FutePor のすべての投稿

【FutePor Scout File Number 4】ジョアン・マリオ(スポルティング)

「ポルトガルのスーパー・マリオ」

ジョアン・マリオが活躍した試合の翌日にポルトガルメディアを賑わす表現だ。マリオ・ゴメスでもなく、マリオ・ゲッツェでもなく、マリオ・バロテッリでもなく、ジョアン・マリオ。ポルトガルサッカーファンにとって、「マリオ」と言えばこのジョアン・マリオなのだ。

1993年1月にポルトで生誕したアンゴラルーツのポルトガル人。9歳のときには地元ポルトのジュニアチームに所属したが、翌年からはスポルティング一筋。まさに世界的に名高い「スポルティング・アカデミー」の傑作である。ゴール前には必ず顔を出してチャンスを伺い、ミドルシュートやクロスに合わせたヘディングなどあらゆるパターンでゴールを決める攻撃的MFだ。

スポルティングのAチームとBチームを行き来していたジョアン・マリオにとって、キャリアの転換期となったのが、地元ポルトを離れて以来初めてスポルティングを飛び出した、2013-14シーズンのビトーリア・セトゥバルへのレンタル移籍だ。1部リーグで16試合を戦ったことでゲーム経験を積み、自信を深めた。

そしてスポルティングへ復帰した翌2014-15シーズン、ジョアン・マリオは大ブレイク。当初は、クラブからの期待を一身に集めていたアンドレ・マルティンスの控え選手としか見なされていなかった。しかし、現オリンピアコス監督マルコ・シウバは、ピッチを豊富な運動量で縦横無尽に駆け巡る若手MFの才能を見逃さなかった。

アンドレ・マルティンスが不調に陥ると、マルコ・シウバ監督は迷いなくジョアン・マリオを抜擢。そこから「ポルトガル版スーパーマリオブラザーズ」とでも言えよう、シンデレラストーリーが始まった。結局、本シーズンは45試合に出場して7ゴールと、MFにとっては十分すぎる成績を残した。チームでの大活躍が認められ、ブラジルW杯惨敗後に新監督フェルナンド・サントスが就任したポルトガルフル代表にも初招集された。すでにA代表に定着しつつあり、U-21ポルトガル代表では当然ながら中心選手としてプレーし、欧州選手権では母国の準優勝に大いに貢献した。

2015-16シーズンから新監督に就任したジョルジ・ジェズスからも厚い信頼を得ているジョアン・マリオ。開幕直前には、2020年までの新契約を結び、6000万ユーロの高額移籍金が設けられた。クラブは売却不可の姿勢を貫き、スペインの強豪アトレティコ・マドリードからの1500万ユーロの高額オファーを拒絶したとの報道も流れた。

開幕戦では、負傷したチームの主軸でポルトガルフル代表・アンダー代表でも共演するウィリアン・カルバーリョの代わりとして、本来のポジションではない中盤の底の位置を任された。不慣れなポジションながら持ち前の万能性を発揮し、攻守にわたって貢献。チームの先制点をマークしたのだった。

現在22歳ながら、スポルティングでは欠かせない存在になり、将来はフル代表の中心選手として期待されている。代表の先人であるデコやジョアン・モウティーニョらに続き、ポルトガルが世界に誇る万能型攻撃的MFとして大成する日も近いのかもしれない。

モウリーニョが、チェルシー復帰は危険な賭けだったと告白。その3つの理由とは?

『A BOLA』

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、2004年から2007年にかけて所属したクラブへ2013年に復帰したのは「危険な選択」だったことを告白した。

「いくつかの理由から、危険な選択だったと言える。第一に、世間が私を好いてくれ、チェルシーファンは、私をクラブの歴史上でも重要な存在だと見なしてくれていた。どうしてこの立場を危険に晒すことができようか?その観点から難しい状況だったと言える」

「そして、あの頃の『最高のチェルシー』がもう存在していなかったからだ。エッシェンもマケレレもランパードもコールもドログバも、もういなかったんだ」(原文ママ)

「第三の理由は、プレミアリーグの進歩だ。優勝候補のチームですらトップ4に入れないことがある。2年前にはマンチェスター・ユナイテッドがトップ4から外れ、去年はリバプールがそうなった。今季もいずれかのチームが外れる。ビッグクラブでシーズンを始めたら、チャンピオンにあることもあるし、CL圏外に置かれることもあるんだ。だからリスクを冒したと言える」

©FutePor -ふとぽる-

【FutePor Scout File Number 3】イバン・カバレイロ(モナコ)

イバン・カバレイロは、第1回で紹介したベルナルド・シウバと同じく、ベンフィカで芽を出しモナコへ羽ばたいていった若手FWだ。1993年生まれ175センチの快速ウイングで、サイドを問わず実力を発揮する。

持ち前の技術力を活かしたトリッキーなドリブルに、俊足を武器にした突破力で相手守備陣を切り裂いて行く。中でもカバレイロ最大の武器は、高精度でセンスに溢れるファーストタッチだ。ドリブルにも活かしている、足に吸い付くような繊細なタッチから、裏への飛び出しやダイレクトシュートでゴールを量産する。

少年時代はベレネンセスへ1年間レンタルされたこともあったが、概してベンフィカのユースチーム一筋を貫いた。2012年に昇格したベンフィカBでは56試合22ゴールの記録を残し、後にAチームへ抜擢。しかし、トップチームでは自らの価値を示せず、2014年にはスペインのデポルティボ・ラ・コルーニャへレンタルされた。

スペインでの1年間は、カバレイロが試合経験を重ねる上で重要なものになった。34試合で3ゴールと結果は物足りなかったが、クラブでの優れたパフォーマンスからU-21ポルトガル代表の主力に抜擢され、欧州選手権ではベストイレブンに輝いたのだ。

この功績が世界に認められ、2015年にはモナコにヘッドハンティングされた。1500万ユーロの高額移籍金と5年の長期契約は、若手ポルトガル人選手に対する期待の表れだろう。

プレシーズンマッチでは、自身のデビュー戦で早速ゴール。ニースとのリーグ・アン2015-16シーズン開幕戦でも先発フル出場を飾るなど、移籍1年目ながら早くも主力に定着しそうな雰囲気だ。

カバレイロがモナコへ移籍した際には、すでにクラブに所属していたベルナルドとインタビューに応じるなど、両者は互いを良く知る名コンビである。ベンフィカ時代からポルトガルのユース代表まで、長年共演してきた両者の関係がより磨かれたとき、ポルトガル人若手FW2人が輝くモナコがフランスリーグを席巻することだろう。

2015-16新シーズン開幕を控えたポルトガルリーグ、3強に関する豆知識「20年間で12度も得点王を輩出したのがポルト」

『zerozero.pt』

いよいよ開幕する2015-16ポルトガルリーグ。今回は、今季もタイトル争いを演じるであろう3強チームに関する豆知識を紹介する。

ベンフィカ
・ポルトガルリーグで最も多くのタイトルを獲得したチーム。リーグの優勝回数は実に34回。
・1976-77以来達成していない目標を追う。すなわち「トリカンペオナート」(リーグ3連覇)。
・リーグ戦において最も長い間ホームで敗北していないチーム。2012年以来ルス・スタジアムではリーグ無敗。
・ポルトガルリーグの歴史上、最も多くの勝利を勝ち取り(1533)、最も多くのゴールを積み重ねた(5468)チーム。

ポルト
・直近の20年において13度リーグを制覇
・現在2年連続でリーグ優勝できず。もし今季も王者を逃せば、現ピント・ダ・コスタ会長下では最悪だった1999-2002シーズンに並ぶ。
・現在のポルトガルリーグで最も長い不敗状態を維持しているチーム。昨季から直近の16試合連続で負けなし。
・直近の20年間でポルト所属の選手がリーグ得点王に輝いた数、実に12度。

スポルティング
・13年もの間リーグを制覇できず。1982-2000の18年間に次ぐ、クラブ史上2番目に悪い記録。
・ポルトガルリーグにおいて、歴代史上最多得点差勝利記録を保持。1941-42シーズンにレッサ相手に記録した14-0の勝利。
・現在、リーグ戦11試合負けなし。
・新監督ジョルジ・ジェズスは最も多くのタイトルを獲得した監督。3回のリーグ制覇と1回のポルトガルカップ、2回のスーペルタッサと5回のリーグカップ制覇。

©FutePor -ふとぽる-

ベンゲル監督がモウリーニョとエバ・カルネイロ女医の論争についてコメント

『O JOGO』

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、チームの女医エバ・カルネイロを叱責しベンチから追放した問題について、ライバルアーセナルのアーセン・ベンゲル監督がコメントを残した。

本件についてはよく知らないと前置きしながらも、ベンゲルはイングランドを騒がす論争を、ライバルチェルシーを攻撃するネタに活用した。「これは、チームが結束していないときに生じる問題だ。非常に難しいね。チームに力をもたらすのは、信頼と結束だ」。同じ街のライバルクラブを「結束がない」と言い捨てた。

「まず第一に言っておきたいのは、この件についてはキャッチアップしていない。チェルシーで起きていることについては、そんなに興味がないからね。そして第二に言えることは、審判がメディカルスタッフにピッチに入って良いと指示した際に彼らが入るというのは、明白としたルールだ」

ベンゲル監督はこれ以上本件について語ることはなかった。アーセナルは開幕戦でウェスト・ハムに敗北を喫しており、チームの状況を憂うことを優先したのだった。

アーセナルとタイトルを争うライバルであり、ベンゲルと個人的なライバル関係を維持するモウリーニョのチェルシー。ベンゲルはそのチーム内紛争のコメントについては控え目だったが、内心ではライバルの混乱をほくそ笑んでいることだろう。

©FutePor -ふとぽる-