カテゴリー別アーカイブ: 海外リーグ選手

ポルトガル複数メディアが2試合4得点の横浜FMウーゴ・ビイエラを紹介「好調を維持」

ポルトガルの複数メディアが、横浜F・マリノスのポルトガル人FWウーゴ・ビエイラの活躍を紹介した。

ウーゴ・ビエイラは、ルヴァンカップのサガン鳥栖戦に続き、Jリーグ第13節清水エスパルス戦でも2試合連続となる2ゴールを決め、2試合で4ゴールという驚異的な得点力を発揮している。

特に『Record』は、「ポルトガル人FWが日本のリーグで好調を維持」の小見出しをつけ報道した。

ブラガから加入したベガルタ仙台のクリスランに続き、ポルトガル関連の選手が徐々に本領を発揮してきた。

©FutePor -ふとぽる-

マンC移籍のベルナルドは歴代3位。ポルトガル人の歴代移籍金ランキングトップ12はこれだ!

『O JOGO』

モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのマンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。その移籍金について、イギリス『BBC』は、4920万ユーロ(4300万ポンド)と報じ、フランス『L’Equipe』は、5000万ユーロ+2000万ユーロの成果報酬と報道。どちらの報道を正としても、ベルナルド・シウバは、ポルトガル人では歴代3番目となる高額の移籍金を生み出したことになった。

そんな中、ポルトガル『O JOGO』がポルトガル人選手の歴代移籍金ランキングを取りまとめた。

1位は、誰もが知るクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ移籍した際の推定9400万ユーロ。2位は、こちらもレアルへ加入したルイス・フィーゴ。移籍金が現在のように高騰していない当時にしては破格の金額となる6000万ユーロであった。

ミランへ4200万ユーロで移籍したルイ・コスタは、今回のベルナルド・シウバの移籍により、歴代4位に転落。5位、6位、7位は、昨季、ジョアン・マリオレナト・サンチェスアンドレ・ゴメスがそれぞれインテル、バイエルン、バルセロナへ移籍した際に塗り替えた記録である。

8位には、3000万ユーロで4人の名選手が並んだ。リカルド・カルバーリョ、ダニー、ぺぺ、ファビオ・コエントランなどベテラン勢は、当時としては眼を見張るような金額で移籍を実現させたが、移籍金の高騰が著しい若手選手に追いやられる形となった。

昨季は上述の3選手が歴史的な金額を記録したが、わずか1年でベルナルド・シウバがそれらを優に越える金額を叩き出した。ポルトガルにはまだまだ多くのタレントがいるため、来季以降もこのランキングは塗り替えられることだろう。

以下、ポルトガル人歴代移籍金ランキング

1位 クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスター・ユナイテッド→レアル・マドリード)

2位 ルイス・フィーゴ 6000万ユーロ(バルセロナ→レアル・マドリード)

3位 ベルナルド・シウバ 5000万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(モナコ→マンチェスター・シティ)

4位 ルイ・コスタ 4200万ユーロ(フィオレンティーナ→ミラン)

5位 ジョアン・マリオ 4000万ユーロ(+ボーナス500万ユーロ)(スポルティング→インテル)

6位 レナト・サンチェス 3500万ユーロ(+ボーナス4500万ユーロ) (ベンフィカ→バイエルン)

7位 アンドレ・ゴメス 3500万ユーロ(+ボーナス2000万ユーロ)(バレンシア→バルセロナ)

8位-12位 3000万ユーロ
・リカルド・カルバーリョ(ポルト→チェルシー)
・ダニー(ディナモ・モスクワ→ゼニト
・ぺぺ(ポルト→レアル・マドリード)
・ファビオ・コエントラン(ベンフィカ→レアル・マドリード)

©FutePor -ふとぽる-

ベルナルド・シウバ、マンチェスターへ。移籍交渉の相手はまさかの…シティ?

『O JOGO』

リーグ・アンを制し、CLではベスト4に進出するなど、輝かしいシーズンを送ったモナコで10番を背負うポルトガル代表ベルナルド・シウバが、移籍交渉のためマンチェスターに到着したようだ。

イングランドメディアによると、移籍交渉の相手は、度々報じられてきたユナイテッドではなく、なんとシティ。同郷監督ジョゼ・モウリーニョのもとでプレーすることが有力視されていたが、一転ライバルクラブへの移籍が有力となった。

名将グアルディオラを迎えながら、CLでもプレミアリーグでも無冠に終わったマンチェスター・シティ。来季のクラブ改革に向け、CLで負かされたモナコの10番に7000万ユーロを支払うことが推測されている。

©FutePor -ふとぽる-

ティアゴ、アトレティコを去るのは「選手」として?シメオネがアシスタントコーチにオファーか

『zerozero.pt』

「チームメイトと同じレベルにはいない」と自身の衰えを感じ、アトレティコからの退団を明言していたティアゴ・メンデスだが、7年半を過ごした愛するクラブとの関係はまだ続くのかもしれない。

スペインメディア『AS』によると、アトレティコの監督ディエゴ・シメオネが、ティアゴがアシスタントコーチになることを望んでいるようだ。36歳の同選手とはここ数週間にわたり話し合いが行われており、数日中には正式決定に至る可能性があるという。

18年のプロ生活に終わりを迎えるティアゴだが、アトレティコでのキャリアが終わるのは「選手として」であり、来季からはシメオネの横でチームメイトを鼓舞する姿が見られるのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

クリロナ、レアルを苦しめたポルトガル代表の同僚をペレス会長に推薦か

『Record』

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが、フロレンティーノ・ペレス会長にポルトガル代表の同僚FWジェウソン・マルティンスの獲得を進言したようだ。『Diario Gol』が報じた。

ジェウソン・マルティンスは、今季スポルティングで中心選手としての地位を確立し、ポルトガル代表にも定着した注目の若手選手。今季のCLでは、グループステージでレアル・マドリードと対戦し、サンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦ではレアル守備陣を大混乱に陥れた。レアルは、プレミアリーグ移籍が報じられるハメス・ロドリゲスやガレス・ベイルの後釜となる前線の選手を探しており、クリスティアーノが代表のチームメイトをクラブ会長に推薦したようだ。

しかし、クリスティアーノの一言で同選手の獲得が決まるほど簡単ではなく、すでに多くのビッグクラブが関心を寄せている。それは、ライバルであるバルセロナとアトレティコ・マドリードや、マンチェスター・ユナイテッドとシティ、バイエルンにパリ・サンジェルマンなど錚々たる面々である。

現在22歳のジェウソンは、スポルティングとの契約を2022年まで保持。違約金は6000万ユーロに設定されている。クリスティアーノ・ロナウドの後押しを受けたレアルは、競合との獲得競争に勝ち、チームのエースを満足させられるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-