FutePor のすべての投稿

ボアテングと破談のスポルティング、新たに2選手をリストアップ。どちらも3強クラブと争奪戦に

『A BOLA』

ケビン・プリンス・ボアテングとの交渉がメディカルチェック上の問題から決裂となったスポルティング。そこで、中盤を補強する新たな選手を2名リストアップしたが、両選手ともに3強のライバルが獲得を狙っており、熾烈な争奪戦が予想される。

1人目が、コリンチャンスのMFラルフ(31)。水曜日にはベンフィカからの関心が伝えられた同選手だが、ボアテングと交渉決裂したスポルティングが新たに参戦した。ギリシア代表ミトログルに引き続き、スポルティングとベンフィカが「リスボン・ダービー」を繰り広げる。(参考記事:ベンフィカがコリンチャンスのラルフに再関心。かつてはマティッチの後継者として獲得に興味)

2人目が、レアル・マドリードに所属するブラジル人MFルーカス・シウバ。ポルトも狙う若手ブラジル人に、1年間のレンタル移籍を提示するようだ。(参考記事:レアルとシャフタールからポルトが狙う2人のブラジル人MF )

チームの主軸ウィリアン・カルバーリョが戦線離脱し、中盤の補強を迫られているスポルティング。果たして、ポルトとのクラシコ、並びにベンフィカとのリスボン・ダービーを制し、チームを強化することができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

クリスティアーノ・ロナウド「これほど多くを勝ち得たけど、スポルティングでチャンピオンになることがまだ残されている」

『zerozero.pt』

クリスティアーノ・ロナウドがポルトガルメディア『Record』のインタビューに応じた。すでに多くのタイトルを勝ち得た同選手だが、レアル・マドリードでゴール記録を打ち破るなど、未だ達成していない目標への意欲を打ち明けた。

「レアル・マドリードは小さい頃からの夢だった。それを隠したことはない。僕が参考にしてきた選手たち(ルイ・コスタ、フィーゴ、ジダン、ロナウド)がいたが、レアルは1番輝かしい夢の中で、僕がプレーを望んだクラブだった」

「イングランドからスペインに移ったことには後悔していない。レアルと代表で、より輝かしいページを書き綴りたい。僕は、ディ・ステファノやプシュカシュ、ラウールといったクラブのレジェンドのレベルに到達できる、すぐ目の前にいるという事実と常に戦ってきた。マドリディズモにおける神話と比べられることは名誉だ」

「クラブのゴール記録を更新できるかどうか?ぜひそれを達成したいし、そう遠くない所にいる。そうなる運命にあるものは自然と実現する。この目標を達成するために常に全力を尽くすけれど、何より大切なのはチームの勝利を助けることだ」

個人でもチームでも、すでに幾つものタイトルを獲得してきたクリスティアーノだが、どうやらまだ獲得していないものがあるようだ。

「これほど多くのタイトルを勝ち得てきたけれど、僕の経歴にはスポルティングでリーグチャンピオンになることが欠けている。そうなるかどうかは分からない。将来なんて誰にも分からないからね。ただ、そうなれば誇らしいことだ」

度々愛する古巣マンチェスター・ユナイテッドへの復帰が噂されているクリスティアーノ。果たして、栄光のキャリアの原点となった母国クラブへ帰還することはあるのだろうか。レアルの最も輝かしい歴史に名を刻むという現在抱く目標を達成し終えたとき、クリスティアーノの新たな伝説が始まるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

チェルシーからセトゥバルへレンタル移籍のウリ・ダビラ「モウリーニョは僕に力をくれた」

『A BOLA』

昨季の1月よりチェルシーからビトーリア・セトゥバルにレンタル移籍していたメキシコ人MFウリ・ダビラ。24歳の同選手は今季もセトゥバルへレンタルされることが決まっており、新シーズンのトレーニングに初参加した。背番号7を背負うことが濃厚となっており、チームの中心選手としての活躍が期待されている。

2季連続でチェルシーからセトゥバルへレンタルされることになったダビラだが、この移籍の裏にはジョゼ・モウリーニョの後押しがあったことを明かした。

「モウリーニョ監督と話をして、彼は、僕が優先すべきはセトゥバルに戻ることだと言ってくれた。監督は微笑みながら、素晴らしい選択だと言ってくれた。僕に力をくれた。僕にとって正しい選択であり、成長して自分自身の価値を見せるためのシーズンにするよう言ってくれたんだ」

2012年にチェルシーの一員となったダビラだが、未だロンドンでのプレー経験はない。昨季はセトゥバルで14試合に出場していた。ポルトガルで結果を残し、尊敬する恩師の待つチェルシーに復帰することができるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

新ページ「FutePor Library」開設のお知らせ

ふとぽるに新たなページが追加されました!

その名も「FutePor Library-ふとぽるライブラリー-」。このコーナーでは、管理人がオススメするポルトガル関連書籍をご紹介しています。

ポルトガルサッカーに関する図書はもちろんのこと、旅行や語学学習、文化など、あらゆるジャンルのポルトガル関連本を、一言コメントを付与しながら紹介しています。

どれも実際に重宝してきた書籍ばかりですので、ぜひこの「図書館」にて、ポルトガル関連本に興味を抱き、実際に手に取って読んで頂ければ幸いです。

「FutePor Library」へのアクセスはこちらより
(ふとぽるトップページ→メニューボタン→FUTEPOR LIBRARYからもアクセス頂けます)

CLプレーオフ、スポルティングの対戦候補が決定。かつての指揮官ジャルディン率いるモナコの可能性も

『A BOLA』

水曜日にCL予選3回戦が終了し、プレーオフからの出場となるスポルティングの対戦相手候補が決定した。組み合わせ抽選会は金曜日、スイスのニヨンにて開催される。

CSKAモスクワ、ラツィオ、クラブ・ブリュージュ、モナコ、ラピッド・ウィーンらがスポルティングの対戦相手候補となった。スポルティングはシード権により、マンチェスター・ユナイテッド、バレンシア、レバークーゼン、そしてビトール・ペレイラ率いるフェネルバフチェを下したシャフタール・ドネツクなど強豪との対戦は避けられた。

ファーストレグは8月18-19日に、セカンドレグは翌週25-26日に予定されている。

2013-14シーズンにスポルティングを2位に押し上げCLに導いた、かつての指揮官レオナルド・ジャルディン率いるモナコとの対戦は実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-