カテゴリー別アーカイブ: レジェンド

カカ「ルイ・コスタは僕の先生だ」。メッシとクリロナについても語る「天才と現代のアイコン」

『A BOLA』

アメリカ・メジャーリーグ・サッカーのオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカが、火曜日に『Le Buteur』のインタビューに応じた。33歳とすでにベテランの域に達した同選手は、若きACミラン時代を思い出し、同僚の元ポルトガル代表MFルイ・コスタについて語った。

「ルイ・コスタは、よくハーフタイムになると僕にアドバイスをくれた。すべてが適切なものだったね。どのように僕が相手選手からフリーになればよいか、スペースを作るための最善の方法を教えてくれた。僕のことをすごく助けてくれたんだ」

スペースへ飛び出しゴールを量産するカカの強さは当時のミランの武器であったが、その陰にはクラブで10番を背負った先輩からの助言があったようだ。カカは、ルイ・コスタとは先生・生徒のような関係だったのかと尋ねられ、こう答えた。

「その通り!振り返ってみても、本当に先生・生徒の関係だったね」

カカといえば、「メッシ・クリロナ」対決が始まる前にバロンドールを獲得した「地球上最後のバロンドーラー」と例えられている。2007年に同選手がミランで世界一の選手に輝いてからは、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシが、最高峰の栄誉を独占している(クリスティアーノは3回、メッシは5回獲得)。他の選手が付け入る隙はなく、まさに「地球外の争い」の様相を呈しているが、異次元の戦いを繰り広げる両者についてもコメントした。

「メッシとクリスティアーノが怪物級の選手であることは真実だね。メッシは天才であり、クリスティアーノは現代サッカーのアイコンだ。強靭で、左右両足を使える。ヘディングも強く、セットプレーでも優れている。だから「現代サッカー」と言ったんだ。彼らがこの世代を代表していることは疑いようがない」

最後のバロンドーラーが語った規格外の2選手。「天才」メッシと「現代サッカーの申し子」クリスティアーノ。同じレベルにあった世界最高峰のMFの言葉は、両選手を端的に表している。

©FutePor -ふとぽる-

デコが語るポルトガルNo.1監督と自らの後継者として期待する5選手

『zerozero.pt』

元ポルトガル代表のスター、デコが『A BOLA』のインタビューに回答。今夜控えるスポルティング対ポルトのクラシコについてコメントした。

まず、激戦を繰り広げる両監督について、どちらが優れた監督か、自らの考えを明かした。

「確かにロペテギが優れた監督だということに疑いはない。ポルトに良いものを持ち込み、良いチームを作る術を知っている。しかし、対するはジョルジ・ジェズスだ。彼はポルトガルNo.1の監督であり、ポルトガルサッカーの現実をよく知っている」

続いて自らの後継者について尋ねられたデコ。自身の2世に限らず、期待する5選手の名前を挙げた。

「それは難しい質問だね。好きな選手はたくさんいる。ポルトにはハイレベルなMFが3人いる。ルーベン・ネーベスにアンドレ・アンドレ、そしてダニーロだ。それから個人的には、スタイルは違えど、バレンシアのアンドレ・ゴメスは好きだ。ただ、MFよりも前線の選手だけどね。しかし、おそらくもっと率直に答えるとしたら、ベルナルド・シウバになるだろう。僕は彼のことをとても気に入っている」

デコも注目するスポルティングとポルトのクラシコは、本日現地時間20時45分より開戦する。

©FutePor -ふとぽる-

同郷の恩師モウリーニョの復調を信じるフィーゴ「彼を信じれば勝利を取り戻すのはたやすい」

『A BOLA』

ここまでプレミアリーグで3連敗を含む7敗を喫し、首位マンチェスター・シティと勝ち点15差の16位に沈むチェルシー。ジョゼ・モウリーニョ監督の進退も頻繁に報じられ、チームは未だ調子を取り戻せていない。

そんな中、解任が噂されるモウリーニョ監督について、かつてインテルで教えを受けた同郷のレジェンド、フィーゴ氏がコメントを残した。

「監督の人生というのはこういうものだ。結果は保証されていないが、このあまりポジティブではない状況のために、彼のクオリティに疑問を投げかけることはできないだろう。モウリーニョが、これまで何度もそうしてきたように、この危機を乗り越えられると信じて疑っていないさ。最も重要なことは、彼を信じることだ。そうすれば、勝利を取り戻すのはよりたやすくなるはずだ」

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルのレジェンドFWパウレタがリーグ無敗を維持する2強のエースを称賛

『A BOLA』

かつてポルトガル代表のエースストライカーとして活躍し、現在はポルトガルサッカー協会のディレクターを務めるパウレタが、ポルトガルリーグで無敗を続けるスポルティングとポルトの両エースについて称賛の言葉を残した。

スポルティングのエース、アルジェリア代表スリマニに関してはこのようにコメントした。

「偉大なフォワードだ。ポルトガルに来た当初は、まだ名が知られていなかったね。でも適応してからはスポルティングにとって不可欠な存在となった。本物のストライカーであり、彼の将来は明るいだろう」

スリマニには、イングランドやスペイン方面からの関心の噂が絶えない。先日は、レスターやウェストハム、スウォンジーにトッテナムなど、複数のプレミアクラブからの興味が伝えられていた。同選手がヨーロッパ主要リーグで活躍できるか否かについて尋ねられたパウレタは以下のように続けた。

「心のそこから(活躍できると)信じている。ブライミのようなテクニックはないが、トップクラスに到達できるすべてのクオリティを備えたフォワードだ」

パウレタがスリマニとの比較にブライミを取り上げた理由は、同インタビューにて、このポルトFWを称賛していたからだろう。

「ブライミは、あのテクニックから、注目選手の1人になっているね。本当にトップレベルの選手だよ。影響力があり、どんな場面でも違いを作り出せる。どのビッグクラブでも活躍し得るだろう」

その言葉通り、ポルトでエースとして活躍するブライミには、チェルシーやパリ・サンジェルマンなどメガクラブからの関心が伝えられている。そして、後者はパウレタがかつて歴史を作った古巣である。

「(PSGの補強として)十分な技術的クオリティを備えている。そして、彼が成長を続け、その才能を発揮するのに適したクラブだろう」

もう時期幕を開ける冬の移籍市場では、パウレタが絶賛した2名のクラッキがメディアを賑わせることだろう。アフリカ生まれの両エースが無敗のチームをけん引する。

©FutePor -ふとぽる-

デコが古巣の恩師にエール「プレミアでは勝ち点9や10の遅れは取り返せる」

『SAPO DESPORTO』

かつて、ポルトでモウリーニョのもと印象的な活躍を見せ、ともにビッグクラブへの道を歩み始めた元ポルトガル代表MFデコが、苦しい状況が続く恩師と古巣チェルシーに向けてエールを送った。

「プレミアリーグは、ここ数年に比べて競争力が高まっている。とても厳しい戦いになるだろうね。すべてのチームがクオリティの高い選手を抱えているのだから。でもシーズンは長い。チェルシーはまだタイトルを獲得できると思っている」

「もちろん、チームが立て続けに敗れていたらすべてが難しくなる。でも、プレミアリーグでは、勝ち点9や10の遅れは取り返せるんだ。それにモウリーニョは世界一の監督の1人であり、僕が一緒に働いた監督の中でもベストだ。彼は自分のチームと選手のことをよく知り、何をするべきなのか分かっている。昨シーズンにはチャンピオンになったのだから」

愛弟子のエールを受け、モウリーニョは逆境を乗り越えることができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-