カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

ポルトガル1部ポルティモネンセFWが、岡田武史氏オーナーのFC今治へレンタル移籍!

ポルティモネンセが、ブラジル人FWブバことウェズレイ・サントスを、元日本代表監督岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治へレンタル移籍させることを正式に発表した。

現在24歳のブバは、182センチのブラジル人FW。2015-16シーズンより母国からポルティモネンセに移籍し、これまで2シーズンで26試合に出場し、1ゴールを記録。出場機会を求めて、日本へ1年間のレンタル移籍を果たした。

今季よりポルトガル1部で戦うポルティモネンセは、かつて金崎夢生が所属し、現在は元鹿島FWファブリシオや、日本人FW亀倉龍希が所属するなど、日本とは親交の深いクラブ。今夏は、保有権の50%を保持していたブラジル人CBマウリシオ・アントニオが浦和レッズに移籍しており、またもポルティモネンセ所属のブラジル人が来日することとなった。

©FutePor -ふとぽる-

これぞポルトガル1部の恩恵。ポルティモネンセ若手FWに昨季4位のギマラインスが興味か

ポルティモネンセに所属する若手ブラジル人FWブルーノ・タバタにビトーリア・ギマラインスが関心を寄せているようだ。

現在20歳のタバタは、昨季ポルティモネンセのユースチームからトップに昇格したばかりの若手FW。1年目ながら34試合に出場するなど主力として活躍していた。今季も、若手ながらチームの中心選手としてプレーすることが期待されており、開幕戦のボアビスタ戦では、チームを2-1の逆転勝利に導く決勝点を挙げていた。

タバタに関心を寄せているというビトーリア・ギマラインスは、昨季リーグ4位と躍進したポルトガルを代表する強豪クラブ。ウディネーゼへの移籍の噂が報じられているラフィーニャの後釜として、タバタに注目しているという。

今季から1部に上がったことでより注目度が増したポルティモネンセの面々。日本でも馴染みの深いファブリシオや亀倉龍希にも、活躍次第では1部の強豪クラブへの道が大きく拓けるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

またも大型補強成立か。「ガビゴウのプライオリティはスポルティング」と代理人が明言

『zerozero.pt』

ブラジル人FWガビゴウことガブリエウ・バルボーザのスポルティング移籍の可能性が高まっている。

ガビゴウの代理人であるワグネル・ヒベイロ氏が、『Record』のインタビューに応答。「ガビゴウのプライオリティはスポルティングであると明言できる」と、インテルで苦戦する同選手がポルトガル移籍を第一候補に考えていることを明かした。

移籍交渉は進展を見せ、選手自身もスポルティング移籍について良い印象を抱いているようだ。「インテルのピエロ・アウシリオ氏と話してきたところだ。そしてガビゴウも1シーズンだけスポルティングでプレーすることに興味を抱いている。そしていま、我々はスポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長と話し合いをしているところだ。スポルティングとは今日中に話をまとめたい。他のクラブも彼に興味を寄せており、早いうちに解決する必要がある」と、金曜日までに移籍交渉の締結を目指していることを明かした。

移籍に向けて最大の障壁は、同選手の高額年俸になりそうだ。現在ガビゴウはインテルで300万ユーロの年俸をもらっており、スポルティングにレンタル移籍させる場合、インテルがその70%を支払うことになりそうだという。

今季、スポルティングはブルーノ・フェルナンデスやセイドゥ・ドゥンビア、ファビオ・コエントランにマテューなど、世界各国の有名プレーヤーの大型移籍を実現させてきた。すでにライバルであるポルトがガビゴウに興味を抱いていることは報じられていたが、スポルティングがまたも有名スタープレーヤーを手中に収めてしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポンテ氏の影響も?マリティモCBマウリシオ・アントニオが浦和レッズ移籍へ

『Record』

マリティモに所属するブラジル人CBマウリシオ・アントニオが、浦和レッズ移籍に近づいているようだ。ポルトガル大手メディア『Record』が報じた。

同メディアによると、マウリシオはすでに「浦和レッズ移籍のためマリティモを後に」して「東洋に旅立った」ようだ。また「現在のマリティモでの稼ぎと比べて、かなり高額な給料をもらう」とも報道されている。

25歳のマウリシオの保有権は、マリティモとポルティモネンセが50%ずつ保有しており、同選手の移籍にはポルティモネンセも関わっている可能性が高い。金崎夢生がかつて所属したポルティモネンセでは、現在元浦和レッズのロブソン・ポンテ氏が海外担当のテクニカルディレクターを務めているため、浦和移籍が真実だとすれば、同氏が移籍交渉に関わった可能性も考えられる。

昨季はマリティモで33試合に出場し、3ゴールを記録したマウリシオ。25歳で184センチのCBは、監督解任で混乱する浦和レッズに守備の安定をもたらすことができるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカの移籍金額が1億ユーロを突破!ローマを抑え今夏の移籍市場でトップに

『Record』

ベンフィカが、今夏の移籍市場で最も多くの移籍金を生み出したクラブとなった。

先日、ネウソン・セメードを3000万ユーロでバルセロナに売却したことで、ベンフィカが生み出した移籍金額は、1億ユーロの大台を突破し、1億1180万ユーロに。日本円にして、約145億円(1ユーロ130円換算)を生み出したことになる。

この夏に多くの選手をヨーロッパのトップクラブに送り込んでいるベンフィカ。セメードの他にも、エデルソン・モラエスを4000万ユーロでマンチェスター・シティに、ビクトル・リンデロフを3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ移籍させていた。

ちなみに、移籍金額でベンフィカに次ぐ2位は、モハメド・サラーをリバプールに売却するなどしたローマの約1億800万ユーロ、3位は、ロメル・ルカクを8400万ユーロでユナイテッドへ移籍させたエバートンの1億600万ユーロとなっており、1億100万ユーロで4位のリヨンまでが、ここまで1億ユーロの大台を突破したクラブとなっている。

©FutePor -ふとぽる-