カテゴリー別アーカイブ: ベレネンセス

ドミンゴス・パシエンシアがポルティモネンセ攻撃陣を警戒「パウリーニョと中島は困難を作り出す」

『maisfutebol』

ポルトガルリーグ第16節、ポルティモネンセとの一戦に臨むベレネンセスのドミンゴス・パシエンシア監督が記者会見に応じ、敵攻撃陣への警戒心をあらわにした。

「パウリーニョと中島は、インスピレーションがある状態で、困難を作り出す。それは3強との試合で見られた通りだ」

ドミンゴス・パシエンシアといえば、かつてポルトのエースナンバー9番を背負ったクラブのレジェンドFW。2010年にはブラガを率いてELで準優勝に輝いた実績のある監督であり、中島が出場したリオ五輪でポルトガル代表の9番としてグループステージ3戦全発を記録したゴンサロ・パシエンシアの父親でもある。

パウリーニョと中島翔哉は、ポルトのレジェンドFWを前に、その評価に違わずゴールを決め、存在感を発揮できるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

注目の新監督が歴史的快挙!ベレネンセスがスポルティングのホームでクラブ史上初勝利!

ポルトガルリーグ第32節スポルティング対ベレネンセスの一戦が行われ、アウェイのベレネンセスが、1-3の逆転大勝利を飾った。

注目の新監督のもと、ベレネンセスにとって歴史的な勝利となった。フリオ・ベラスケスとキン・マシャードの2人をシーズン中に解任し、3人目の監督として招聘したのは、かつてスポルティングを指揮したドミンゴス・パシエンシア。ブラガではEL決勝に進出した経歴も持つ名将が、ベレネンセスを率いて3試合目にしてようやく勝利したが、その相手がホームを戦ったスポルティングであった。

ベレネンセスにとって、スポルティングのホーム、アウバラーデでの勝利はクラブ史上初の歴史的快挙。また、スポルティング相手の勝利も、実に62年ぶりとなった。

近年はいまいち結果を残せないパシエンシア監督と、ポルトガルリーグ優勝を経験している5クラブの一角である古豪ベレネンセス。名誉挽回を狙う両者の融合は、今後ポルトガルリーグを席巻するのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

サー・ピント解任のベレネンセスがスペイン人新監督を招集へ。リーグ最年少監督誕生か

『Record』

ELではフィオレンティーナが同居する熾烈なグループで善戦しながらも、リカルド・サー・ピント監督を国内リーグでの成績不振を理由に解任したベレネンセス。その新監督に、スペイン人若手指揮官フリオ・ベラスケスの就任が濃厚となっているようだ。

同監督は、昨日にリスボン入り。数時間後には、ポルトガルの首都に拠点を置く古豪クラブとの契約が発表されると推測されている。

昨季エストリルを率いたジョゼ・コウセイロなど、経験豊富な監督への関心も伝えられる中、ベレネンセスは、かつてベティスやビジャレアルを指揮した34歳の若手監督に残留の使命を託した。もし実現すれば、ポルトガルリーグ最年少監督の誕生となる。

昨年の11月から無所属の状態が続いていたというベラスケス監督。最年少外国人監督への賭けは吉と出るか凶と出るか。

©FutePor -ふとぽる-

ELプレーオフ、ベレネンセスはギマラインスファンの想いを背負い「リベンジマッチ」へ

『Público』

金曜日、スイスのニヨンにてヨーロッパリーグプレーオフの組み合わせ抽選会が行われた。

ベレネンセスは、念願のELへ到達するためのファイナルステージに立ったが、そこへ辿り着く前に、サー・ピント率いるチームは巨大な壁を乗り越えなくてはならない。EL出場権を賭けた最後の対戦相手は、運命の悪戯か、予選3回戦で同郷のギマラインスを退けたオーストリアのアルタッハとなった。

アルタッハは予選3回戦にてギマラインスに2勝(ホームで2-1、アウェイで4-1の勝利)した。2年前はオーストリアの2部リーグに所属していたチームが、ポルトガルの強豪ギマラインスに2度も泥を塗ったのだ。今回のプレーオフで再びポルトガルの地に足を踏み入れることになった。一方、ベレネンセスはIFKヨーテボリにホームで2-1の勝利、アウェイで0-0の引き分けを演じ、辛うじてプレーオフに進出した。

EL出場を賭けた決戦は、8月20日にファーストレグ、翌週27日にセカンドレグが開催される。

©FutePor -ふとぽる-

EL3次予選1stLeg。ともに新監督のもとギマラインスは敗北、ベレネンセスは勝利

『A BOLA』

ビトーリア・ギマラインスとベレネンセスが2015-16シーズン初の公式戦を戦った。EL3次予選1stLegを、ギマラインスはアウェイでオーストリアのアルタッハに1-2で敗北。ベレネンセスはホームでスウェーデンのIFKヨーテボリに2-1で勝利した。

ギマラインスはポルトから加入した新戦力U-21ポルトガル代表FWトゼが、チームを予選敗退の危機から救った。移籍後初ゴールはチームの貴重なアウェイゴールに。2ndLegで逆転するチャンスを広げた。新監督アルマンド・エバンジェリスタも「2ndLegでは良くなかった部分を改善したい」と逆転勝利への意気込みを語った。

ベレネンセスを勝利に導いた新監督サー・ピントは勝利に満足しながらも、「あとひとつふたつのチャンスをモノにできなかったのは残念だ」と、アウェイゴールを浴び相手に逆転の可能性を与えてしまったことを悔やんだ。

©FutePor -ふとぽる-