カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

ポルティモネンセ中島翔哉、ポルトガルリーグ11-12月のベストFWに選出!

ポルティモネンセ中島翔哉が、ポルトガルリーグの公式サイトにて投票される11-12月期のベストFWに選出された。

ポルトガルリーグの公式Twitterが各ポジションの最優秀選手を発表。中島は、ベンフィカのジョナス、ポルトのヤシン・ブライミらとベストFWの座を争ったが、見事に栄誉を射止めた。ポルティモネンセからは、中島の他にも、ベストMFにデネル、ベスト監督にビトール・オリベイラが揃って選出され、チームとしてのパフォーマンスが評価された格好となった。

なお、ベストGKにはスポルティングのポルトガル代表ルイ・パトリシオ、ベストDFにはスポルティングのコアテス、全体のMVPにはベンフィカのジョナスが選出された。中島は全体MVPでは、ジョナスとポルトのバンサン・アブバカルに次ぐ3位であった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガルリーグ11-12月のMVPはジョナス!気になる中島翔哉の順位は?

『Record』

ポルトガルリーグ11-12のMVPに、ベンフィカのエースFWジョナスが選出された。

ジョナスは、11月26日にベンフィカがビトーリア・セトゥバル相手に6-0で大勝した試合で2ゴールを決めるなど、当該期間で3ゴールの活躍。現在は、2位バス・ドストを5ゴール上回る15ゴールで、得点ランキングのトップを走っている。

今回のMVP投票にあたり、ジョナスは18.7%を獲得。2位バンサン・アブバカル(ポルト)の11.7%、3位中島翔哉(ポルティモネンセ)の9.1%を大きく上回った。

ポルティモネンセ中島は惜しくも第3位に。それでも、トンデーラ戦で決めた2ゴールなどが評価され、見事MVP目前までたどり着いた形となった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガル王者ベンフィカがハンブルガーFW伊藤達哉に興味か。報道パターンは中島翔哉と同じ

『A BOLA』

ポルトガルリーグを4連覇中のベンフィカが、ハンブルガーSVに所属する日本人FW伊藤達哉に興味を抱いているようだ。ポルトガル最大のサッカーメディア『A BOLA』が報じた。

同メディアによると、マンチェスター・シティ、インテル、シャルケ、ウォルフスブルク、ザルツブルクに加え、ベンフィカが20歳の伊藤の獲得に関心を抱いていることを紹介した。ただし、あくまでも、情報源は「日本メディアによると」としている。

日本メディアによる発信から遅れてポルトガルメディアが報道し、実際にポルトガルクラブへの移籍が実現した例としては、FC東京からポルティモネンセに移籍した中島翔哉の例が記憶に新しい。果たして、伊藤も中島のケースと同様に、ポルトガルクラブへの移籍が実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

広州恒大がスポルティング所属の元Jリーガーと交渉準備か。実現すればACLで天皇杯王者と対戦

『zerozero.pt』

中国スーパーリーグの広州恒大が、来季2018シーズン開幕に向け、スポルティングに所属する元コートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビアとの交渉を開始する準備をしているようだ。ポルトガルメディア『Record』が報じた。

ドゥンビアは、今夏スポルティングに加入したものの、負傷の影響もあり本領発揮とはいかず、ここまで13試合2ゴールにとどまっている。ただし、同国メディア『zerozero.pt』は、チームにダイナミズムをもたらすドゥンビアを引き抜くためにスポルティング監督ジョルジ・ジェズスを説得させるのは一筋縄ではいかないと予想しており、今季720万ユーロで獲得した同選手の放出に、1000万ユーロ以上の移籍金を求めることを推測している。

ドゥンビアといえば、かつて柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーした元Jリーガーとして知られており、CSKAモスクワ時代は、本田圭佑のチームメイトだったことでも有名。仮に広州移籍が実現した場合、2018年のACLグループステージでは天皇杯チャンピオンと戦うことになる。Jリーグチームにとっては非常に厄介な相手だが、果たして。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセ中島翔哉が11-12月の最優秀FW候補に選出!2強のエースと並ぶ

『O JOGO』

ポルティモネンセに所属する中島翔哉、デネル、ビトール・オリベイラの3名が、それぞれ、ポルトガルリーグ11-12月期の最優秀FW、MF、監督候補に選出された。投票はリーグのオンラインサイトにて明日12月6日まで行われる。

最優秀FWには、中島の他、ポルトのアルジェリア代表FWヤシン・ブライミと、暫定得点王に位置する元ブラジル代表のベンフィカFWジョナスがノミネート。最優秀MFには、デネルの他、ポルトのメキシコ代表エクトル・エレーラとベンフィカのクロビノビッチがノミネート。最優秀監督には、ビトール・オリベイラの他、スポルティングのジョルジ・ジェズスとブラガのアベル・フェレイラがノミネートされている。

©FutePor -ふとぽる-