カテゴリー別アーカイブ: 海外リーグ選手

EURO優勝経験のポルトガル代表CBが中国へ?月曜にはメディカルチェック受診との噂

『zerozero.pt』

ウェストハムに所属するポルトガル代表CBジョゼ・フォンテに中国移籍の噂が浮上している。

『zerozero.pt』によると、中国の大連一方が、34歳のベテランCBの獲得を狙っているようだ。同クラブとフォンテが3年契約を結ぶ可能性があり、月曜日にはメディカルチェックを受診予定だと報じている。

昨季、日本代表CB吉田麻也の同僚としてプレーしたサウサンプトンよりウェストハムに移籍するも、今季は怪我の影響でここまで8試合の出場にとどまるなど、出場機会を失ったフォンテ。EURO2016優勝に多大なる貢献を果たしたポルトガルを代表するCBは、ロシアW杯を見据え、出場機会の得られる中国行きを決断するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

大宮がカウエとの契約更新を発表。モレイレンセ初タイトルの立役者が1年でのJ1復帰へ意欲

2018シーズンよりJ2で戦うことが決まった大宮アルディージャが、ブラジル人MFカウエとの契約を更新したことを正式に発表した。

昨季途中にポルトガル1部モレイレンセより加入したカウエ。ポルトガルでは、チームの主軸として1部残留に大きく貢献し、リーグ杯ではブラガとのファイナルで決勝ゴールを沈め、クラブ初のメインタイトルをもたらすなど大活躍。大宮でもクラブを降格の危機から救う役割が期待されていた。

残念ながら、大宮残留の救世主とはなれなかったが、今回の契約更新にあたり、カウエは「アルディージャの目標である一年でのJ1復帰を達成するために、自分のベストのプレーをピッチで出して、味方とともに戦い、勝利にこだわりたいです」と意気込みを語り、1年でのJ1復帰へ全力を尽くすことを誓った。

新たな使命を胸に新シーズンを迎えるカウエ。モレイレンセ初タイトルのヒーローは、今季こそ大宮アルディージャの救世主となれるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

クリロナとならび得点王の浦和DFマウリシオが喜びの投稿「値段をつけられない瞬間」

グレミオを1-0で下し、レアル・マドリードの2連覇で幕を閉じた2017年クラブW杯。大会得点王には、決勝戦での直接FKを含む2得点を挙げたクリスティアーノ・ロナウドが輝いたが、ならんで、カサブランカ戦で2得点を挙げた浦和レッズDFマウリシオ・アントニオも得点王の座を射止めた。

この栄誉に、マウリシオは自身のInstagramに喜びの投稿。「人生には値段をつけられないものごとがある。そのような瞬間を生きられること、FIFAクラブW杯で得点王に輝けることはそのうちのひとつだ。人生の夢を叶えてくれた神様、ありがとう!」と、お金で買えない個人タイトルを獲得できた歓喜に満ちた想いを投稿した。

DFながらあのクリスティアーノ・ロナウドと名を連ねたマウリシオ。だからこそ、その喜びはひとしおだったに違いない。

©FutePor -ふとぽる-

葡メディア、ハットのウーゴ・ビエイラを大絶賛!「プスカシュに値するゴール」

『O JOGO』

天皇杯第4回戦、横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島の一戦が行われ、ポルトガル人FWウーゴ・ビエイラのハットトリックで、マリノスが延長戦のすえ大逆転勝利を収めた。

マリノスを敗退の危機から救ったウーゴ・ビエイラの活躍を母国メディア『O JOGO』も大絶賛。「ウーゴ・ビエイラのおかげで横浜が同点に追いついた」ことを紹介し、「120分に、リーグで12ゴールを挙げている29歳のFWは、GKからのロングパスをコーナーフラッグ付近で受け、コントロール。頭を挙げ、クロスに備えていた相手GKを見ると、トリベーラ(アウトフロントキック)でゴールに直接叩き込んだ」と、ウーゴの3点目を描写し、「プスカシュ賞に値するゴール」と、今季のベストゴールのひとつであったことを紹介した。

久々にポルトガルメディアに取り上げられる活躍をしたウーゴ・ビエイラ。この勢いのまま、マリノスの勝利に貢献していきたい。

ウーゴ・ビエイラのハットトリックを含む試合ダイジェストはこちらから。

©FutePor -ふとぽる-

大宮カウエ、ポドルスキと重なるデビュー戦へ意気込み「誇りを持って大宮を守る」

ポルトガルリーグのモレイレンセからこの夏大宮アルディージャに加入したブラジル人MFカウエが、デビュー戦となる可能性があるヴィッセル神戸戦への意気込みを、自身のInstagramに投稿した。

「この日のためにハードワークしてきた。土曜日はオレンジ色でデビューし、大きな誇りをもって大宮を守る日だ」

カウエがデビューを飾る可能性のある神戸戦は、ポドルスキのデビュー戦と重なる。かつてドイツ代表で10番を背負った世界的スタープレーヤーに知名度は劣るが、このカウエも昨季モレイレンセにクラブ初のメインタイトルをもたらした正真正銘の実力者。Jリーグ屈指の強力外国人選手の対決に注目したい。

©FutePor -ふとぽる-