FutePor のすべての投稿

スポルティングの代表MFアドリエンが再びラツィオの標的に

『A BOLA』

土曜日付けのイタリアメディア『コリエーレ・デロ・スポルト』によると、ラツィオがスポルティングのポルトガル代表MFアドリエン・シウバに再関心を寄せているようだ。

ラツィオが獲得を狙う最大のターゲットは、ゲンクに所属するセルビア人MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ。しかし、フィオレンティーナが同選手の獲得レースに参戦したことで、ラツィオはその代案の検討に迫られているという。

6月の中旬には、すでにラツィオのアドリエンへの関心は伝えられていたが、上記のような状況変化により、再び興味を強めているようだ。スポルティングの主軸として活躍しているポルトガル代表MFは、ラツィオの中盤を強化するのに最適な人材となるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルサッカー情報サイト「FutePor-ふとぽる-」開設のお知らせ

ポルトガルサッカー情報を日本へお伝えするサイト「FutePor-ふとぽる-」が新たに開設致しました。

サイト名の”FutePor”とは、ポルトガル語でいう「ポルトガルサッカー」”Futebol Português”の略語です。「ふとぽる」の愛称で呼んで頂けると幸いです。

本サイトは、ポルトガルサッカーに関する記事を網羅しております。ポルトやベンフィカ、スポルティングなどの有名クラブを中心に、その他クラブを含めた国内リーグの情報から、海外で活躍するポルトガル人選手や監督、アンダー世代も含めた代表など、ポルトガルサッカーに関連する記事を、ニュースや管理人の独自コラムなどの様々な形式で発信して参ります。

読者の皆様に、少しでも多くのポルトガルサッカー情報を持って帰って頂くためにも、ここでしか得られないような特別性に溢れる記事を執筆して参りますので今後ともお楽しみください。

新潮流によるポルトガル若手市場の変革

「ブラジルW杯グループリーグ敗退」

ポルトガル代表に突きつけられた現実であった。国内では「クリスティアーノと10人の仲間たち」と揶揄されるほどに、エースへの依存体制から脱却できずにいた。さらに畳み掛けるように、コエントランら中心選手に負傷者が続出したことで代表は満身創痍に。選手層の薄さを露呈し、若手が育ってないのではないかとの不満が国内から噴出した。

筆者もW杯直後にはそのような想いを抱いていた。果たして、本当に有力な若手選手は育っていないのだろうか

答えはノーである。

当時の世論には反して、現在のポルトガルには世界に誇れる若手選手が多く存在している。その証拠として、2015年チェコで開催されたU-21欧州選手権でポルトガルは準優勝に輝き、優勝したスウェーデンの3名を超える5名もの選手がベストイレブンに名を連ねた。ポルトガルが世界のトップクラスで活躍し得る若手選手に恵まれている証であろう。

この若手の豊作期とも言える状況の一端を担っているのは、紛れもなくスポルティングである。ブラジルW杯にも出場し、U-21欧州選手権ではMVPに輝いたウィリアン・カルバーリョを始め、A代表とU-21代表を兼任するジョアン・マリオや、クラブで主力〜準主力として活躍するカルロス・マネやトビアス・フィゲイレードなど、有望な若手選手をU-21代表に送り込んでいる。国産の若手選手を手塩にかけて育てる文化があるスポルティングが、今後も豊作期を支えるのは間違いない。

しかし、ここで特筆すべきなのはスポルティングではない。フィーゴやクリスティアーノ・ロナウド、ナニらを排出したスポルティングが、ポルトガルの若手市場を席巻したのは今に始まった事ではないからだ。筆者は、最近新たに見られ始めた「ある潮流」こそが、これからのポルトガルサッカー界の若手市場を形成していくと予想している。そして、この風潮はポルトガルが長年抱えてきた重大な構造的問題をも解決し得るのである。

この新潮流の代表的な産物こそが、前述のU-21欧州選手権においてベストイレブンにも選ばれ、ポルトガル代表のエースに君臨したベルナルド・シウバである。同選手は、ベンフィカでは強力な外国人助っ人の陰で出場機会に恵まれず、膨大な資金力を武器に積極補強を進めていたモナコへ移籍した。富豪の地で同郷監督レオナルド・ジャルディンの指導を受けたことで、その才能が花開いたのだ。

本事例からも帰納される「新潮流」とはすなわち、外国人助っ人とのレギュラー争いに敗れた若手選手の国外CL級ビッグクラブへの移籍である。

筆者はこれまで、ポルトガルサッカー界が抱える構造的問題点を声を大にして唱え続けてきた。すなわち、ポルトやベンフィカなどのクラブが勝利を過度に追求するあまり、リーグが強力な外国人選手に寡占され、国産若手選手の育成機会が奪われていることである(参考:筆者過去記事『ポルトガルサッカーの縮図としてのFCポルト』)。この深刻な問題によるポルトガル人若手選手の競争力低下こそが、ブラジルW杯において同国が期待外れに終わった一因なのかもしれない。しかし、(後述するが)これまでの国外移籍とは明らかに異なる新潮流下の国外武者修行により、多くの若手選手がCLレベルの経験を積むことで、ポルトガル代表が世界のフットボール界を再び席巻する可能性があるのだ。

このような若手選手の国外移籍を「新潮流」などと取り立てているのだから、当然これまでのポルトガル人若手選手の移籍とは毛色が異なる。本題に入る前に、まずは伝統的な国外移籍の状況を詳述したい。

これまでの常識として、外国人助っ人とのレギュラー争いに敗れ、出場機会を失った若手選手が置かれる状況は、主に以下の5パターンに分類された。

  1. 所属クラブでの飼い殺し
  2. Bチームでの武者修行
  3. 国内下位チームへの移籍
  4. 国外上位リーグ(スペインなど)下位チームへの移籍
  5. 国外下位リーグ(トルコやブラジルなど)チームへの移籍

1つ目の状況は、すでにBチームレベルを超えている選手が陥りがちである。シーズン途中に、買い手が見つからなかったり、クラブがベンチには控えていて欲しい一応の戦力とみなしたりした場合に散見される。2つ目の状況は、AチームとBチームを行き来するクラスの選手に多い。そして、これら2つの状況に置かれていた若手選手が、シーズンを終えて移籍先を模索する際に、上記3-5の3パターンの選択を迫られるのである。3つ目の代表的な例は、U-21代表トゼ(ポルト→エストリル、2014-15)や、今季よりポルトへ復帰するセルジオ・オリベイラ(ポルト→パソス)などが挙げられる。4つ目の例は、ロペテギ監督下で構想外となった元ポルトのリカーが良い例だ。ポルトで戦力外となり、リーガ・エスパニョーラのラージョへ移籍した。最後5つ目の例として、ジョズエの名前を挙げたい。同選手はパソスの3位躍進に貢献し、鳴り物入りでポルトへ入団したが、思うような結果を残せなかった。リカーと同じくロペテギ監督の構想に入ることができず、トルコのブルサスポルへ活躍の場を移した。

これら5パターンからも明白なように、これまでは、ポルトやベンフィカのようなクラブで出場機会を獲得できなかった選手が、所属クラブと「同格」もしくは「格上」のチームへ移籍することはごく稀であった。しかし、前述のベルナルド・シウバのように、近年は彼らがCL級の国外クラブに即戦力として迎え入れられているのである。これまでの「格下」チームへの移籍とは明らかに種類が異なるのは、誰の目にも明らかだろう。

ここで一つの疑問が生じる。

ポルトやベンフィカで出場機会を奪取できなかった若手選手が、モナコやバレンシアなどのより強力なビッグクラブで出場機会など得られるのだろうか?

イエス・ノーで解答を提示する代わりに、3選手の例を挙げよう。1人目が、既出のベルナルド・シウバである。ベンフィカのAチームでは公式戦3試合出場のみに終わった同選手が、新天地モナコでは45試合10ゴールと大爆発。レバークーゼンとの一戦では、念願のCLデビューを果たし、若干20歳ながらチームの主力として躍動している。2人目は、ベンフィカAでは公式戦19試合1ゴールに沈んだイバン・カバレイロだ。最初の移籍先はリーガ・エスパニョーラのデポルティボであり、これまでの伝統的な国外移籍パターンを辿っていた同選手だが、2015-16シーズンからは新潮流に乗りモナコへ。移籍金1500万ユーロ、5年契約という破格の条件で迎え入れられた。プレシーズンでは、早くもスタメンデビューを飾り、ゴールを決めている。ベルナルドとカバレイロはU-21欧州選手権でベストイレブンに輝いた、まさにモナコとポルトガル双方の未来を担う、将来を嘱望された若手選手である。3人目は、バレンシアに所属するジョアン・カンセーロである。ルイゾンやガライといった世界的な名DFの陰で、ベンフィカAでは2試合の出場にとどまった。翌年にレンタル移籍したバレンシアでは13試合に出場し2021年までの長期契約を勝ち取った。本契約となり、今後はより多くの出場機会を手にすることだろう。

このように、近年は、ポルトガルでは外国人選手とのレギュラー争いに敗れた若手選手が国外のCL級クラブへ移籍し、母国での出場機会よりずっと多くのゲーム経験を積んでいるのだ。紹介した3選手はポルトガル代表としてU-21欧州選手権にも参加しており、数年後にはフル代表での活躍も期待されている。彼らが出場機会を求めて移籍した強豪クラブでトップレベルの経験を積んだことが、同代表が準優勝という好成績を残せた一因だろう。

なぜ、これら強豪クラブは、母国で試合に出られるレベルにない若手ポルトガル人を獲得するのだろうか。そこには、彼らの実力を熟知し、将来性に期待を寄せる同郷監督の存在があった。この新潮流を生み出したのは、国外へ活躍の場を移したポルトガル人若手監督であると言っても過言ではないほどに、彼らが新潮流を主導する重要なファクターとなっている。

国外の若手ポルトガル人選手を語る際に度々メディアにその名が挙がるのは、バレンシアとモナコであろう。この2クラブは、若手ポルトガル人選手の獲得に特に躍起になっている。バレンシアのヌーノ・エスピリト・サントとモナコのレオナルド・ジャルディン両監督は、母国若手選手の能力に大いなる可能性を見出し、彼らにCL級の舞台を用意することで成長を促している。これらビッグクラブが若手ポルトガル人選手を重宝する陰には、同郷の若手を信頼してチームの勝利を託し、母国サッカー界の未来を憂うポルトガル人監督の姿があるのだ。今後は、バレンシアやモナコだけにとどまらず、ビトール・ペレイラが指揮するトルコのフェネルバフチェや、マルコ・シウバが監督就任したギリシアのオリンピアコスも新時代の波に乗っていくことだろう。(参考:筆者過去記事『「ポルトガル・ドリームチーム」を推し進める3クラブ』)

母国では公式戦経験を多く積むことができなかった若手ポルトガル人選手が、同郷監督のサポートのもとで、スペインやフランスなどの上位リーグやCL・ELといったヨーロッパ最高峰の舞台を体感できる新潮流は、外国人選手の寡占による国産若手選手の育成機会阻害というポルトガルサッカー界が抱える深刻な問題を解決し得る。この新たな風潮によって、国内の「ポルトガル人選手の空洞化」が加速するのは確かである。ポルトガルリーグのレベルを超越したスター選手だけでなく、将来リーグの中心選手となるべき若手選手までもが国外へ移籍するのだから当然であろう。しかし、この国内空洞化という確かなデメリットを凌駕するほどのメリットが、新潮流によって生み出されるのである。

これまでの伝統から、外国人選手によって寡占されたポルトガルリーグが抱える問題点は主に2つあった。まず、レギュラー争いに敗れた若手選手が飼い殺しされた、もしくは下位チームで低質な試合経験しか積めなかったゆえに、彼らの成長が阻害されたこと。そして、それに伴うポルトガル代表の弱小化と、コロンビアなどポルトガルリーグで選手の育成に成功した他国代表の強大化である。つまり、外国人選手の寡占により「ポルトガル代表の絶対的かつ相対的な弱体化」が引き起こされた。

しかし、近年の新潮流により代表の弱体化を食い止めることができるのだ。まず1点目に、国外CL級クラブへ移籍した若手選手が、国内で経験でき得た以上の高質な試合経験を積むことができること。2点目に、ポルトガルでは敗者の烙印を押された彼らが、実際にはビッグクラブの即戦力となれることを証明したことである。新潮流の1期生とも言える若手選手が、「埋め潰された」実力を世界に見せつけたことで、今後は2期生、3期生が後を追うことが予想される。すなわち、若手ポルトガル人選手の国外移籍の裾野が広がり、より多くの選手が高質な試合経験を積めるのである。U-21ポルトガル代表が証明したように、新潮流に乗る若手選手の成長が母国代表を強化することは言うまでもない。

今後、ポルトガルの強豪クラブは、若手を国外に売却した資金で外国人選手の買い漁りを加速させるだろう。その証拠に、レアルのカシージャスを電撃補強したポルトのような、これまでの外国人助っ人とは毛色の違う有名選手のポルトガル到来という「逆方向の新潮流」までもが生まれ始めている。ポルトガルリーグから国産選手が姿を消すことは、母国のサッカーファンを失望させ、サポーターのクラブへのロイヤリティを低下させるなど、新たな問題を引き起こす可能性は確かにある。しかし考え様によっては、このような逆方向の新潮流がポルトガルクラブを強大化させ、ヨーロッパの舞台でのプレゼンスを高めるというメリットもある。また、強力な外国人を抱えるポルトやベンフィカに、母国の若手選手を多く抱えるスポルティングやブラガといったクラブが挑む構図が極端化すれば、ポルトガル人若手選手は国内でも十二分に成長できる。

「新潮流」とそれに伴う「逆方向の新潮流」が生み出され、前者によってポルトガル人若手選手が成長し、代表が底上げされる。後者によってポルトガルクラブがヨーロッパのコンペティションで存在感を増す。またはスポルティングなどのクラブが彼らに対抗することで、国内で若手選手を強化できる。代表のエース、クリスティアーノ・ロナウドもすでに三十路を超え、彼にばかり頼ってはいられなくなった。その状況を憂うポルトガル人監督によって、偶然か必然か生み出されたこの新潮流こそが、ポルトガルの若手市場に大変革を与え、ポルトガルサッカー界が抱える重層な閉塞感を打ち破る鍵となるだろう。

【保存版】2015-16ポルトガル1部リーグを戦う18チームの監督人事

ベンフィカのリーグ2連覇及び2冠達成とともに幕を閉じた2014-15シーズンのポルトガルリーグ。プレシーズンに突入し、来季の躍進に向けて各クラブが監督人事に着手している。すでに、歴史に名を残すような禁断の監督移籍も実現しており、今季も例に漏れず、ポルトガル人監督の動向に注目が集まる。

昨季は多くのクラブで玉突き移籍が発生した(筆者過去記事: 『ポルトガルリーグ激動の監督大移動』』参照)。今季は、国内移籍や、Bチームからの昇格、海外をめぐる監督の輸出入など、様々な移籍パターンが見受けられた。そこで、昨年に続き、来季1部リーグを戦うクラブの監督情報をまとめてみた。1部残留15チームのみだった前回とは違い、今回は、2部からの昇格組も含めた全18チームを網羅している。

☆紛らわしいので、使用語の定義を一度共有

「昨季」=2013-14シーズン

→(ベンフィカがリーグチャンピオン)

「今季」=2014-15シーズン

→(ベンフィカがリーグ2連覇)

「来季」=2015-16シーズン

 

<1位 ベンフィカ>

ジョルジ・ジェズス(来季:スポルティング)

ルイ・ビトーリア(前:ギマラインス)

6年間でベンフィカに10タイトルをもたらした老将ジョルジ・ジェズスの退任が決定。今季は、ベンフィカを2年連続でリーグ王者に導き、自身もリーグ最優秀監督に選出された。退任は、契約延長交渉で約半額の減棒を提示されたのが決定的であったようだ。また、本人曰く「ベンフィカでの仕事はやり切った」とか。国内外のビッグクラブからの関心が伝えられた中、ライバルのスポルティングへ、歴史的な禁断の移籍を決断。ポルトガル全土を震撼させた。

後任には、ギマラインスを5位に導いたルイ・ビトーリアが就任。3年契約を結んだ。同氏はベンフィカのユースチームを率いた経歴があり、クラブへの適応には問題ないだろう。懸念点があるとすれば、ヨーロッパ大会での実力が未知数なところか。先日、ルイス・フィリペ・ビイエラ会長がCL制覇の夢を語った。その実現とまではいかずも、リーグ3連覇とCLグループリーグ突破は全サポーターから求められる結果。過酷なプレッシャーに打ち勝つことができるか。

<2位 ポルト>

フレン・ロペテギ(続投濃厚)

パウロ・フォンセッカ監督期に続き、ロペテギ監督下でも優勝トロフィーを掲げられず、2シーズン連続で主要タイトル無冠に終わったポルト。しかし、CLではベスト8と大躍進を果たし、バイエルン相手にホームで3-1と歴史的な勝利を挙げたロペテギの実力を、ピント・ダ・コスタ会長は高評価。ミランやレアルなど国外クラブからの関心が集まったが、会長が売却不可の姿勢を貫いた。来季の続投は濃厚である。今季は、監督の意向により多くの新選手がレンタルで加入し、連携面を含めたチーム作りに時間を費やした。来季のチームの完成度には期待がかかるが、ポルトの監督に就任した宿命であろうか、例年通りに主力選手の退団に頭を抱えている。不動のRSBダニーロと、中盤を支えたカゼミロのレアル行き(後者はレンタルバック)の影響は大きく、特筆すべきは3年連続リーグ得点王に輝いたジャクソン・マルティネスの退団であろう。このリーグ最強ワントップの個人技で「何とかなった」試合は、枚挙にいとまがない。歴代史上最高のエース退団により、ロペテギ流チーム作りの手腕が再び試されることになる。仮にワントップの後任人事に失敗し、勝ち星を落とすような状況が続いたとしたら、会長から高評価を得ている監督の電撃解任というシナリオも絵空事ではない。

<3位 スポルティング>

マルコ・シウバ(来季:オリンピアコス)

→ジョルジ・ジェズス(前:ベンフィカ)

スポルティングに7年ぶりのタイトルをもたらしたマルコ・シウバが、クラブ会長ブルーノ・デ・カルバーリョとの不仲を理由に解任された。両者は、プレシーズンにはすでに方向性の食い違いを感じていたようである。サポーターからも愛されていたポルトガルNo.1若手監督の解任については、勿体無いの一言に尽きる。監督とクラブ間の契約破棄に関する交渉が難航したが、先日ようやく双方が合意。フリーの身になったマルコ・シウバは、ビトール・ペレイラ現フェネルバフチェ監督(元ポルト監督)の後任として、ギリシアのオリンピアコスへ移籍。オリンピアコスからスポルティングの監督へ就任したレオナルド・ジャルディン現モナコ監督とは、真逆方向の移籍が実現した。

後任には、ベンフィカのジョルジ・ジェズスを電撃獲得。ミランやレアルなど国外ビッグクラブへの監督就任も噂された中、ライバルチームへの歴史的な禁断の移籍を選択した。しかし、同監督は根っからのスポルティンギスタであり、青年期はユースチームに所属し、トップチームでプレーした経歴も持つ。キャリアの終盤に心のクラブを率いたいと願うのも当然か。ホームスタジアムで行われた就任会見では、満員のソシオが見守る中、「眠っているライオンを起こさなくてはならない!」と力説した。国内有数のワールドクラスの名将が、ベンフィカとポルトに遅れをとる3強の一角を、宣言通りに復権へと導くのか。それとも、マルコ・シウバという若き実力者の解任が凶と出るのか。来季もスポルティングの動向には大注目だ。

<4位 ブラガ>

セルジオ・コンセイサオン

→パウロ・フォンセッカ(前:パソス・デ・フェレイラ)

リーグ4位と大健闘ながら、コンセイサオンを解任。ポルトガルカップ決勝のスポルティング戦で、試合を圧倒的優位に運びながらまさかの敗北を喫したのが、会長の逆鱗に触れたようだ。

後任には、パソスを率いたパウロ・フォンセッカを指名。2年契約を結んだ。今季は、愛するクラブを8位に躍進させ、前年にポルトで失った評価を取り戻した。「パソスで満足しており、その愛情を超えるほどのプロジェクトが提示されない限りは、チームを離れることはない」という趣旨の発言をしていたが、ころっと移籍。ブラガが抱く野心は相当なものだったのだろう。自身2度目となるビッグクラブでの挑戦となる。ポルトでの反省を活かし、有力選手の多いチームをうまくまとめることができれば、3強撃破も夢ではない。弱小クラブを3位へと躍進させた「パソスの奇跡」を再現したい。

<5位 ギマラインス>

ルイ・ビトーリア(来季:ベンフィカ)

→アルマンド・エバンジェリスタ(前:ギマラインスB)

ルイ・ビトーリアをベンフィカに引き抜かれたギマラインス。注目の後任には、Bチームのアルマンド・エバンジェリスタを昇格させた。41歳の同監督は、6年間Bチームを率いた、まさにチームを知る男。トップチーム昇格を果たしていきなりELにも挑戦する。Aチーム経験の浅さが足を引っ張らないと良いが。

<6位 ベレネンセス>

ジョルジ・シマオン(来季:パソス・デ・フェレイラ)

→サー・ピント(前:アトロミト(ギリシア))

昨季は辛うじて降格を免れたベレネンセスが、今季はEL出場圏内の6位に大躍進。シーズン途中に暫定指揮を執ったジョルジ・シマオンはパソスへ移籍。新監督サー・ピントと2年契約を結んだ。同監督は、42歳と若手ながら、スポルティングやレッドスターなどを率いた過去を持つ経験豊富な人物。元ミランのガットゥーゾが監督就任して注目を集めた、ギリシアのOFIクレタを、彼の前に指揮した監督でもある。躍進の体制は整った。ELとリーグの両立が鍵となる。

<7位 ナシオナル>

マヌエル・マシャード(続投濃厚)

昨季の5位に続き、今季も7位と健闘。マシャード監督への信頼は厚く、今季も残留が既定路線。

<8位 パソス・デ・フェレイラ>

パウロ・フォンセッカ(来季:ブラガ)

→ジョルジ・シマオン(前:ベレネンセス)

パウロ・フォンセッカがチームを3位という奇跡の順位に導いたのも今は昔。クラブの英雄がポルトの監督に就任した昨季は、最下位から2番目の15位に沈んだ。そこで、今季はフォンセッカを呼び戻し、クラブと監督自身の名誉回復に尽力。無事、上位に返り咲いた。ポルトでは不遇の時を過ごした同監督も汚名を返上。移籍市場を賑わす人気監督となり強豪ブラガへ羽ばたいた。

後任には、昨季ベレネンセスの監督に途中就任し、9試合を指揮したジョルジ・シマオンを抜擢。38歳という来季の1部リーグ最年少タイ監督に、英雄フォンセッカの再現を託した。英雄が去りチームが大暴落した昨季の再現だけは避けたいところ。

<9位 マリティモ>

イボ・ビエイラ(続投濃厚)

パウロ・ベントのもとでポルトガル代表アシスタントコーチを務めたレオネル・ポンテスが、馴染みのないクラブチームを率い、失敗。目標の上位進出とはならずも、後任のイボ・ビエイラがチームを立て直した。すでに同監督主導でチームの補強が行われており、プレシーズンのフランス遠征も決定。続投は濃厚であろう。カルロス・ペレイラ会長が掲げた目標であるEL出場圏内の6位を目指す。

<10位 リオ・アベ>

ペドロ・マルティンス(恐らく続投)

リーグ序盤の勢いはどこへ。上位躍進を意気込んだものの、最終的には昨季とあまり変わらない10位に落ち着いた。前監督ヌーノ・エスピリト・サントは、移籍先のバレンシアで高評価を得ており、ペドロ・マルティンスとしては、現監督の威信を、サポーターを始めポルトガル全土に見せつけたいところ。ただ、今のところは監督について移籍の噂も解任の噂もなく、注目度が低い感は否めない。

<11位 モレイレンセ>

ミゲル・レアル(続投)

昇格初年度ながらリーグ11位と、思いの外、上位をキープ。その功績が認められ1年間の契約更新。

<12位 エストリル>

ファビアーノ・ソアレス(続投)

マルコ・シウバが築き上げたエストリル帝国を、大方の予想通りジョゼ・コウセイロが崩壊させ、途中解任。マルコ・シウバのテクニカルチームにも所属していたブラジル人ファビアーノ・ソアレスが、暫定監督としてチームを降格の危機から救った。

新監督が決定しないままプレシーズンに突入し、早くも出遅れた感があった中、ファビアーノ・ソアレスの続投が明かされた。今季限りの暫定監督のはずであったが、このタイミングでの残留発表。後任が見つからず、やむを得ない選択だったのかと推測せずにはいられない。マルコ・シウバが、3強に肉薄するチームに育てたエストリルを、再び2部常連の弱小チームに戻すことだけは避けたい。

<13位 ボアビスタ>

プティ(続投)

ポルトガル代表の功労者プティが、1年の契約延長を果たした。2006年ドイツワールドカップで、ポルトガル代表の一員としてベスト4を達成したのは記憶に新しい。2012年からボアビスタで選手兼監督を務め上げ、昨季は3部からの1部特殊昇格(八百長の疑惑が晴れたため)に貢献。今季は1部初年度ながら13位と大健闘した。来季も1部残留が現実的な目標だろう。

<14位 ビトーリア・セツバル>

ブルーノ・ヒベイロ(来季:ルドゴレツ)

→キン・マシャード(前:トンデーラ)

今季は、ドミンゴス・パシエンシアが結果を残せずに途中解任。ブルーノ・ヒベイロがチームを残留へ導いた(パシエンシアは来季よりアポエルの監督に)。来季は、トンデーラを2部優勝に導いたキン・マシャードに指揮を託す。2部優勝の勢いそのままに、上位戦線に食い込みたい。

<15位 アカデミカ>

ジョゼ・ビテルボ(続投濃厚)

パウロ・セルジオの途中解任に揺れたアカデミカは、ジョゼ・ビテルボのもと、何とか残留を決定。ジョゼ・エドゥアルド・シモインス会長が、同監督への信頼を強調しており、残留は濃厚。

<16位 アロウカ>

ペドロ・エマヌエル(来季:アポロン・リマソール(キプロス))

→リト・ビディガル(今季:ベレネンセス途中解任)

ポルト時代にアンドレ・ビラス・ボアスの元でアシスタントコーチを務めたペドロ・エマヌエルが、キプロスへ移籍。今季ベレネンセスを途中解任されたリト・ビディガルが新監督に就任した。同監督は、昨季のベレネンセスを残留に導いた「残留請負人」としての期待がかかる。来季も弱小クラブを1部残留に導くのが使命だ。

<2部1位 トンデーラ>

キン・マシャード(来季:ビトーリア・セツバル)

→ビトール・パネイラ(前:バルジン)

チームを1部昇格に導いたキン・マシャードが、セツバルに引き抜かれた。後任には、49歳のビトール・パネイラを招聘。今季シニアリーグ所属のバルジンをポルトガル2部リーグに昇格させた手腕が評価され、2013年10月以来のトンデーラ復帰となった。同監督は、ポルトガル代表では44試合出場のキャリアを誇るものの、監督としては、ポルト近郊のバルジンやゴンドマルなど弱小クラブから抜け出せていなかった。強豪並み居る1部での実力は、かなりの未知数と言えよう。

<2部2位 ウニアオン・ダ・マデイラ>

ビトール・オリベイラ

→ルイス・ノートン(前:シャービス)

ウニアオンを1部昇格に導き、2部リーグ最優秀監督に輝いたビトール・オリベイラ。61歳の老将は、2012-13シーズンのアロウカや、2013-14シーズンのモレイレンセなどを含め、15回の2部リーグ挑戦において、8つのチームを昇格へ導いたことになる。2部クラブの昇格成功率が53%にも上る「昇格請負人」は、任務を終えお役御免となった。

老将の後任として、今季マリティモを途中解任されたレオネル・ポンテス元ポルトガル代表アシスタントコーチなどに興味を抱いたが、最終的には前監督と同じ61歳のルイス・ノートンと1年契約を結んだ。同監督は、ベンフィカB、ビトーリア・セツバル、ビトーリア・ギマラインス、ギニアビサウ代表などを率いた経歴を持つ。昨季は2部のシャービスを率いていた。経験豊富な指揮官のもと、まずは1部残留を果たしたい。

 

<注目監督ベスト3>

1位 ジョルジ・ジェズス(スポルティング)

愛するクラブへ禁断の移籍を遂げた。ここ10数年低迷する3強の一角を、真の強豪に成長させることが使命である。ベンフィカで3度のリーグ優勝に輝いた手腕に、全スポルティンギスタの期待がかかる。彼が去ったベンフィカが失墜しないかどうかにも注視したい。

2位 パウロ・フォンセッカ(ブラガ)

ポルトでは失意のシーズンを過ごしたが、その実力はパソスで証明済み。リーグ3位となった「パソスの奇跡」を、新チームであるブラガで再現したい。3強の一角を崩す可能性は十分にある。今季の大注目ポイントだ。

3位 ジョルジ・シマオン(パソス・デ・フェレイラ)

9試合ながら、ベレネンセスの大躍進に貢献。38歳という若さで、実力者パウロ・フォンセッカの後釜を務めることに。まずは、今季同監督が築いたチームを維持すること。そこに自分自身のスタイルを融合させ、結果を残すことができれば、若さを武器に一気に注目監督の仲間入りを果たす可能性も。過去3年間で、3位、15位、8位と浮き沈みの激しいチームに安定をもたらしたい。

 

<年齢順>

38歳 プティ(ボアビスタ)

38歳 ジョルジ・シマオン(パソス)

39歳 イボ・ビエイラ(マリティモ)

41歳 エバンジェリスタ(ギマラインス)

42歳 サー・ピント(ベレネンセス)

42歳 フォンセッカ(ブラガ)

44歳 ペドロ・マルティンス(リオアベ)

45歳 ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

45歳 リト・ビディガル(アロウカ)

48歳 ロペテギ(ポルト)

48歳 キン・マシャード(セツバル)

49歳 ビトール・パネイラ(トンデーラ)

49歳 ファビアーノ・ソアレス(エストリル)

50歳 ミゲル・レアル(モレイレンセ)

53歳 ジョゼ・ビテルボ(アカデミカ)

59歳 マヌエル・マシャード(ナシオナル)

60歳 ジョルジ・ジェズス(スポルティング)

61歳 ルイス・ノートン(ウニアオン)

 

ちなみに…

マルコ・シウバ(オリンピアコス)がスポルティングの監督に就任した際の年齢は36歳。ビラス・ボアス(ゼニト)のポルト監督就任に至っては32歳の時。両者の特異的な若さが際立つ。

【過去コラム再掲】「ポルトガル・ドリームチーム」を推し進める3クラブ

(※編集後記:ダニーロ・シウバのバレンシア移籍、イバン・カバレイロのモナコ移籍、ナニのフェネルバフチェ移籍は後日決定)

近年、ポルトガルリーグ出身者の世界的ブランドが急上昇している。議論の余地はあるものの、世界最高の選手はポルトガル人であり、世界最高の監督もポルトガル人、そして、世界最高の代理人すらもポルトガル人であるのだから、このような「ポルトガル・ブーム」は、至極当然の流れと言えよう。

ポルトガルリーグから世界へ羽ばたいた人材が 、期待に違わない活躍をしている事実もまた、この風潮を加速させている。ベンフィカでリーグMVPに輝いたマティッチは、すでにチェルシーには欠かせない、世界でも有数のプレーヤーに成長した。ブラジルワールドカップで得点王に輝き、名門レアルの10番として迎え入れられたポルト出身のハメス・ロドリゲスは、現在のフットボールシーンを代表する若手スター選手の1人である。他にも、ベンフィカからアトレティコの守護神となったオブラクや、バレンシアの躍進を支えたロドリゴやエンゾ・ペレスなど、例を挙げ出したらキリがないほどに、ポルトガルリーグ出身の選手たちが、世界各国で躍動している。

そんな中で、欧州の数カ国においてポルトガルリーグの出身者を掻き集めて、「ポルトガル・ドリームチーム」なるものを形成せんとしているクラブが存在している。スペインのバレンシア、フランスのモナコ、そしてトルコのフェネルバフチェである。これらクラブの共通点は2つ。まず、どのクラブもポルトガル人監督が指揮を執っていること。そして、強靭な財務基盤を武器に青田買いを実行していることである。特に、前者に関連して、世界最高の代理人であるジョルジ・メンデスの影響力は大きい。この敏腕代理人の傘下には、ポルトガルリーグ出身の監督と選手が数多く所属している。そのネットワークを活かし、各国のポルトガル人監督のもとへ有力なポルトガルリーグ出身選手を送り届けているのだ。

そこで今回は、「ポルトガル・ドリームチーム」の実現に挑む、スペイン、フランス、そしてトルコの3クラブに迫った。3クラブともに、将来有望な若手ポルトガル人監督が指揮を執っており、今後もチームのポルトガル化を推し進めると予想されるクラブである。

 

<スペイン>

バレンシア

・監督 : ヌーノ・エスピリト・サント(元リオ・アベ監督)

2つの国内カップ準優勝を置き土産にリオ・アベからバレンシアへ。新オーナーのピーター・リム氏とジョルジ・メンデスの繋がりは強固であり、その影響からバレンシアの監督に抜擢された。今季は、就任初年度ながらリーグ4位に輝き、高評価を受けた。

・ポルトガルリーグ出身の所属スター選手

ロドリゴ、アンドレ・ゴメス、エンゾ・ペレス(以上、元ベンフィカ)、オタメンディ(元ポルト)

リオ・アベ時代に手を焼いたポルトガルリーグのスター選手をベンフィカから強奪。おそらくリオ・アベ時代から自チームに欲していたのだろう。弱小クラブでは叶わず、豊富な資金力を誇るバレンシアに移籍したことで、彼らを指揮する夢を叶えた。

・獲得を狙うポルトガルリーグのスター選手

  1. ダニーロ・シウバ(ブラガ所属)

U-20ブラジル代表キャプテン。ユベントスも獲得を狙う。

  1. イスラム・スリマニ(スポルティング所属)

これまたリオ・アベ時代に手を焼いたセンターフォワード。スポルティングでは不動のエースストライカー。

 

<フランス>

モナコ

・監督 : レオナルド・ジャルディン(元スポルティング監督)

低迷していたスポルティングをリーグ2位に導き、モナコからヘッドハンティングされる。CLでもベスト8と躍進を果たし、その名を全世界に轟かせた。3チームの中では、最もポルトガル化推進の噂が強い。

・ポルトガルリーグ出身の所属スター選手

リカルド・カルバーリョ、ジョアン・モウティーニョ(以上、元ポルト)、ベルナルド・シウバ(元ベンフィカ)。かつては、ラダメル・ファルカオやハメス・ロドリゲスも所属(元ポルト)。

・獲得を狙うポルトガルリーグのスター選手

1. ウィリアン・カルバーリョアドリエン・シウバ、カルロス・マネ(スポルティング所属)

スポルティング時代に率いたチームの主軸を、こぞってモナコへ呼び寄せようと試みる。監督のアイディアを理解する中盤の2選手、すなわち、U-21欧州選手権でMVPに輝いたウィリアンとスポルティングの要アドリエンは、喉から手が出るほど欲しいことだろう。

  1. カルロス・エドゥアルド(ポルト所属)

ポルトからレンタルされたフランスのニースにて、2桁得点を記録。ポルトへ帰還予定だが、横奪を狙う。

  1. イバン・カバレイロ(ベンフィカ所属)

今季はベンフィカからデポルティボにレンタルされていた。U-21欧州選手権でベストイレブンに選ばれる活躍を見せた。獲得間近との噂も。

  1. バレンシアと同じく、ダニーロ・シウバと、スポルティング時代の教え子イスラム・スリマニも。

 

<トルコ>

フェネルバフチェ

・監督 : ビトール・ペレイラ(元ポルト監督)

ポルトで2年連続リーグ優勝、オリンピアコスでも就任1年目で王者に。もっと評価されても良さそうだが。来季からは、フェネルバフチェを率いる。

・ポルトガルリーグ出身の所属スター選手

ブルーノ・アウベス、ラウール・メイレレス(元ポルト)

ポルトガル代表を長らく支えた2枚看板。彼らもポルトガルリーグ出身選手の入団を望んでいることだろう。

・獲得を決めたポルトガルリーグの有力選手

ファビアーノ、アブドュライエ(元ポルト)

指揮官の古巣ポルトから、準レギュラー〜レギュラー格の2選手をレンタルで獲得。

・獲得を狙うポルトガルリーグのスター選手

ナニ(昨季スポルティング所属)、バレンシアとモナコと同じくイスラム・スリマニ(スポルティング)

特に、ナニは獲得間近とも。クアレスマの影響もあり、トルコではポルトガル人ウイングは高評価。

 

以上、ポルトガル人指揮官のもと、チームのポルトガルリーグ化を進める3チームを紹介した。それぞれの監督に、ポルトガル時代から目をつける選手がおり、資金力のあるチームへ移籍したことを引き金に、こぞって彼らの獲得に向かう様は実に興味深い。

今後も、バレンシア、モナコ、フェネルバフチェの3クラブの名前が、ポルトガルメディアを賑わすことが予想される。エスピリト・サント、レオナルド・ジャルディン、ビトール・ペレイラの3者が、どのような「ポルトガル・ドリームチーム」を組織していくのか。注意深く見守りたい。