FutePor のすべての投稿

【ミニコラム】大型補強のポルト。その裏に見え隠れする会長から監督へのプレッシャー

プレシーズンマッチでシャルケとの練習試合をスコアレスドローで終えたポルト。主力選手放出によるチーム力の低下を受け、ロペテギ監督がさらなる補強を示唆した。

「何人かの非常に重要な選手が、ヨーロッパのトップクラブ数チームへ移籍して行った。今のチームには満足しているが、私自身もクラブも、もっと何かが必要だということは分かっている」

このシーズンオフに、長らくチームを支えた数名の主力選手が世界に羽ばたいて行った。3年連続リーグ得点王となったジャクソン・マルティネスと、ブラジル代表右サイドバッグのダニーロは、それぞれアトレティコとレアルの、マドリード2大クラブへ活躍の場を移した。ベテランとしてチームを引っ張り、CLでも大活躍を果たしたリカルド・クアレスマは、監督との不仲を理由に古巣ベジクタシュへ復帰した。

また、昨季ロペテギ監督が大量に敢行した有力若手選手のレンタルでの獲得も、プレシーズンに入ってからは、監督自身の首を絞めつけている。中盤でチームを支えたカゼミロはレアルに、攻撃面で存在感を放ったオリベル・トーレスはアトレティコに、それぞれレンタル移籍から所属チームへ復帰した。

彼らはいずれも昨季のチームの主力を担った選手たちであり、その退団がチーム力の低下を招いているのは言うまでもない。そこでポルトは、このプレシーズンでその穴を埋めようと類を見ない積極補強を進めている。主力選手がヨーロッパのビッグクラブから引き抜かれる有様は何も今に始まった事ではない。ただ、例年とは明らかに毛色の違う、巨額の資金を動員する補強戦略の裏には、ピント・ダ・コスタ会長が2年連続無冠に終わったポルトに、今季こそはタイトルをもたらしたいと願う、確固たる野望が見え隠れする。歴代史上最高額でフランス人インビュラを獲得し、ゴールマウスにはレアル・マドリードからイケル・カシージャスを電撃補強した。他にも、フェルナンド・ジョレンテやエディン・ゼコ、エリック・ラメラといった超が付く有名選手を獲得するという噂が報じられている。これほどまでに多くのスター選手が話題に上るのは、まさに異例の事態である。

このような補強戦略の大転換は、クラブ会長からロペテギ監督へのプレッシャーとも見受けられる。昨季は就任1年目というハンデを大目に見られ、無冠でもその試合内容から会長の信頼を勝ち得ることができた。しかし、2年目の来季からは、クラブが積極補強を進めていることも相まって、そのような言い訳は通用しないだろう。3年連続リーグ得点王という快挙を成し得たジャクソンに代わるストライカー探しに失敗し、今後得点力不足に拍車がかかるようならば、ロペテギの監督の座も安泰ではないだろう。

スター選手の大型補強で紙面を賑わせるポルトだが、その裏にはタイトル獲得を熱望するクラブ会長から監督へのかつてない重圧があった。就任2年目、ロペテギ監督は今まさに正念場を迎えている。

クリスティアーノとアントゥヌスのゴールが、10名の年間最優秀ゴール候補にノミネート

『zerozero.pt』

UEFAが月曜日、昨季の年間最優秀ゴール候補のリストを発表した。10名の候補者の中に、クリスティアーノ・ロナウドとアントゥヌスの2名のポルトガル人選手が選ばれた。

レアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウドが選ばれたのは、CLリバプール戦の一撃。中央でチームメイトとパスを繋ぎ、最後には技ありゴールを決めた。ディナモ・キエフのLSBアントゥヌスが選ばれたのは、ELエバートン戦のゴール。左サイドの深い位置から決めた豪快なロングシュートだった。

2人のポルトガル人選手の他には、デ・ブライネやネイマール、メッシやラメラ、ラムジーらのゴールが選出された。

2014-15シーズンの最優秀ゴール候補にノミネートされた10ゴールはこちらから。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョが次期イングランド代表監督候補に浮上

『A BOLA』

現イングランド代表監督ロイ・ホジソンの契約が残り12ヶ月を切り、イングランドメディアはその後継者を推測し始めた。そして『Daily Mirror』によると、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がその候補に浮上した。

同メディアによると、ポルトガル人指揮官がイングランド代表監督という冒険を選択すると推測できる理由は2つあるようだ。第一に、昨季プレミアリーグを制したチェルシーだが、そのプレースタイルやCLでの早期敗退を受け、満足のいくシーズンを送れなかったこと。そして第二に、2016年の欧州選手権を戦うポルトガル代表が新監督を欲していないことが理由として挙げられるようだ。モウリーニョはポルトガル代表を率いることが将来の目標だということを、これまで度々公表してきた。

なお、モウリーニョの他には、サウスゲートやギャリー・ネビル、アラン・パーデューにブレンダン・ロジャーズ、アラダイスやクロップ、ファーガソンらの名前が次期イングランド代表監督候補として挙がっている。

©FutePor -ふとぽる-

モウリーニョが昨季のベストプレーヤーについて言及「チームが第一であるべき」。クリスティアーノよりもアザール?

『A BOLA』

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督にとって、昨季のベストプレーヤーは、2年連続バロンドール受賞中のクリスティアーノ・ロナウドよりも、自チームのエデン・アザールであるようだ。その理由は、レアルのポルトガル人選手とは違い、アザールがチームでタイトルを獲得していることにある。

「昨季は、(アザールがクリスティアーノよりも良かったことについては)イエスだ。クリスティアーノも素晴らしかったけどね。驚くべき数のゴールを決めていた。クリスティアーノが良くなかったと言っている訳ではない。私が言っているのはただ単に、自分自身の意見として、すべての選手はチームが第一にあることを理解しなくてはならないということだ」。『Daily Mail』のインタビューに対し、ポルトガル人監督はこのように答えた。

その意味で言うと、アザールと同様にバルセロナのリオネル・メッシもバロンドール獲得レースにおいてクリスティアーノの先を行く。

「明白に言えるのは、すべてはそのシーズンと、獲得したタイトル次第だ。タイトルのないフットボールなんて何にもならない。昨季メッシは3つのコンペティションに勝ち、コパ・アメリカでは決勝に辿り着いた。チームで素晴らしいシーズンを送ったのだ。私は、選手や監督がチームとは関係なしに個人タイトルを獲得するのは好きじゃない」

度々声を大にして言い続けてきた「個人タイトルはチームありき」というモウリーニョの考え。本インタビューに対しても、その「らしさ」がブレることはなかった。

©FutePor -ふとぽる-

レアルとシャフタールからポルトが狙う2人のブラジル人MF

『zerozero.pt』

ポルトがレアル・マドリードとシャフタール・ドネツクから、それぞれ2人のブラジル人MFの獲得を狙っている。

1人目がレアルのルーカス・シウバ。レアルは保有する4名のユーロ圏外選手のうち1人の売却を迫られており、同選手が退団を余儀なくされるという。レアルは現在ハメス・ロドリゲス、ダニーロ、カゼミロ、ルーカス・シウバという4名のユーロ圏外選手を抱えているが、上限は3名と決まっているからだ。

ポルト以外にも、レアルが昨季クルゼイロから獲得した22歳のブラジル人MFには、フィオレンティーナやヘタフェ、デポルティボ,ダ・コルーニャやセビーリャなどが関心を示しており、ポルトは激しい獲得レースを強いられることとなる。

2人目がシャフタールのアレックス・テイシェイラ。イタリアメディア『TuttomercatoWeb』が月曜日、ポルトが同選手に興味を持つクラブのうちのひとつであることを明かした。25歳のブラジル人MFは2017-18シーズンまでシャフタールと契約を結んでおり、獲得には2500万ユーロがかかると推測されている。積極補強を進めるポルトにとっても相当な高額である。

©FutePor -ふとぽる-