【惜しくも選外となった選手たち】

ベンフィカ

・エンゾペレス(MF)

選外理由:影の功労者タイプなので、筆者の中でその真価を確定するまでには、観戦数が及ばず。

・シケイラ(DF)

選外理由:ベストイレブンに相応しいパフォーマンスを見せた左サイドバック。しかし、筆者が4バックで考えたときに右サイドバックの人員に困ったというだけの理由で3バックへ変更したために、なんとも不幸な犠牲に。

 

スポルティング

・スレイマニ(FW)

選外理由:シーズン中盤にスタメンを奪取し、得点力不足に喘いでいたチームを上昇気流に乗せるも、リーグ得点王の壁は超えられず。

 

ポルト

・エウトン(GK)

選外理由:シーズンの4分の1を棒に振ったケガさえなければ…

・ダニーロ(DF)

選外理由:人材の少ない右サイドバックの第一候補だったが、ベストイレブンに値するほどのパフォーマンスは見せられず。彼の選外が筆者に3バックへの変更を強い、ひいてはシケイラの選外にも繋がった。

・クアレスマ(FW)

選外理由:おいたがすぎる

 

《MVP》

ウィリアン・カルバーリョ (スポルティング)

MVPにはスポルティングに所属するポルトガル代表のホープを選出。高身長、リーチの長さ、パスセンス、ボール奪取力、ポジショニングセンスなどなど、ポルトガルリーグではすでに反則レベル。おそらく正式に発表されるMVPも彼なんじゃないかと思います。ここは当てにいきます。

 

おまけ《最優秀監督》

レオナルド・ジャルディン (スポルティング)

スポルティングの近年の不調から3強体制の終焉かと囁かれ、昨季の7位という成績は決定的であった。しかし、多くの人の期待をいい意味で裏切る手腕にはお見事の一言。クラブの会長がベンチに座るという、監督としては避けたい最悪な環境に毎試合置かれ、アラフォー とは思えないほど老け込んだお顔をしているのもそのストレスのためであろう。そんな、クラブ内外からのプレッシャーが厳しい環境に置かれても、120%の実力を出せるのは本物の名監督たる所以。ちなみに彼のインタビューはポルトガル語の勉強にももってこいです。

melhoronze2013-14

いかがでしたか。

ポルトガルサッカーファンの方からすれば、なんであの選手が入ってないんだとか、バランスが悪過ぎんだろとかいろいろ言いたいことがあるかと思いますが、それは心の中にとどめておいてもらえれば幸いです。逆にバランスのとれたベストイレブンがこの世に存在していたら、ぜひ教えてください。それから皆さんのベストイレブンも教えていただけると、このようなドリームチームものが大好物な筆者は大変喜びます。

この中から少しでも多くの選手が、正式なベストイレブンに選出されて、筆者の好みが間違っていなかったと証明されれば喜ばしい限りです。

次回は3強以外のチームからも選出できるようにポルトガルリーグの観戦を続けていきたいと思う所存です。

【過去コラム再掲】2014-15ポルトガルリーグ激動の監督大移動

2014-15シーズン開幕前に執筆した記事です。ポルトガルリーグの監督を大まかに把握するのにお使いください。

———-

ベンフィカの国内3冠と共に幕を下ろしたポルトガルリーグ2013-14シーズン。次なる14-15シーズンの開幕に向け、早くもそれぞれのクラブがチームの改革に着手し、まず手始めに監督の確定に奔走している。

このオフシーズンに多くのチームが監督交代に踏み切った。そこで今回は、昨シーズンから引き続き1部リーグで戦う15チームの監督交代事情、そして来シーズンの注目監督についてまとめてみた。

 

【ベンフィカ 昨季1位】

ジョルジ・ジェズス(続投)

昨シーズン、国内3冠とEL準優勝という前人未到の記録を打ちたて、名実ともに名監督の仲間入りを果たした知将。先日、バレンシアやミランなど強豪クラブからの監督要請を断り、残り1年の契約を全うすることを発表。全てを勝ち取ったあとの続投という、困難極める道を選んだ名将の来季に多くの注目が集まる。

【スポルティング 昨季2位】

レオナルド・ジャルディン(来季:モナコ)

→マルコ・シルバ(前:エストリル)

就任1年目にして、前シーズン7位に沈んだスポルティングを2位へと復活させたジャルディン監督が、1年で早くも退団。後を継ぐのはポルトガルリーグで最も注目を集める若手監督マルコシルバ。

2011年にエストリルで現役引退すると、そのままクラブの監督へ就任。1年目で2部優勝を果たし、勢いそのまま2年目で1部5位、3年目の昨季は1部4位と、弱小クラブのエストリルをたった3年間で強豪チームへと押し上げた。来季は念願のビッククラブ指揮となるが、彼の監督人生を左右する1年となるのは間違いない。弱小パソスを3位に押し上げてポルトの監督に就任するも、途中解任されたパウロ・フォンセッカコースを辿るのか、はたまた、アカデミカを降格から救いポルトの監督1年目で全てを勝ち取り世界に羽ばたいたビラス・ボアスコースを辿るのか。その分岐点となるのが1年目の来季である。

【ポルト 昨季3位】

ルイス・カストロ(来季:ポルトB)

→フレン・ロペテギ(前:スペインU-21代表)

リーグ4連覇を目指しチームの舵取りを任せたのは、前シーズンに弱小のパソスを3位に導いた青年監督パウロ・フォンセッカ。しかし、チームは不振を極めて監督を途中解任。内部昇格で暫定指揮を採ったルイス・カストロ元Bチーム監督も状況を好転できずに屈辱のリーグ3位に終わる。再起をかけて敏腕会長が選んだのは、スペインU-19とU-21代表で世界一に輝いたロペテギ監督。早くも監督の意向で若手スペイン人選手の獲得に動くなど、来シーズンはチームのスペイン化が予想される。クラブが多く抱えるメキシコ人やコロンビア人も重宝されることであろう。

【エストリル 昨季4位】

マルコ・シルバ(来季:スポルティング)

→ジョゼ・コウセイロ(前:ビトーリア・セツバル)

3年をかけてチームを劇的に進化させたマルコシルバ監督がスポルティングにヘッドハンティングされる。代わって指揮を採るのが、昨シーズンにセツバルを7位という、可もなく不可もない順位に導いたコウセイロ監督。2005年と2011年には、それぞれポルトとスポルティングを率いた経験があるものの、どちらも途中就任。その他の経歴を見る限りも、マルコシルバが築き上げたエストリル帝国を再び泥沼に陥れそうな危険な臭いのプンプンする監督である。

【ナシオナル 昨季5位】

マヌエル・マシャード(続投)

昨季5位の大躍進が認められ、来季末まで契約を延長。ELとリーグの両立を果たしたいところ。

【マリティモ 昨季6位】

ペドロ・マルティンス(来季:リオアベ)

→レオネル・ポンテス(現:ポルトガル代表アシスタントコーチ)

6位という好成績に満足せずに、新たに招聘したのが、現代表アシスタントコーチのポンテス氏。2005-09シーズンのスポルティング時代および、2010-14シーズンの代表チームにて、現代表監督パウロ・ベントのアシスタントコーチを務める、まさに右腕的存在。2009年のパウロ・ベント途中解任時に暫定監督を務めて以来のクラブチーム指揮が軌道に乗るか。

【ビトーリア・セツバル 昨季7位】

ジョゼ・コウセイロ(来季:エストリル)

ドミンゴス・パシエンシア

コウセイロをエストリルに放出したセツバルが来季を託すのは、ポルトの選手であったパシエンシア。ビラス・ボアス少年が、ボビーロブソン氏に彼の出場機会のなさを訴える手紙を送ったのは有名な逸話。2009-10シーズンはブラガを2位の好成績に導き、翌年10-11シーズンにはEL準優勝を果たすも、リーグ4位がまさかの成績不振とみなされて解任。このELの決勝では、大人に成長したビラス・ボアス監督率いるポルトと対戦するという運命的なシーズンを送った。2011-12シーズンにはスポルティングの監督に就任するも、再び4位に終わり1年で解任。ブラガでもスポルティングでも解任されたのは事実だが、決して悪い成績ではなかった。セツバルが来季の台風の目となることをここに予想する。

【アカデミカ 昨季8位】

セルジオ・コンセイサオン(来季:ブラガ)

→パウロ・セルジオ(前:アポエル)

【ブラガ 昨季9位】

ジョルジ・パイシャオン

→セルジオ・コンセイサオン(前:アカデミカ)

近年3強の牙城を崩し大注目を集めてきた新興クラブだが、今季は監督の途中交代もあり、まさかの9位という大不振に終わる。再起をかけて、同様の順位に終わったアカデミカからコンセイサオンを引き抜く。この選択が吉と出るか凶と出るか。勢いを取り戻し、欧州の舞台に返り咲きたいところである。

【ビトーリア・ギマラインス 昨季10位】

ルイ・ビトーリア(恐らく続投)

【リオアベ 昨季11位】

ヌーノ・エスピリト・サント(来季:バレンシア)

→ペドロ・マルティンス(前:マリティモ)

昨年シーズンは、リーグカップとポルトガルカップ、2つの国内カップで決勝に進出し、リーグ11位ながらも来季のEL出場権を獲得。その立役者であるエスピリト・サント監督が、さらなる野望を求めて退団。バレンシアの新監督に就任した(2014年7月3日)。後を継ぐのが昨シーズンマリティモを6位の好成績に導いたマルティンス監督。躍進のベースは整ったが、ELと国内リーグの両立が鍵となる。

【アロウカ 昨季12位】

ペドロ・エマヌエル(続投)

モウリーニョ監督時代に選手として、またビラスボアス監督時代にはアシスタントコーチとして、ポルトの黄金期を支えた青年監督。1年の契約延長を果たし、2人のレジェンドの後を追い、躍進を目指す。

【ジル・ビセンテ 昨季13位】

ジョアン・デ・デウス(恐らく続投)

【ベレネンセス 昨季14位】

リト・ビデガル(続投)

昨季途中に監督就任し、チームを降格から救ったビデガル監督が2015年まで契約を延長。

【パソス・デ・フェレイラ 昨季15位】

ジョルジ・コスタ(来季:ガボン代表)

→パウロ・フォンセッカ(前:ポルト)

前シーズン3位の大躍進を遂げるも、その立役者であるフォンセッカ監督と最優秀若手賞を受賞したジョズエを揃ってポルトに引き抜かれた影響もあり、CLとリーグにおいて共倒れ。プレーオフでなんとか1部残留を果たした。来季はポルトを解任されたフォンセッカ監督がチームに復帰。監督自身の名声を取り戻すためにも、昨年の再現を実現させたいところ。

 

以上、全15チームの監督大移動をまとめました。過半数以上の8チームが監督の交代に踏み切り、そのほとんどが上位チームとなった今年の監督交代。さらにその中でも、4名が1部チーム間の玉突き移籍であり、選手よりも監督の同行に注目している筆者にとっては、非常に興味深いリーグである。

来季の注目監督は

1.スポルティングのマルコシルバ監督が、世界の名将の仲間入りを果たすのか、それとも失墜するのか。個人的な注目ポイント第1位。

2.ロペテギ監督が、ポルトをスペイン化・復興させることができるのか。

3.エストリルのコウセイロ監督が、マルコシルバの遺産をボロボロにするのか。個人的な注目ポイント第3位。

4.セツバルのパシエンシア監督の躍進はあるのか。個人的な注目ポイント第2位。

5.コンセイサオン監督を招聘したブラガが復興を果たすのか。

 

この5点が、新監督たちに期待する個人的な注目ポイントである。

激動の監督大事変を終え、彼らが2014-15シーズンをどのように彩るのか、引き続き注目したい。

【過去コラム再掲】2013-14シーズン、ポルトガルリーグ3強の移籍市場を賑わす3選手

2013-14シーズンの終盤に執筆した記事です。この中から実際に多くの選手が移籍を決めました。いま世界で活躍する彼らが、当時どのようなクラブに狙われていたのか、楽しみながらご確認ください。

———-

ポルトガルリーグも残るは4節。シーズン終盤に差し掛かり、移籍市場も慌ただしくなってきました。特に、欧州各リーグ強豪クラブへの売り手市場であるポルトガルリーグでは、今まさに移籍の噂が蔓延しています。

そこで、今回は「ポルトガルリーグ3強の移籍市場を賑わす3選手」と題し、来季へのステップアップが有力な選手を、ベンフィカ・スポルティング・ポルトから各3名ずつピックアップしました。近年はフッキやファルカオなどの怪物選手をフットボール界に送り込んでいるポルトガルリーグですので、この中に、すでに将来のモンスター候補がいるかもしれません。W杯後の値上がりを嫌って、各クラブがW杯前に確保するかもしれませんし、逆にW杯で活躍してさらに評価を高める選手もいるでしょう。

今シーズンもあとわずか。ポルトガルリーグからこんな選手が自分の贔屓のチームに来るのかもしれないのか!と知ってもらい、残りの各国リーグ戦やW杯での楽しみが増えればと思います。(データは全て、zerozero.ptとA BOLAより引用)

 

【ベンフィカ】

1.マルコビッチ

セルビア代表 20歳 175cm/65kg 右利き ウイング

今シーズンよりパルチザンから移籍した若きアタッカー。ポルトガルリーグ1年目にしてリーグMVP級の働きを見せ、一気に評価を高める。スピードに乗ったドリブル、ゴール前で魅せるテクニックやクリエイティブなプレーが魅力的。圧倒的な若さが魅力的な将来のビッグスター候補。

<獲得を狙うクラブ>

チェルシー リバプール マンU

特に、チェルシーのモウリーニョ監督が熱視線。またリバプールも獲得に向けて2500万ユーロを用意しているとの噂。

→編集後記:リバプールへ移籍

 

2.シケイラ

ブラジル人 27歳 183cm/76kg 左利き 左サイドバック

今シーズンからスペインのグラナダよりレンタルで移籍。サイドバックとしては大きいサイズが魅力的。豊富な運動量、そして、ダイナミックな攻め上がりと高精度クロスが持ち味。

<獲得を狙うクラブ>

レアル リバプール アーセナル ミラン インテル ユベントス

特にレアルがコエントランの後釜として大注目。またリバプールのスカウトも度々視察に足を運ぶ。

→編集後記:アトレティコへ移籍

 

3.ロドリゴ

ブラジル人 23歳 182cm/74kg 左利き フォワード

昨シーズンに特にELで名をあげた同クラブのカルドーソの負傷離脱もあり、同郷のリマとともに破壊力抜群の2トップを形成。ベンフィカの躍進に貢献した。今シーズンはすでにリーグ2ケタ得点を記録している。スピードに乗ったスペースへの飛び出し、体幹の強さ、そして高精度の左足が魅力的。ベンフィカが2000万ユーロの違約金を設定。

<獲得を狙うクラブ>

リバプール チェルシー トッテナム マンU ローマ

特にリバプールが大注目。前述した同クラブのマルコビッチやシケイラ、CBガライやFWリマの視察も兼ねて、たびたびスカウトが試合に訪れる。

→編集後記:バレンシアへ移籍

 

【スポルティング】

1.ウィリアンカルバーリョ

ポルトガル代表 22歳 187cm/87kg 右利き アンカー

今年のリーグMVPのNo.1候補でありポルトガル代表を背負って立つであろう期待のホープ。22歳とは思えない中盤での落ち着き、機を見た前線への飛び出しが持ち味で、中盤の底のポジションながら、今シーズンはリーグですでに4ゴールをマーク。守備では持ち前の長身から繰り出すリーチの長い足でボールを絡め取る。W杯での活躍が注目される若手の1人でもあり、先月は月間MVPにも選出。スポルティングが4500万ユーロの違約金を設定。

<獲得を狙うクラブ>

マンU チェルシー リバプール トッテナム マンC

特にマンUのモイーズ監督が熱視線。すでに手中に収めたとの噂も。しかし、競争相手がイングランドの錚々たるクラブなので、CLに出られないマンUにとっては厳しい争奪戦が予想される。

 

2.カルロス・マネー

ポルトガル人 20歳 172cm/66kg 右利き ウイング

スポルティングの下部組織出身で、経歴もスポルティング一筋。今シーズンからトップチームに昇格。シーズン折り返し辺りから出場機会を増やし、現在はスタメンとしてプレー。同アカデミーのスターであるCロナ2世との呼び声が高い。スポルティングが4500万ユーロの違約金を設定。

<獲得を狙うクラブ>

マンU チェルシー マンC ユベントス

特にウイングの獲得を望むユベントスのコンテ監督が熱視線。しかし、将来性を見込まれて設定されたであろう4500万ユーロという違約金に見合った活躍は見せていないかも。。。

 

3.マルコス・ロージョ

(スペイン語読みだとホーホ)

アルゼンチン代表 24歳 187cm/80kg 左利き センターバック

2012年よりスパルタク・モスクワから移籍。対人の強さ、背負われた相手からのボール奪取が魅力的。今シーズンのホームでのポルトとのクラシコでは、敵エースのジャクソン・マルティネスを完封。個人的にはポルトガルリーグNo.1センターバック。世界的に希少種である左利きのセンターバックという点も◎

<獲得を狙うクラブ>

リバプール マンU マラガ ドルトムント

今回紹介する9人の中では1番噂の少ない選手。もしかすると、W杯後に評価を上げて争奪戦になる可能性も。そのくらいのポテンシャルを感じる。個人的にですが。。

→編集後記:マンチェスター・ユナイテッドへ移籍

 

【ポルト】

1.ジャクソン・マルティネス

コロンビア代表 27歳 184cm/76kg 右利き フォワード

昨シーズン、移籍初年度ながら、同郷のファルカオの穴を完全に埋める大ブレイク。そこで噂された移籍はせずに、今シーズンもポルトのエースとして、現在までリーグトップの18ゴールを記録。ポルトガルリーグNo.1の人気銘柄であり、今シーズン終了後の移籍は確実か。

<獲得を狙うクラブ>

チェルシー アーセナル マンU レアル アトレティコ ユベントス ナポリ ローマ ドルトムント モナコ ….などほとんどの強豪チームの補強リストに載る。

昨シーズンはナポリへの噂が間近となったが、破断。今シーズンはより大きなクラブに移籍するだろう。特にチェルシーとアーセナルが大注目。またアトレティコはディエゴ・コスタ、モナコはファルカオ、ドルトムントはレバンドフスキの後釜として獲得を狙うとのこと。

 

2.マンガラ

フランス代表 23歳 187cm/74kg 左利き センターバック

日本代表川島選手所属のスタンダール・リエージュ出身。的確なポジショニング、圧倒的な俊足、対人の強さ、パス精度などが武器で、打点の高いベッドでは得点にも貢献。ロージョ同様、世界的に希少種である左利きのセンターバックであり、23歳という若さも魅力的。ポルトが5000万ユーロという法外な違約金を設定。

<獲得を狙うクラブ>

マンU チェルシー マンC

チェルシーのモウリーニョ監督が獲得を熱望していたものの、値段が高すぎて白旗。すでにマンC行きが内定との噂も。コンパニーの相方に悩むマンCにとっては喉から手が出るほど欲しい逸材であり、本気で獲得に動くはずである。

→編集後記:マンチェスター・シティへ移籍

 

3.フェルナンド

ブラジル人 26歳 185cm/70kg 右利き アンカー

ポルトガルの中盤を支える替えの効かない選手。圧倒的なボール奪取能力とタイミングのよいサイドチェンジが武器。今夏に契約が切れる予定だったため、昨冬に移籍が確実かとも言われたが、まさかの残留、そして契約を延長。今夏にタダで獲得できたかもしれない他クラブからすれば、願っていない契約延長であろう。また現在、クラブが協会に彼のポルトガル国籍を申請中との噂もあり、もしかしたら、W杯ではポルトガル代表としてプレーしている可能性も。

<獲得を狙うクラブ>

マンC ナポリ ミラン

特にマンCが大注目。昨冬に、前述のマンガラとセットでの移籍が決まりかけたが、破断。マンCは引き続き獲得を本気で狙っており、2人の獲得に5000万を用意しているとのこと。

→編集後記:マンチェスター・シティへ移籍

 

以上、計9名の選手を紹介しました。どの選手もポルトガルリーグのスター選手であり、ステップアップ先でも活躍できることと思います。噂されるクラブを見ても、イングランドのチームがポルトガルリーグに大注目していることがよくわかりますね。しかもイングランドのトップばかりです。

ポルトガルのチームは、選手に法外な違約金を設定し、移籍金を吊り上げようとしていますが、実際にこの違約金で移籍が決まることはありません。例えばスポルティングは今シーズンチームトップの得点数を誇るモンテーロに6000万ユーロという違約金を設定していますが、彼のパフォーマンスだと1500万でも高いくらいではないかと感じます。昨冬に去年のリーグ年間MVPで、プスカシュ賞の候補にも選ばれたベンフィカのマティッチは、昨冬にチェルシーへ移籍しましたが、移籍金は2500万ユーロ。他の選手もだいたいこのくらいの値段で収まるんじゃないかと予想します。

リーグも佳境を迎え、優勝チームが実質ベンフィカに決まっているポルトガルリーグでは、リーグの結果よりも移籍の噂が楽しみな話題となりそうです。