カテゴリー別アーカイブ: ポルトガル代表

代表復帰ベローゾのAT弾でポルトガルがアルバニアに辛勝。EURO本戦へ残り1ポイント

『A BOLA』

月曜日にポルトガルはアルバニアとのEURO2016予選を1-0で勝利。本戦出場決定まで、残りの勝点を1とし、王手をかけた。

監督を始め複数の選手が試合前に述べたように、難しい一戦となった。注目を集めたのが、モナコの10番でU-21代表も兼任するベルナルド・シウバが初スタメンを飾ったことだろう。堅守を誇るアルバニア守備陣を崩せず、ここ3試合ノーゴールのエース、クリスティアーノ・ロナウドも沈黙を続けた。そのような状況を打破したのが、久しぶりの代表復帰となったミゲウ・ベローゾだった。

スコアレスドローで迎えた後半ロスタイム。途中出場のリカルド・クアレスマの右CKを頭で合わせ劇的な決勝点を挙げた。引き分けかと思われた母国代表に貴重な勝点3をもたらした。

この勝利により、ポルトガル代表は本戦出場決定まで残り1ポイントに。次節を引き分け以上でEURO2016への参加権を手にする。

©FutePor -ふとぽる-

3試合ノーゴールのクリスティアーノをフェルナンド・サントス代表監督が擁護

『A BOLA』

ポルトガル代表は月曜日、EURO予選アルバニア戦に臨む。チームの絶対的エース、クリスティアーノ・ロナウドがここ3試合ノーゴールと沈黙しており、世界中のサッカーメディアをにぎわせている。しかし、フェルナンド・サントス代表監督は選手への信頼を語り、クリスティアーノがアルバニア戦でゴールを取り戻すことへの期待感を露わにした。

「彼については、当然この場で話さないといけないだろう。他の選手ならば、いたって普通の状況なのだが、なんせクリスティアーノはね。世界中が彼のことを話題にしている。3試合ゴールがないからだ。しかし、彼はいまゴールを決めることに大変意欲的だ。自身のゴールでチームの勝利へ力になりたいと思っているんだよ」

果たして、クリスティアーノは「格下」と見なされているアルバニア相手にきっちりとゴールを取り戻し、世間の騒音を鎮めることができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

2015年9月の2連戦を戦うポルトガル代表メンバー24名が発表!

『Record』

28日、ポルトガル代表監督フェルナンド・サントスが、9月4日にアウバラーデスタジアムで行われるフランス戦と、7日の敵地アルバニア戦に臨む24名の代表選手を発表した。

現地メディアの注目の的となったのは、久々の代表復帰となったミゲウ・ベローゾである。同選手は、ブラジルW杯後にフェルナンド・サントス新監督が就任してからは代表から遠ざかっていた。また、U-21ポルトガル代表として欧州選手権で準優勝を果たしたエース、ベルナルド・シウバやLSBのラファエル・ゲヘイロら若手選手も融合。今季よりポルトに加入した2選手、アンドレ・アンドレとダニーロ・ペレイラも注目の抜擢となった。

なお、モナコへの移籍騒動に揺れたファビオ・コエントランと、負傷離脱中のウィリアン・カルバーリョ、累積で出場停止となるティアゴらは招集が見送られた。

以下、ポルトガル代表24選手

GK
アントニー・ロペス(リヨン)
ベト(セビーリャ)
ルイ・パトリシオ(スポルティング)

DF
ブルーノ・アウベス(フェネルバフチェ)
セドリック・ソアレス(サウサンプトン)
ジョゼ・フォンテ(サウサンプトン)
エリゼウ(ベンフィカ)
ペペ(レアル)
ラファエル・ゲヘイロ(ロリアン)
リカルド・カルバーリョ(モナコ)
ヴィエイリーニャ(ウォルフスブルク)

MF
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ジョアン・マリオ(スポルティング)
アンドレ・アンドレ(ポルト)
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
ベルナルド・シウバ(モナコ)
ジョアン・モウティーニョ(モナコ)
ミゲウ・ベローゾ(ディナモ・キエフ)

FW
クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
ダニー(ゼニト)
エデル(スウォンジー)
ナニ(フェネルバフチェ)
リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)
バレラ(ポルト)

©FutePor -ふとぽる-

EURO準Vの注目世代U-21ポルトガル代表が大会後初の新メンバーを発表!新戦力がズラリ

『zerozero.pt』

金曜日、U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが、9月8日に控えた2017欧州選手権予選アルバニア戦に向けた代表メンバーを発表した。

A代表と日程が重なったことから、ジョアン・マリオやベルナルド・シウバ、ラファエル・ゲヘイロら、先日の2015欧州選手権準優勝の立役者がこぞって離脱。フル代表に抜擢された。そのため、前回の準優勝メンバーのうち残ったのは、ブルーノ・バレーラ、トビアス・フィゲイレード、ルーベン・ネーベス、カルロス・マネー、ゴンサロ・パシエンシア、リカルド・オルタの6選手のみとなり、クラブのBチーム所属を含めた新顔が多く招集された。

すでに2017欧州選手権を見据えた注目の世代。次なるステージに向けて、新たな戦力の発掘を最重要課題に設定したようだ。

以下、U-21ポルトガル代表メンバー
(☆印は筆者が独断と偏見で選出した注目選手。☆の数が多いほど要注目)

GK
アンドレ・モレイラ(U.マデイラ)
ジョエル・ペレイラ(マンチェスターU)
ブルーノ・バレーラ(ベンフィカ)☆

DF
ヌーリオ・フォルトゥーナ(ブラガ)☆
ペドロ・ヘボッショ(ベンフィカ)
ラファ(ポルト)
マウロ・ヒキーショ(スポルティング)
ルーベン・ベーゾ(バレンシア)☆
ファビオ・カルドーゾ(パソス)
トビアス・フィゲイレード(スポルティング)☆☆☆
エドガル・レー(ビジャレアル)

MF
ジョアン・テイシェイラ(ベンフィカ)☆
ブルーノ・フェルナンデス(ウディネーゼ)
ルーベン・ネーベス(ポルト)☆☆☆
ラファエル・グッゾ(トンデーラ)
ロニー・ロペス(モナコ)☆☆
フランシスコ・ラモス(ポルト)

FW
アンドレ・シウバ(ポルト)☆
ジェウソン・マルティンス(スポルティング)☆☆☆
リカルド・オルタ(マラガ)☆☆☆
ゴンサロ・パシエンシア(アカデミカ)☆☆
カルロス・マネー(スポルティング)☆☆☆
ブルーマ(レアル・ソシエダ)☆☆

©FutePor -ふとぽる-

U-21欧州選手権準優勝監督ルイ・ジョルジが2017年まで契約を延長

『A BOLA』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが2017年6月までチームを率いることになった。

2015年欧州選手権にて、U-21ポルトガル代表を準優勝に導いたルイ・ジョルジ。その功績が称えられ、ポルトガルサッカー連盟は水曜日、同監督と2017年まで契約延長を果たしたことを発表した。

現在42歳のルイ・ジョルジは2010年9月よりベレネンセス監督からポルトガル代表へ。この契約更新により、2016年リオオリンピックを指揮し、2017年にはU-21欧州選手権に再挑戦することになった。

ちなみに、ルイ・ジョルジは選手としても、かつてポルトやスポルティングなどの強豪クラブに所属。リオ・アベやベレネンセスでもプレーした。

©FutePor -ふとぽる-