カテゴリー別アーカイブ: ベンフィカ

ポルトガルリーグ11-12月のMVPはジョナス!気になる中島翔哉の順位は?

『Record』

ポルトガルリーグ11-12のMVPに、ベンフィカのエースFWジョナスが選出された。

ジョナスは、11月26日にベンフィカがビトーリア・セトゥバル相手に6-0で大勝した試合で2ゴールを決めるなど、当該期間で3ゴールの活躍。現在は、2位バス・ドストを5ゴール上回る15ゴールで、得点ランキングのトップを走っている。

今回のMVP投票にあたり、ジョナスは18.7%を獲得。2位バンサン・アブバカル(ポルト)の11.7%、3位中島翔哉(ポルティモネンセ)の9.1%を大きく上回った。

ポルティモネンセ中島は惜しくも第3位に。それでも、トンデーラ戦で決めた2ゴールなどが評価され、見事MVP目前までたどり着いた形となった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトガル王者ベンフィカがハンブルガーFW伊藤達哉に興味か。報道パターンは中島翔哉と同じ

『A BOLA』

ポルトガルリーグを4連覇中のベンフィカが、ハンブルガーSVに所属する日本人FW伊藤達哉に興味を抱いているようだ。ポルトガル最大のサッカーメディア『A BOLA』が報じた。

同メディアによると、マンチェスター・シティ、インテル、シャルケ、ウォルフスブルク、ザルツブルクに加え、ベンフィカが20歳の伊藤の獲得に関心を抱いていることを紹介した。ただし、あくまでも、情報源は「日本メディアによると」としている。

日本メディアによる発信から遅れてポルトガルメディアが報道し、実際にポルトガルクラブへの移籍が実現した例としては、FC東京からポルティモネンセに移籍した中島翔哉の例が記憶に新しい。果たして、伊藤も中島のケースと同様に、ポルトガルクラブへの移籍が実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

マルコ・シウバを逃したエバートン、次は「3億ユーロを生み出した」ポルトガル人監督に注目か

『zerozero.pt』

イングランドプレミアリーグのエバートンが、新監督としてベンフィカを率いるポルトガル人監督ルイ・ビトーリアに注目しているようだ。

ロナルド・クーマン監督を成績不振により解任したエバートンは、後任監督としてワトフォードで快進撃を続けるマルコ・シウバを第一候補として追っていたが、ワトフォード側に拒否され同監督の招聘を断念。次なる候補として、同じポルトガル人監督であるルイ・ビトーリアに狙いを定めたという。『Mirror』によると、ルイ・ビトーリア監督自身もエバートン行きに対して興味を抱いているようだ。

同メディアは、ルイ・ビトーリアのベンフィカでの成績を紹介しており、2年連続でポルトガルリーグを制し、リーグカップ、ポルトガルカップ、スーパーカップなどのカップ戦でも頂点に立っていることを掲載した。また、同監督のベンフィカでの最大の功績であろう人材育成についても言及し、ネウソン・セメード(バルセロナ)やエデルソン・モラエス(マンチェスター・シティ)、ビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド)、ゴンサロ・グエデス(バレンシア)、レナト・サンチェス(スウォンジー)らを育て上げ、ベンフィカに3億ユーロもの売却益をもたらしていたことも紹介した。

すでにポルトガルリーグでは突出した成績を残しているルイ・ビトーリア。イングランドの名門へのステップアップを狙い、シーズン途中に母国を巣立つことはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカの移籍金額が1億ユーロを突破!ローマを抑え今夏の移籍市場でトップに

『Record』

ベンフィカが、今夏の移籍市場で最も多くの移籍金を生み出したクラブとなった。

先日、ネウソン・セメードを3000万ユーロでバルセロナに売却したことで、ベンフィカが生み出した移籍金額は、1億ユーロの大台を突破し、1億1180万ユーロに。日本円にして、約145億円(1ユーロ130円換算)を生み出したことになる。

この夏に多くの選手をヨーロッパのトップクラブに送り込んでいるベンフィカ。セメードの他にも、エデルソン・モラエスを4000万ユーロでマンチェスター・シティに、ビクトル・リンデロフを3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ移籍させていた。

ちなみに、移籍金額でベンフィカに次ぐ2位は、モハメド・サラーをリバプールに売却するなどしたローマの約1億800万ユーロ、3位は、ロメル・ルカクを8400万ユーロでユナイテッドへ移籍させたエバートンの1億600万ユーロとなっており、1億100万ユーロで4位のリヨンまでが、ここまで1億ユーロの大台を突破したクラブとなっている。

©FutePor -ふとぽる-

人材輩出目覚ましいベンフィカ、ついに超高額移籍選手でベストイレブンが完成!

近年、ライバルのポルトやスポルティングらを上回るペースで、ヨーロッパに多くの人材を送り込んでいるベンフィカ。クラブに入団した頃は無名でも、多くの選手が多額の移籍金を残し、ヨーロッパのビッグクラブへ羽ばたいていっている。スペインメディア『El Mundo Deportivo』が、そんなベンフィカの人材輩出力を取り上げ、高額な移籍金を残して退団したベンフィカ選手からベストイレブンを選定した。

GK
エデルソン・モラエス
(4000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

DF
ファビオ・コエントラン
(3000万ユーロでレアル・マドリードへ)

ビクトル・リンデロフ
(3500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドへ)

ダビド・ルイス
(2500万ユーロでチェルシーへ)

MF
ネマニャ・マティッチ
(2500万ユーロでチェルシーへ)

アクセル・ウィツェル
(4000万ユーロでゼニトへ)

レナト・サンチェス
(3500万ユーロでバイエルンへ)

ベルナルド・シウバ
(1500万ユーロでモナコへ。その後、5000万ユーロでマンチェスター・シティへ)

FW
ニコ・ガイタン
(2500万ユーロでアトレティコ・マドリードへ)

ロドリゴ
(3000万ユーロでバレンシアへ)

ディ・マリア
(3300万ユーロでレアル・マドリードへ)

ベンフィカは、2010年からの7年間ですでに4億5000万ユーロという桁外れの移籍金収益を上げているが、今回選ばれたベストイレブンが生み出した移籍金は、なんと3億ユーロにも及ぶ。

©FutePor -ふとぽる-