カテゴリー別アーカイブ: レジェンド

「カズミウラが50歳を前に契約更新」三浦知良に関するポルトガル5メディアの報道を紹介

横浜FCの三浦知良がクラブと契約を延長した。翌月2月26日には50歳を迎える同選手の契約更新は世界でも注目されており、ポルトガルメディアも多くがこの偉業を取り上げた。

ポルトガルメディアの多くが紹介したのは、三浦知良が32シーズン目を迎えるにあたり契約更新を果たしたこと、そして翌月には50歳を迎えること。また、これまで渡り歩いたキャリアや、昨季セレッソ大阪戦で更新したJリーグ最年長得点記録について。以下、ほとんどのメディアが同様の内容を扱っているため、タイトルのみを翻訳し、各メディアの報道を紹介する。

OJOGO「ミウラが50歳を迎える1ヶ月前に契約を延長」

Record「カズミウラが契約延長、50歳でプレーへ」

「Rei Miura」と「キングカズ」の愛称をポルトガル語で紹介。

Público「カズミウラ、疲れを知らないフットボーラー」

SAPO Desporto「カズヨシミウラが49歳で横浜FCと契約延長へ」

maisfutebol「レジェンドミウラが契約延長…なんと50歳」

約半世紀の年を経ても、サッカーをプレーしている選手は世界でも希少。その偉業にポルトガルメディアも関心を寄せているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ロナウジーニョがポルトガルへ!肩を組んで写真に写るのは…日本人?

『Record』

元ブラジル代表のレジェンド、ロナウジーニョがポルトガルを訪れた。

かつての同僚ルイス・フィーゴ氏とリスボンで行われた「WEb Summit」に参加したロナウジーニョは、その後ポルトガル南部のクラブ、ポルティモネンセを訪問。鹿島アントラーズの金崎夢生が所属していたポルトガル2部クラブの関係者4名と写真を撮影した。

その中には、ブラジル代表フッキの代理人として知られるテオドロ・フォンセッカ氏、鹿島アントラーズに同クラブのファブリシオが移籍した際にともに来日したディレクターのサンパイオ氏。そして、ロナウジーニョと肩を組んで写ったのが、フォンセッカ氏の息子でありポルティモネンセでプレーする日本人FW亀倉龍希選手。ブラジルのレジェンドと、ブラジル人の父を持つ日本人選手が夢の共演を果たしたのだった。

©FutePor -ふとぽる-

下町ロケット出演の今をときめくイケメン俳優が、ポルトガルのレジェンドと偶然の対面!


池井戸潤原作の日曜映画劇場「下町ロケット」に出演し、最近では映画「青空エール」の番宣で忙しい俳優の竹内涼真さんが、自身のTwitterに衝撃の画像を投稿した。

なんと、パリでトランジットの間に元ポルトガル代表のレジェンド、ルイス・フィーゴと偶然の対面を果たしたようだ。さすがはレジェンド、知らない日本人のセルフィーにも笑顔で写った姿が印象的だ。

Wikipediaによると、竹内さんの趣味・特技はサッカーだという。サッカーファンだからこそ、世界的レジェンドに会えた喜びはひとしおだったのだろう。

ちなみに、竹内さんは現在ポルトガルの首都リスボンに滞在しているようだ。

©FutePor -ふとぽる-

アイマール、母国アルゼンチンの6部リーグで現役復帰か

『Record』

36歳の元アルゼンチン代表のレシェンドFWパブロ・アイマールに現役復帰の可能性が生じている。

アルゼンチン6部リーグの開幕が2日後に迫った金曜日、アイマールの出身地の街クラブであるエストゥディアンテス・デ・リオクアルトの登録メンバーに同選手の名前が記載されたという。ちなみにそのリストには、弟であるリカルド・アイマールの名も含まれていたようだ。

アイマールは1年前、復帰したリーベルプレートで僅かな活躍をするにとどまり、現役を引退していた。かつてベンフィカの10番を背負った名選手が、再びピッチで輝くことはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ネット上で「殺された」元ポルトガル代表FWリエジソンが自身の死亡説を否定

『SAPO Desporto』

かつてポルトガル代表のエースFWとして活躍したリエジソンが、SNS上に流れていた自身の「死亡説」を否定した。

今週末、リエジソンに突如「死亡説」が流れた。SNS上で、脳血管疾患によって死亡したとの噂が拡散したのである。これに対し、リエジソンは「私は生きている。どこからこの嘘が流れたんだ?」とInstagramに記載。代理人であるマルセロ・ロバリーニョもFacebook上で「彼は生きているし、健康そのものだ」と否定した。

一体死亡説はどこから流れたのか。ひとまず、リエジソンの「無事」は確認できたようだ。

©FutePor -ふとぽる-