カテゴリー別アーカイブ: COLUMN

冬の移籍市場、日本人のポルトガルリーグ加入なるか。過去の代表スター3名に浮上した噂

2017年を迎え、欧州フットボール界では冬の移籍市場が解禁した。現在、ポルトガルリーグで活躍する日本人選手には、ポルティモネンセの亀倉龍希などがいるが、代表クラスの選手は所属していない。直近では、スポルティングの田中順也やポルティモネンセの金崎夢生など、日本代表級の選手がプレーしていたが、どちらもすでに日本へ帰国している。

この田中順也にスポルティングへの移籍の噂が流れた当時は、ポルトガルの大手メディアの大半がそれを報道した。田中順也のスポルティング移籍は実現したが、ポルトガルでは実は、移籍は実現せずとも日本人選手加入の噂が、ここ2-3年で1年に1-2回程度は報じられている。今回は、日本人の代表スター3選手にかつて浮上したポルトガルリーグ加入の噂を振り返りたい。

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

当時ガンバ大阪に所属していた宇佐美貴史にポルト移籍の噂が浮上したのは2015年の夏。Jリーグで16ゴールを挙げた宇佐美が、現スペイン代表監督フレン・ロペテギ率いるポルトへ数時間中に移籍するとの噂が報じられた。ポルトガルリーグ3年連続得点王ジャクソン・マルティネスの後継者としてである。

しかし、本ニュースを報じたのは『MultiDesportos』というマイナーなメディアであり、そのソースにも「日本メディアによると」と記載されており、現地ポルトガル発のニュースではなかった。その信憑性は疑わしく、案の定、宇佐美のポルト移籍は実現しなかった。

長友佑都(インテル)

インテルの長友佑都にベンフィカ移籍の噂が生じたのは、宇佐美のポルト移籍の噂から約1ヶ月後。同じ夏に2人の日本人スターに、ポルトガルの2大クラブへの移籍の噂が流れたのである。

長友はアトレティコ・マドリードへ移籍したギリェルメ・シケイラの後任とのことであった。ポルトガル3大サッカーメディアの一角『Record』がイタリアメディアの報道を引用し、ベンフィカのオファーが実在したことを報じた。しかし、ベンフィカ側のオファーがインテルを納得させるのに十分ではなく、筆者が書いた下記コラムも虚しく、移籍は白紙となった。

【ミニコラム】長友にベンフィカ移籍の可能性。ポルトガル王者へ移籍すべき4つの理由

ハーフナー・マイク(フィテッセ)

最後に紹介するのは、フィテッセに所属していたハーフナー・マイクのベンフィカ移籍の噂。田中順也にスポルティング移籍の報道がされる前の5月に突如浮上していた。フィテッセで得点を量産していたハーフナーには、ナポリも関心を抱いていると報じられていたが、その獲得競争にベンフィカも参戦。オスカル・カルドーソに継ぐストライカーとしてハーフナーを獲得する可能性が浮上していた。しかし、こちらも移籍は実現せず報道は鎮火。その数ヶ月後に、田中順也のスポルティング移籍が実現した。

ここ数年で毎年報じられている日本代表クラスの選手のポルトガルリーグ加入の噂。果たして、この冬も日本人選手がポルトガルメディアを賑わし、はてはポルトガルクラブへの加入が実現させるのだろうか。期待感を持ってこの冬の移籍市場も見守りたい。

©FutePor -ふとぽる-

16-17季ポルトガルリーグ、16年の振り返りと17年の注目選手/監督/クラブ

新年2017年を迎え、16-17シーズンのポルトガルリーグもいよいよ折り返しを迎える。今回は2016年のポルトガルリーグを振り返り、新年の注目ポイントを考察したい。

2016年振り返り

2016年のポルトガルリーグは、チームの中心となる若手選手の台頭と、多くのクラブで起きた監督交代が特徴的であった。

クラブの中心を担う若手選手の台頭

2016年は、特に3強クラブで多くの若手選手が頭角を現した。しかも、彼らがチームを引っ張り、ポルトガルリーグを代表する注目選手へと成長した。

首位のベンフィカでは、2年連続リーグMVPで昨季はリーグ得点王に輝いたジョナスの負傷離脱を受け、U-21ポルトガル代表FW20歳のゴンサロ・グエデスが新エースに。また、アトレティコに移籍したニコ・ガイタンの後釜として、フランコ・セルビが、リーグ戦だけでなくCLでも輝きを放った。

2位ポルトは、3年連続リーグ得点王に輝いたジャクソン・マルティネスの後継者探しを、昨15-16季は失敗。しかし、今季よりBチームからトップチームに定着し、いきなり10番を与えられたアンドレ・シウバが、ここまでリーグトップとなる10ゴールをあげるなど、一気にポルトの新エースに。ポルトガル代表のワントップを任されるほどのスタープレーヤーへと変貌した。また、アトレティコからレンタル移籍してきたディオゴ・ジョッタも、アンドレ・シウバと若手2トップを組み、アシストを量産している。

4位に低迷するスポルティングでは、CLレアル戦で世界に衝撃を与えたジェウソン・マルティンスがひとり気を吐いた。この快速ドリブラーは、ポルトのアンドレ・シウバと同じくポルトガル代表にも選ばれ、世界が注目する若手スタープレーヤーへと成長した。

2017年から始まる後半戦も、彼らがリーグの話題を一身に集める活躍をすることだろう。

近年稀に見る大量の監督解任

16-17季の前半戦は、監督にとって近年最も厳しいシーズンとなった。監督交代が行われたクラブは、全体の60%にものぼる18チーム中11チーム。ブラガにジョルジ・シマオンを引き抜かれたシャービス以外の10チームが、成績不振により監督を解任した。

1位ベンフィカ
監督交代なし(ルイ・ビトーリア)
2位ポルト
監督交代なし(ヌーノ・エスピリト・サント)
3位ブラガ
ジョゼ・ペゼイロ→ジョルジ・シマオン
4位スポルティング
監督交代なし(ジョルジ・ジェズス)
5位ビトーリア・ギマラインス
監督交代なし(ペドロ・マルティンス)
6位リオ・アベ
ヌーノ・カプーショ→ルイス・カストロ
7位シャービス
ジョルジ・シマオン→リカルド・ソアレス
8位マリティモ
パウロ・セーザル→ダニエル・ラモス
9位ビトーリア・セトゥバル
監督交代なし(ジョゼ・コウセイロ)
10位ボアビスタ
エルウィン・サンチェス→ミゲウ・レアウ
11位ベレネンセス
フリオ・ベラスケス→キン・マシャード
12位アロウカ
監督交代なし(リト・ビディガル)
13位パソス・デ・フェレイラ
カルロス・ピント→バスコ・セアブラ
14位エストリル
ファビアーノ・ソアレス→ペドロ・ゴメス・カルモーナ
15位フェイレンセ
ジョゼ・モッタ→ヌーノ・マンタ
16位ナシオナル
マヌエル・マシャード→プレドラッグ・ヨカノビッチ
17位モレイレンセ
ペパ→アウグスト・イナーシオ
18位トンデーラ
監督交代なし(プティ)

ご覧の通り、中位から下位のほとんどのクラブは監督交代を決断。しかし、6位リオ・アベのように、監督を替えたクラブの多くはこのショック療法により順位を上げた。後半戦は、監督交代の遅れたナシオナルやモレイレンセも順位を上げたり、逆に現状維持となっているビトーリア・セトゥバルやトンデーラが場合によっては順位を下げたり、上位に浮上できなかったりと、中位から下位のチームが順位を入れ替える混戦が予想される。

2017年の注目選手/監督/クラブ

上述した若手スタープレーヤーの活躍と、中位から下位チームの混戦も、もちろん2017年の注目ポイントだろう。ここでは後半戦のポルトガルリーグを盛り上げるであろう注目の選手、監督、クラブをそれぞれ予想する。

注目選手

ヤシン・ブライミ

クラブ史上最悪となる4試合連続スコアレスドローを演じ、一時はヌーノ・エスピリト・サント監督の解任も噂されたポルト。しかし、同監督に干され気味であったこの昨季のポルトのエースが、オタービオ・モンテイロの負傷離脱を機にスタメンを取り戻すと、得点力が大爆発。ブライミがスタメンを取り戻した5試合では、レスター戦の5得点を含む、14ゴールをチームであげ、4勝1分と高い勝率を取り戻した。今冬の移籍市場で、アーセナルやユベントス、ローマなどからの引き抜きの噂もあるが、もしポルトに残留すれば、チェルシーのイバノビッチを翻弄した昨季のような輝きを再度放ってくれるだろう。

注目監督

ジョルジ・シマオン(ブラガ)

昨季はパソス・デ・フェレイラをリーグ上位の7位に導き、今季も2部上がりのシャービスをサプライズとなる7位に押し上げていた。この40歳の若手監督は、現在国内No.1の若手監督といっても過言ではなく、その手腕が評価され、ジョゼ・ペゼイロを解任した強豪ブラガにシーズン途中ながら引き抜かれた。現在チームはリーグ3位を維持しており、あわよくば2位浮上など、3強体制を崩す活躍が期待できる。

注目クラブ

ブラガ

上述のジョルジ・シマオンが監督就任したリーグ3位のブラガ。低迷する4位スポルティングを暫定で上回っており、この好調を維持し、スポルティングが不調から抜け出すことができなければ、3強体制を打ち崩すことも夢ではない。2位ポルトは調子を上げてきたがブラガとの勝ち点差は2。同6の首位ベンフィカはまだ遠いが、ポルトを超えて2位へと上り詰める目標も可能性としては現実的だ。後半戦は、ジョルジ・シマオン率いるブラガが3強体制を終わらせるのか、ポルトガル屈指の強豪クラブが台風の目となれるかが注目である。

以上、ポルトガルリーグ激動の2016年を振り返り、2017年の注目ポイントを予想した。若手選手の宝庫であるポルトガルリーグの後半戦に、世界のメガクラブも引き続き関心を寄せることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

【ミニコラム】柴崎岳よ、ポルトガル2部ポルティモネンセへ行け!3つの理由を論じる

クラブW杯で欧州王者レアル・マドリード相手に衝撃の2ゴールを決め、世界中のメディアで取り上げられる時の人となった鹿島アントラーズMF柴崎岳。自身が希望するリーガ・エスパニョーラのクラブからの関心があったことも報じられるようになってきたが、ふとぽるは、そんな柴崎岳の海外初挑戦の舞台に、ポルトガル2部ポルティモネンセを推薦したい。その理由は以下3点だ。

1.金崎夢生が取り持ち深めた鹿島とポルティモネンセの絆

ポルティモネンセといえば、現在鹿島のエースを務める金崎夢生が、かつて10番を背負ったクラブ。金崎の活躍により、ポルティモネンセは日本サッカーへの関心を高め、また、鹿島アントラーズと良好な関係を築き上げた。実際に、今季はチームのエースストライカーであったファブリシオを鹿島にレンタル移籍させていたし、クラブW杯には、ディレクターである元浦和MFポンテ氏やCEOサンパイオ氏も来日していた。ポルトガルのクラブでは珍しく、鹿島に、そして日本人に理解が深いクラブなのである。

さらに、ポルティモネンセにはブラジル人の父を持つ亀倉龍希が所属していることもメリットになる。初めての海外での生活をともにできる日本人であり、ポルトガル語を話せる亀倉の存在によって、ピッチでのパフォーマンスにも密接に関わる語学面の心配も軽減されるだろう。

ポルティモネンセには、柴崎が初の海外挑戦に集中できる環境が整っているのだ。

2.ポルティモネンセは現在2部で首位で、監督は4年連続で2部クラブを1部に導いている昇格請負人。ポルトガルの3強が目前に

ポルティモネンセは2部所属とはいえ、昨季は昇格の一歩手前であるリーグ4位に輝いた強豪。現在はここまで首位に立ち、1部昇格の最右翼となっている。監督は「昇格請負人」ことビトール・オリベイラ。これまで9クラブを1部に導き、現在は4年連続で2部クラブを昇格させている名将である。もし柴崎がこの冬にポルティモネンセへ移籍すれば、ポルトガル2部の厳しいフィジカルコンタクトを経験した後、来夏からは、強豪ひしめく1部リーグに挑戦できる可能性があるのだ。

参考記事:昇格請負人ビトール・オリベイラ

亀倉所属ポルティモネンセが、9度昇格経験の「昇格王」を新監督に招聘へ

ポルトガル1部といえば、ポルトやベンフィカ、スポルティングなど、欧州のメガクラブが熱視線を寄せる名門が在籍する注目市場。ステップアップを目論む選手にとっては、この上ない登竜門である。1部の下位クラブで活躍した選手は、このポルトガルの3強へ引き抜かれるのがポルトガルリーグの伝統であるため、柴崎も実力と運が味方すれば、来年の冬には早くも、例えばポルトでプレーしていることも可能性としては否定できない。

ポルトガルリーグには優秀な司令塔が不足していることも柴崎にとっては追い風となる。ポルティモネンセが1部にあがり、そこで3強の目に留まる活躍をしさえすれば、パソスでリーグ3位に輝き、翌年ポルトへ移籍した元ポルトガル代表ジョズエや、セトゥバルへのレンタルから復帰後にスポルティングで大爆発し、インテルに羽ばたいた現ポルトガル代表10番ジョアン・マリオらが辿ったキャリアを再現することも可能だ。

3.金崎夢生が体の強さやトランジションの速さを手にし、日本代表に登りつめたリーグ

今でこそ、金崎夢生は相手選手を背負ってもボールを取られない強靭なフィジカルや、奪われた際のトランジションの速さが日本代表にも選ばれる強みと知られるようになったが、それまでは典型的なドリブラータイプだったことは記憶に新しい。筆者は、ポルトガルで2試合ほどポルティモネンセ金崎の試合を生で観戦し、今の金崎夢生の強みは、ポルティモネンセ時代に培われたと感じている。多くの2部リーグがそうであるように、ポルトガル2部もフィジカルコンタクトが非常に激しいリーグであり、柴崎がまだ未熟さを残す、ボール奪取の迫力やボールを奪われた際の切り替えの速さなど、トップ選手になるためには鍛えておくべき弱点を強化できるチャンスが転がっているのだ。しかも、1部に上がれば、その機会はさらに濃厚なものに。ポルティモネンセが1部に昇格すれば、ポルトガルの3強からは終始攻撃の嵐を浴びせられることだろう。中盤で粘って失点に耐え、ボールを奪ったら速攻を仕掛けて得点を素早く奪うという経験から、弱点を強化できるのだ。

以上のように、筆者が柴崎をポルティモネンセへ推薦する理由は、ポルティモネンセが来夏よりポルトガル1部で戦う可能性が高く、ポルトやベンフィカ、ひいては欧州トップレベルの名門クラブに引き抜かれるシナリオもあり得るからだ。もし柴崎がポルトガルリーグで、ポルトのU-21スペイン代表オリベル・トーレスや期待のブラジル人オタービオ・モンテイロ、ベンフィカのポルトガル代表ラファ・シウバや、スポルティングのポルトガル代表アドリエン・シウバらと肩を並べる司令塔であると自身の価値を証明できれば、将来はクラブW杯で惜しくも敗れたレアル・マドリードに、CLの舞台で借りを返すことも夢物語ではない。

クラブW杯での2ゴールで世界への道が急速に拓けた柴崎岳。世界が注目する日本人MFはどのようなキャリアを選択するのだろうか。

ポルトガル3強、16-17夏の補強診断。最も的確な補強を実現させたチームは!?

16-17シーズン夏の移籍市場が閉幕した。世界的な大型補強の余波に晒され、例年以上に名プレーヤーが巨額の富を残し流出したポルトガルリーグであるが、その覇権を争う「3強」はこの移籍市場でライバルに打ち勝つ補強を実現できたのだろうか。以下、ベンフィカ、スポルティング、そしてポルトの補強実績を評したい。(以下、主な移籍リストは全選手を網羅したものではないことご了承ください)

ベンフィカ

目玉補強
ラファ・シウバ


(ポルトガル代表の若手選手の中で実績No.1と言えるスーパースターを獲得)

リーグ3連覇中のベンフィカは、退団選手の穴を的確に埋める「ピンポイント補強」で、効率的かつ効果的なチーム強化を実現した。

チームを長年支えたエースの10番ニコ・ガイタンの後釜には、「ディ・マリア2世」との呼び声高いフランコ・セルビ、そして、昨季マラガの10番を背負ったリカルド・オルタの実弟であるU-21ポルトガル代表アンドレ・オルタを補強。さらには、スポルティングからの移籍志願で干され、昨季ベンフィカが獲得を決定させたWGアンドレ・カリージョがいよいよ本格的に加入する。

また、EURO2016にて大ブレイクし、バイエルンに引き抜かれたレナト・サンチェスの代替には、U-20ブラジル代表のキャプテンを務めたダニーロ・シウバを獲得。そして何と言っても、今季最大の目玉補強はポルトガル代表期待の若手ラファ・シウバ。ポルトとの争奪戦を制し、ブラジルW杯にも参加した念願の若手代表MFの獲得に漕ぎ着けた。(ただし、デビュー戦で早速負傷離脱の不運に見舞われた)

ポルトガル王者にしては例年ほど選手の入れ替えはなく、メガクラブからの主軸選手引き抜きもガイタンとレナトのみに抑え、ビクトル・リンデロフゴンサロ・グエデスネウソン・セメードなど各国代表クラスの慰留に成功。まさしく、リーグ4連覇へ視界良好といったところだろう。

補強採点:90点
放出採点:60点
マーケット総採点:150点

主な移籍
【放出】
レナト・サンチェス→バイエルン
ニコ・ガイタン→アトレティコ
タリスカ→ベジクタシュ(レンタル)
【加入】
フランコ・セルビ←ロザリオ・セントラル
ダニーロ・シウバ←ブラガ(レンタル)
アンドレ・カリージョ←スポルティング
アンドレ・オルタ←ビトーリア・セトゥバル
ラファ・シウバ←ブラガ

スポルティング

目玉補強
マルコビッチ


(ベンフィカ時代にはリーグMVP級の活躍でジョルジ・ジェズスとともにリーグ制覇を経験)

ベンフィカとポルトに比べ、マーケット閉幕間近まで穏やかな補強を進めていたスポルティングだが、残り1週間で急激な舵取りを強いられた。チームの中心選手であった欧州王者の10番ジョアン・マリオと、エースFWアルジェリア代表イスラム・スリマニが、それぞれ最高4500万ユーロと3500万ユーロもの大金を残し、欧州の強豪クラブへ引き抜かれたのだ。

トップ下でも右サイドでも戦える攻撃的MFジョアン・マリオの後釜には、アーセナルのジョエル・キャンベルをレンタルで獲得し、さらに監督ジョルジ・ジェズスの教え子マルコビッチをリバプールから補強。しかし、監督自身が「彼らは2年間何も成し遂げていない」と、メガクラブからレンタル加入する選手に過剰な期待を寄せるメディアを抑制した。

また、ジェズスが「ポケモンを探しに行く」と例えて獲得に漕ぎ着けた新エース候補バス・ドストを昨季30ゴール以上を記録したスリマニと「同じような特徴を持っている」と比較しながらも、昨季のグティエレスとスリマニのコンビほど得点を量産できるかについては「現在のFW陣では疑わしい」と厳しい目を向けた。

クラブからの退団意思を示したキャプテン、アドリエン・シウバの慰留には成功したが、ジョアン・マリオとスリマニ放出の影響は甚大。マーケット閉幕間際に大量獲得した新戦力の活躍次第で、昨季惜しくも逃したリーグ王者の座を奪還できるかどうかが決まるが、小粒な選手が揃った感は否めない。マルコビッチがベンフィカ時代のパフォーマンスを取り戻せるかなど、補強の成否はかなりの未知数だ。

補強採点:70点
放出採点:50点
マーケット総採点:120点

主な移籍
【放出】
アルベルト・アクイラーニ→ペスカーラ
アンドレ・マルティンス→オリンピアコス
ジョアン・マリオ→インテル
テオ・グティエレス→ロザリオ・セントラル(レンタル)
イスラム・スリマニ→レスター
カルロス・マネー→シュツットガルト(レンタル)
【加入】
ベト←無所属
エリアス←コリンチャンス
アンドレー←コリンチャンス
ジョエル・キャンベル←アーセナル(レンタル)
マルコビッチ←リバプール(レンタル)
バス・ドスト←ウォルフスブルク
ルーク・カスタイニョス←フランクフルト

ポルト

目玉補強
オリベル・トーレス


(リーグベストイレブンの輝きを放った14-15シーズン以来の復帰)

未だ、フッキやラダメル・ファルカオ、ジャクソン・マルティネスら歴代の名ストライカーの後継者を見つけられず、試行錯誤を繰り返すポルト。昨季チームを指揮した現スペイン代表監督フレン・ロペテギが得点力不足解消をかけて整備したFW陣、すなわち、ソク・ヒョンジョンやムサ・マレガ、バンサン・アブバカルらを一斉に放出。代わりに、アトレティコMFオリベル・トーレスを復帰させ、昨季パソスで2桁得点を記録したワンダーボーイ、ディオゴ・ジョッタを同じくスペインのメガクラブから補強した。さらに、小柄な技巧派MFに加え、ゲンクの点取り屋ベルギー代表FWローラン・ドゥポワトルという191センチの長身FWを獲得。トルコリーグへ放出した余剰新戦力3名全員が備えた高さ・強さを1人の9番に集約させた。

このように的確に余剰戦力を放出し、攻撃陣を刷新したポルトだが、その他のポジションでは理想の補強とは程遠い結果となった。リオ五輪ポルトガル代表10番ブルーノ・フェルナンデスはポルトの誘いに乗らずイタリアに残留。ポルトガル代表MFラファ・シウバはよりによって最大のライバル、ベンフィカへ譲り渡し 、レンタルでの復帰を画策したマンチェスター・シティCBマンガラもバレンシアに強奪されるなど、補強の成果はいまひとつ。極め付けは、チームの浮沈を左右するのが、彼ら補強組ではなく、Bチーム上がりの20歳、新10番アンドレ・シウバという事実だろう。新戦力の活躍いかんよりも、開幕から好調を維持し、ポルトガル代表デビューも果たした新エースが、ジャクソン・マルティンスの如く得点を量産できるかが最重要な鍵となる。

ただし、今季のポルトは主力選手を1人も欠くことなく新シーズンを迎えることに。ナポリ移籍が間近にあったエクトル・エレーラや、エバートンへの移籍が濃厚とされたブライミらの残留に成功した。チームの土台はほぼ変わらず、新任監督というハンデを乗り越えられるだろう。

補強採点:70点
放出採点:90点
マーケット総採点:160点

主な移籍
【放出】
ブルーノ・マルティンス・インディ→ストーク・シティ(レンタル)
ジョズエ→ガラタサライ(レンタル)
アルベルト・ブエーノ→グラナダ(レンタル)
ムサ・マレガ→ビトーリア・ギマラインス(レンタル)
ソク・ヒョンジョン→トラブゾンスポル(レンタル)
バンサン・アブバカル→ベジクタシュ(レンタル)
【加入】
フェリペ←コリンチャンス
アレックス・テレス←ガラタサライ
ボリー←ブラガ
ジョアン・カルロス・テイシェイラ←リバプール
オリベル・トーレス←アトレティコ(レンタル)
ディオゴ・ジョッタ←アトレティコ(レンタル)
オタービオ←ビトーリア・ギマラインス
ローラン・ドゥポワトル←ゲンク

©FutePor -ふとぽる-

16-17季から新たに日本人とプレーするポルトガルリーグ関連4選手をご紹介

ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したポール・ポグバや、ユベントスがその巨額な移籍金でナポリから強奪したゴンサロ・イグアインなど、歴史的なビッグディールが見られた2016-17シーズン夏の移籍市場。ポルトガルリーグでも、3500万ユーロでバイエルンに移籍したレナト・サンチェスやインテル史上最高額とも言われる移籍金でスポルティングから移ったジョアン・マリオなど、リーグの歴史に名を刻む大型取引が頻発した。

多くのポルトガルリーグ所属選手が国外に活躍の場を移した今夏。その影響の余波は日本にも到達しそうであり、先のジョアン・マリオのように、数名の選手が仲間としてまたはライバルとして日本人海外組が所属するクラブへ加入した。そこで今回は、日本人所属クラブへ加入したポルトガルリーグ出身者を4名選抜。日本代表選手のプレーに直接的に影響を与えるであろうツワモノたちを紹介する。

1.ジョアン・マリオ
スポルティング→インテル

インテル歴代最高額とも言われる4500万ユーロの移籍金で加入した欧州王者の10番は、長友佑都とチームメイトに。中盤で攻守に渡り汗をかくそのプレースタイルは、日本代表不動のLSBに通ずるものがある。運動量豊富な両者のパフォーマンスは、覇権奪還を目指すインテルの順位に直接的に影響を及ぼすことだろう。

2.ラファエル・ゲヘイロ
ロリアン→ドルトムント

ファビオ・コエントランの代役としてEURO2016で主力級の活躍をし、大会ベストイレブンに選ばれたポルトガル期待のLSB。大胆にサイドを駆け上がり攻撃に厚みを与えるゲヘイロの特徴は、香川真司の得点数にも貢献する。

3.イスラム・スリマニ
スポルティング→レスター

日本代表監督ハリルホジッチがチームのエースとして信頼を寄せる岡崎慎司に強力なライバルが登場した。そのハリルホジッチがブラジルW杯で率いたアルジェリア代表で、エースFWとして4試合で2ゴールを挙げ大躍進に貢献したのが、今季スポルティングからレスターに加入したスリマニである。スポルティングでも不動のエースに成り上がり、3年間の集大成となった15-16シーズンには、46試合で31ゴールを記録するなど、現在がキャリアのピーク。レスターは最高3500万ユーロにものぼる大金を積み上げ、スリマニを新エースとして獲得しており、昨季のエースFWバーティーと岡崎を含めた熾烈なスタメン争いが予想される。

4.カルロス・マネー
スポルティング→シュツットガルト

ルイス・フィーゴやクリスティアーノ・ロナウド、ナニにリカルド・クアレスマなど、スポルティングアカデミーが輩出してきた名ウインガーの系譜を継ぎ得る存在。この2年間は出場機会に恵まれず、シュツットガルトへレンタルされることに。リオ五輪に母国代表のジョーカーとして参加した俊敏ドリブラーは、同じくアーセナルからシュツットガルトへ貸し出されたリオ五輪世代浅野拓磨にとって強力なライバルとなる。同じリオ五輪世代の両選手。ともにスポルティングとアーセナルという所属クラブへの復帰を目指し、ポジションを争いながら切磋琢磨して成長していくことだろう。

ポルトガル代表としてヨーロッパチャンピオンに輝いたジョアン・マリオとラファエル・ゲヘイロは、長友と香川の頼れるチームメイトに。かたや、スポルティングの得点王スリマニと同クラブ期待の星マネーは、岡崎と浅野という日本代表の新旧エースFWにとって越えがたい強力なライバルになった。この4選手が日本代表海外組と所属クラブでどのようなプレー・スタメン争いを演じるのか、16-17シーズンの見所になるだろう。

©FutePor -ふとぽる-