カテゴリー別アーカイブ: 海外リーグ監督

「右腕」にアーセナル監督就任の噂。モウリーニョは意思を尊重「荷物をまとめ、旅立つのを助けるまで」

『A BOLA』

ポルトガル人監督レオナルド・ジャルディン(現モナコ)や、パウロ・フォンセッカ(現シャフタール)らとともに、アーセナルの次期監督候補として挙がってあるルイ・ファリア(現マンチェスター・ユナイテッドアシスタントコーチ)。長らく「右腕」として活躍してきたアシスタントコーチが、自身のもとを離れてライバルチームの監督になる噂について、ジョゼ・モウリーニョが口を開いた。

ルイ・ファリアが、ガナーズに栄光をもたらすだけの能力があるのかと問われ、モウリーニョはその能力への信頼を強調。長らくともに歩んできた友人の決断であれば喜んで尊重する意思を示した。

「イエスだろう。彼がトップチームの監督になりたいかどうかは分からないが、今や、彼がその地位に相応しいことは疑っていない。こう言っているのは、私の友人としてというよりも、私のアシスタントとしてだ。自分の友人が素晴らしい仕事を得るチャンスを手にしたのなら、荷物をまとめ、運ぶのを助けるまでだ。もし実現すれば、私は幸せに感じる最初の人間になるだろう。なぜなら、彼がまだ大学生の青年であった頃から18年もの時をともに過ごし、単なるアシスタント以上に偉大な友人であると思っているからだ」

モウリーニョの腹心からトップチームの監督として独立するケースは、ポルト、チェルシー、インテル時代に試合分析スタッフを務めていたアンドレ・ビラス・ボアスの例が記憶に新しい。母校のポルト大学院では神格化されているこのルイ・ファリアも、ビラス・ボアスと同じ人生を歩み、モウリーニョのもとを旅立つのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

オーストラリア、ロシアW杯に臨む新監督にスコラーリを招聘か。過去にはブラジルを率いて優勝

『Record』

2018年ロシアW杯に臨むオーストラリア代表の新監督に、ブラジル人監督ルイス・フィリペ・スコラーリが就任する可能性が浮上した。『Reuters』に対して、監督自身がオーストラリア代表からの興味を認めた。

スコラーリは、11月に3度のリーグ優勝を果たした広州恒大の監督を退任して以来、フリーの身となっていた。同様に、オーストラリアも先月、ホンジュラスとのプレーオフの末に本大会への切符を手に入れたアンジェ・ポステコグルー監督が電撃辞任して以来、本大会に臨む代表監督を探している。

過去にはJリーグのジュビロ磐田を率いた経歴も持つスコラーリ監督は、2002年の日韓W杯でブラジルを優勝に導いた名将。その後率いたポルトガル代表では、自国開催のEURO2004で準優勝、2006年ドイツW杯でベスト4に進出している。クラブチームでは、チェルシーなどを率いた経歴を持つ。

2014年には母国開催のブラジルW杯で代表チームを率いたが、ドイツに7-1の歴史的大敗を喫し、それ以来代表チームから遠ざかっているW杯優勝監督。自身4度目となるW杯参戦は、日本のライバル国でもあるオーストラリアとなるのだろうか。

なお、ロシアW杯でオーストラリアはグループCに所属し、フランス、ペルー、デンマークとグループステージを戦う。

©FutePor -ふとぽる-

上海上港、ビラス・ボアスの後任が決定。ポルト時代の「バトンタッチ」が再び実現!

『A BOLA』

アンドレ・ビラス・ボアスの退任が決まっていた中国スーパーリーグの上海上港が、新たにポルトガル人指揮官ビトール・ペレイラを招聘したことを正式に発表した。

49歳のポルトガル人監督は、これまでポルトやオリンピアコス、フェネルバフチェなどの強豪クラブを指揮。16-17シーズンに1860ミュンヘンを退任して以来、フリーの身となっていた。

アンドレ・ビラス・ボアスの後任にビトール・ペレイラが就任するのは、今回で2度目。2010-11シーズンにビラス・ボアスがポルト就任1年目でリーグ無敗優勝とEL制覇を含む4冠の偉業を成し遂げ勇退した翌年、アシスタントコーチであったビトール・ペレイラがチームを引き継いだ。その後、ビトール・ペレイラ率いるポルトは、無敗優勝を含むリーグ2連覇を達成。同監督は、ポルトが3連覇を果たした黄金期を支えた。

オリンピアコスでギリシアリーグを制して以来、タイトルに見放されているポルトガルリーグ無敗優勝経験者。次なる挑戦は、パウロ・ソウザ、パウロ・ベントに続き、3人目のポルトガル人監督が誕生した中国となった。

©FutePor -ふとぽる-

パウロ・ベントの横浜F・マリノス行きは実現せず。中国行きが正式発表

『A BOLA』

元ポルトガル代表監督パウロ・ベントが、中国スーパーリーグを10位で終えた重慶力帆の監督に就任したことが正式発表された。

48歳のポルトガル人監督には、同クラブの他にも、横浜F・マリノスへの就任の噂もあったが、最終的には中国行きを決断。2014年にブラジルW杯に出場したポルトガル代表監督を退任してから、ブラジル、ギリシアに続き3国目の挑戦となった。

日本にとっては、EURO2012でベスト4に進出した世界的名将の到来が実現しない、残念な知らせとなった。

©FutePor -ふとぽる-

横浜F・マリノスだけじゃない!?パウロ・ベントに中国行きの噂も浮上

『Record』

ポルトガルメディア『zerozero.pt』により、横浜F・マリノス監督就任の噂が報じられた元ポルトガル代表監督パウロ・ベントに、同時に中国リーグ行きの可能性も浮上した。

ポルトガル3大サッカーメディアの一角である『Record』によると、ブラジルW杯ポルトガル代表監督に、今季中国リーグを10位で終えた重慶力帆への監督就任の可能性があるようだ。同メディアは、「中国がパウロ・ベントにとって次なるキャリアになりそうだ」とし、同監督と重慶力帆との交渉を「非常に進んだ状況にある」と報じた。

ポルトガルメディアの中でも、一方ではJリーグ移籍、もう一方では中国行きの噂が報じられているパウロ・ベントの争奪戦。同国メディアの情報ではどちらのクラブとも交渉中であることから、同監督の招聘は金銭面などその交渉次第となりそうだ。

©FutePor -ふとぽる-