カテゴリー別アーカイブ: 海外リーグ選手

ポルトガル人アナリストがゲンク伊東純也に期待「中島と同様、短期でインパクトを残す」

ポルトガル屈指のアナリストで同国メディア『GoalPoint』でもパフォーマンスアナリストを務めているティアゴ・エステバオン氏が、柏レイソルからベルギーのゲンクに加入した伊東純也を称賛。自身のSNSで日本人FWへの期待を語った。

「ゲンクは移籍市場で存在感を放ち続けており、今回はイトウを低リスクの取引で獲得した。彼は25歳でナカジマ(中島翔哉)ほどのポテンシャル/リセールバリューはないが、彼同様、短期間でインパクトを残せると信じている。我々GoalPointもスカウティング記事からプロ向けサービスまで、彼を大いに推薦してきた」

「ローンで加入したが、移籍は長期的なものになり得る。ゲンクは現在、12ポイント差で首位に立っており、プレッシャーを感じずにチームに入り込める。また、SamattaやTrossardらとのトリオに完全にフィットするだろう。彼は1対1での強さからゴールへの貢献、守備のサポートまで、全てを持ち合わせている」

ポルトガルでの約1年間でヨーロッパ各国の強豪クラブが欲しがる存在へと成長した中島翔哉。ポルトガルでのそのインパクトを知り尽くすアナリストの期待通りの活躍を、伊東純也はすることができるか。

©FutePor -ふとぽる-

中島翔哉、モウリーニョの元右腕ルイ・ファリアのもとへ。アル・ドゥハイル移籍が正式決定!

ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が、カタールのアル・ドゥハイルに移籍することが決定。クラブが正式に発表した。

「中島翔哉、カタール移籍か?」という衝撃のスクープが報じられたのは、年始の1月16日。ポルトガルメディア『zerozero.pt』が、すでにクラブ間で合意したことを報道していた。

当時はポルトガル3強への加入やプレミアリーグ移籍などの可能性が報じられていたため、上記の報道の信憑性には疑問があった。しかし、スペインの『AS』などが報じた通り、カタール移籍の裏にはパリ・サンジェルマンが関与しており、FFP違反を避けるため中島を一旦カタールでプレーさせ、来夏にはチームに迎え入れる、などの噂が立ち込み、一気に信憑性が高まっていた。

『zerozero.pt』による中島翔哉カタール移籍報道とほぼ同時期に、アル・ドゥハイルはジョゼ・モウリーニョの元右腕として有名なルイ・ファリアの監督就任を発表。2001-02シーズンにモウリーニョがウニアオン・デ・レイリアを指揮していた頃から、そのアシスタントを勤めてきた名参謀が、中島の説得にも関与していたようだ。

中島翔哉は早くもチームの練習に合流し、公式戦デビューに向けて準備を開始。クラブの公式Twitterアカウントが写真を公開している。

移籍の詳細な条件は発表されていないが、パリ・サンジェルマンの関与は真実なのか。CLでのプレーが夢と公言する中島が、なぜカタール行きを選択したのか。舞台裏の真相が明かされることを待ちたい。

©FutePor -ふとぽる

EURO優勝経験のポルトガル代表CBが中国へ?月曜にはメディカルチェック受診との噂

『zerozero.pt』

ウェストハムに所属するポルトガル代表CBジョゼ・フォンテに中国移籍の噂が浮上している。

『zerozero.pt』によると、中国の大連一方が、34歳のベテランCBの獲得を狙っているようだ。同クラブとフォンテが3年契約を結ぶ可能性があり、月曜日にはメディカルチェックを受診予定だと報じている。

昨季、日本代表CB吉田麻也の同僚としてプレーしたサウサンプトンよりウェストハムに移籍するも、今季は怪我の影響でここまで8試合の出場にとどまるなど、出場機会を失ったフォンテ。EURO2016優勝に多大なる貢献を果たしたポルトガルを代表するCBは、ロシアW杯を見据え、出場機会の得られる中国行きを決断するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

大宮がカウエとの契約更新を発表。モレイレンセ初タイトルの立役者が1年でのJ1復帰へ意欲

2018シーズンよりJ2で戦うことが決まった大宮アルディージャが、ブラジル人MFカウエとの契約を更新したことを正式に発表した。

昨季途中にポルトガル1部モレイレンセより加入したカウエ。ポルトガルでは、チームの主軸として1部残留に大きく貢献し、リーグ杯ではブラガとのファイナルで決勝ゴールを沈め、クラブ初のメインタイトルをもたらすなど大活躍。大宮でもクラブを降格の危機から救う役割が期待されていた。

残念ながら、大宮残留の救世主とはなれなかったが、今回の契約更新にあたり、カウエは「アルディージャの目標である一年でのJ1復帰を達成するために、自分のベストのプレーをピッチで出して、味方とともに戦い、勝利にこだわりたいです」と意気込みを語り、1年でのJ1復帰へ全力を尽くすことを誓った。

新たな使命を胸に新シーズンを迎えるカウエ。モレイレンセ初タイトルのヒーローは、今季こそ大宮アルディージャの救世主となれるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

クリロナとならび得点王の浦和DFマウリシオが喜びの投稿「値段をつけられない瞬間」

グレミオを1-0で下し、レアル・マドリードの2連覇で幕を閉じた2017年クラブW杯。大会得点王には、決勝戦での直接FKを含む2得点を挙げたクリスティアーノ・ロナウドが輝いたが、ならんで、カサブランカ戦で2得点を挙げた浦和レッズDFマウリシオ・アントニオも得点王の座を射止めた。

この栄誉に、マウリシオは自身のInstagramに喜びの投稿。「人生には値段をつけられないものごとがある。そのような瞬間を生きられること、FIFAクラブW杯で得点王に輝けることはそのうちのひとつだ。人生の夢を叶えてくれた神様、ありがとう!」と、お金で買えない個人タイトルを獲得できた歓喜に満ちた想いを投稿した。

DFながらあのクリスティアーノ・ロナウドと名を連ねたマウリシオ。だからこそ、その喜びはひとしおだったに違いない。

©FutePor -ふとぽる-