カテゴリー別アーカイブ: パソス

元新潟FWドウグラス・タンキがロングインタビューに応答「日本は驚異的な国」

『maisfutebol』

かつてJリーグのザスパクサツ群馬やアルビレックス新潟に所属し、現在はポルトガル1部パソス・デ・フェレイラでプレーするブラジル人FWドウグラス・タンキが、ポルトガルメディア『maisfutebol』のインタビューに応答。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリーグ戦の中断が続く中、毎日の生活やこれまでのキャリアに関する質問に答えた。その一部を抜粋して紹介する。

まず、自宅待機が続く現在の生活について、タンキは奥さんと3歳の娘と多くの時間を過ごしているようだ。平均的な1日の生活として、「朝起きて、朝食を取り、クラブが選手に課しているトレーニングをし、昼食のあとにNetflixを見ながら少し休む。夕食の後にはPlayStationでFIFAやCall of Dutyをやり、またNetflixを見て…といった生活を送っている」と、自宅トレーニングに励みながらも、リラックスした落ち着いた日々を送っていることを明かした。

昨季は2部に所属していたパソスで、タンキは14ゴールを挙げ、チームの1部昇格に大きく貢献した。インタビューでは、自らのキャリアを大きく飛躍させることとなったパソスでの経験について、改めて振り返った。

「パソスのことは知らなかったけど、ポルトガルサッカーについてはずっと知っていた。ポルトやベンフィカといった、常にCLを戦っているクラブなどだね。ヨーロッパに来て自分のサッカーを見せることは夢だった。ここは自分を世界に披露するにはうってつけのショーケースだよ。パソスからのオファーをもらったときは、すぐに受け入れた。1年目は全てがうまくいったし、今シーズンもいい感じに来ている。毎日より良くなるよう追い求めている」

タンキのキャリアを大きく押し上げた功労者として、当時の監督ビトール・オリベイラの名は欠かせない。「ポルトガルの昇格王」と称される名将で、これまで2部チームを1部に昇格させた回数は実に2桁にのぼる。ポルティモネンセでは中島翔哉らを指導し、日本サッカー界にも名が知れた監督である。

「ミステル、ビトール・オリベイラとともに仕事ができたのは、自分にとってはセンセーショナルなこと。最初は、監督はしょっちゅう叫んでいたし、多くのことを要求してきたから、『鬱陶しい監督だ!』なんて言っていたね(笑)。でも監督は、誰が一番トレーニングに励んでいるかを知りたいだけだということが分かったよ。AチームもBチームもない。監督はよく言っていた『ベストな選手が試合に出られる』とね。監督が昇格王と言われる所以はブレないから。チャンスを与えるに値する選手に、チャンスを与えている。だから、多くの選手が監督と一緒に働くことを好んでいるんじゃないかな」

パソスでの活躍の秘訣を、タンキは「すぐに順応できたこと」と述べた。「言語が同じである」ことはひとつの要因であり、他にも、1部で3位に輝いたこともあるパソスの「2部のチームとは思えないほど良い環境」も要因だという。一方で、その以前に所属したタイリーグでは適応に苦しんだようだ。

「タイにはうまく適応できなかった。すごく難しかった。タイ語も英語も話さなかった。プレーできていなく、半年間経ってパソスからのオファーを受けた際に、ここに来ることを決断した。(タイのポリス・ユナイテッドとは)友好的に合意し、移籍できた」

それでも、タイ、メキシコ、そして日本と、母国ブラジルを離れてから各国を転々としてきたキャリアは、タンキにとって無駄ではなかったようだ。常に自身をそばでサポートしてくれた奥さんに感謝を述べながら、日本での生活を振り返った。

「各国での経験のおかげで今の自分がある。力強く、よく働く選手だ。でもこのようになれたのは妻のおかげ。いつも自分のそばにいてくれた。日本でプレーした当初、膝に2度の大怪我を負ったときでもね」

「リーグ戦が始まってすぐ3節の時点で、膝の十字靭帯を手術しないといけなくなった。6ヶ月かかってようやく復帰できたけど、復帰初戦でまた同じところを怪我してしまった。今度は9ヶ月。でもこの経験を経て、自分は強くなり、さらに良くなって戻ってこられた」

「(素晴らしいプレー環境にある)パソスでの生活は、日本について言えば大きな違いはない。彼らもすごく進歩していて、プロフェッショナルだ。驚異的な国だよ。メキシコもタイも、あれほど整ってはいなかった。あれほどクオリティが高く、競争力のあるリーグではなかった」

左足の強烈なシュートを武器に、コリンチャンス時代は同僚であるあの「皇帝アドリアーノの息子」と称されタンキ。パソスではスポルティングやブラガなどの強豪相手にゴールを叩き込み、ポルトガル1部リーグでも着実にインパクトを残している。新型コロナウイルスによる中断期間を経た後、さらなるステップアップに期待がかかる。

©FutePor -ふとぽる-

パソスがディオゴ・ジョッタの後釜を確保!昨季2部若手MVPノミネートMFと契約

『Record』

パソス・デ・フェレイラが、ポルトガル人MFペドリーニョと2020年までの4年契約を締結したことを発表した。

昨季二桁得点を記録し、アトレティコ・マドリードへ巣立ったワンダーボーイ、ディオゴ・ジョッタの代替選手に相応しい補強となった。23歳のペドリーニョは昨季、ユースから所属する2部フレアムンデで大活躍。MFながら45試合で13ゴールと優れた得点能力を発揮し、2部リーグの得点ランキングで5位につけていた。その活躍が評価され、昨日発表された2部リーグの各種賞では、3名の最優秀若手選手賞候補にノミネートされていた。(賞自体は、ポルトBアンドレ・シウバに譲る)

移籍が決まり、ペドリーニョは初の1部挑戦に対する想いを語った。

「準備はできている。ステップアップするには適したタイミングだった。1部リーグに挑戦できることを感謝しているし、幸せに感じている」

昨季チームをリーグ7位に導いた若きエースFWディオゴ・ジョッタなき今、新シーズンのパソスの浮沈を握るのはこの男になるのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

「ポルトガルのトーレス」がアトレティコ移籍で本家と共演へ

『A BOLA』

ポルトガルメディア『A BOLA』によると、パソス・デ・フェレイラに所属するディオゴ・ジョッタが、スペインの強豪アトレティコ・マドリードと5年契約を結んだようだ。

19歳ながらU-21ポルトガル代表に飛び級で選出されているジョッタ。元指揮官パウロ・フォンセッカ(現ブラガ)からは「フェルナンド・トーレスのような選手だ」と称賛され、ポルトガルで最も期待を集める若手選手として活躍している。

バルセロナやモナコ、パリ・サンジェルマンやイングランドの複数クラブからの関心を集めていたというジョッタ。今冬の移籍市場ではベンフィカへ移籍間近だったが、最終日に破談となっていた。パソスには今季末まで所属するが、同選手はすでにメディカル・チェックと2021年までの契約締結のため、マドリードへ降り立ったようだ。

ポルトガルのトーレスが、本家フェルナンド・トーレスの愛するクラブ、アトレティコへ。ワントップの人材が不足するポルトガル代表のために、若くしてキャプテンを務めたトーレスのような大成が望まれる。

©FutePor -ふとぽる-

バルサ、モナコ、ベンフィカが狙う19歳のジョッタが「21世紀最高の若手ポルトガル人FW」に

パソス・デ・フェレイラに所属するU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが、「21世紀最高の若手ポルトガル人FW」に躍り出た。

19歳のディオゴ・ジョッタは、かつての指揮官パウロ・フォンセッカ(現ブラガ監督)に、「フェルナンド・トーレスのような選手だ」と絶賛され、バルセロナやモナコ、ベンフィカなど各国のビッグクラブが関心を寄せる、ポルトガルで最も注目を集める若手選手の1人である。そんなジョッタが、21世紀最高の若手ポルトガル人FWになったとは、一体どういうことなのか。

『playmakerstats』によると、リーグ戦21試合で7ゴールを決めているジョッタの得点ペースは、21世紀のポルトガル人選手の中で最年少の記録であるという。19歳と2ヶ月17日のジョッタは、2001-02シーズンに21試合で6ゴールを記録した元ポルトガル代表のエース、エウデル・ポスティガ(現リオ・アベ)のレコードを打ち破った。近年では、2013-14シーズンにビトーリア・セトゥバルで5ゴールを残したリカルド・オルタ(現マラガ)をも追い抜き、21世紀で最高の若手FWに躍り出たというわけだ。

これまで、21試合で7ゴールを決めていた若手選手を見つけるには、20世紀は1977-78シーズンまで遡らなければならない。本シーズンには、ネウソン・モウティーニョとシャラーナの2名の若手がジョッタと同じ記録を打ち立てた。ちなみに、シャラーナは前シーズンの76-77に、18歳と1ヶ月25日の若さで、21試合8ゴールと、ジョッタを超える活躍を見せている。

76-77シーズンまで振り返ること約40年。「ポルトガルのフェルナンド・トーレス」は、40年間で最高の若手ポルトガル人FWの名声を手に入れた。すでにベンフィカ移籍に関して基本合意に達したと噂されるディオゴ・ジョッタは、センターフォワードが不足するポルトガル代表の救世主へと成長できるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

鹿島移籍が噂されたポルトガル人FWの日本到来はナシに。かつてプレーしたイタリア復帰へ

『O JOGO』

先日、ポルトガル1部パソス・デ・フェレイラと、今季末までの契約解除で合意に達したと報じられていたポルトガル人FWジョアン・シウバが、セリエBのアベリーノへレンタル移籍することとなった。『Gazzetta Dello Sport』が報じた。

25歳のジョアン・シウバは、鹿島アントラーズへの移籍報道で日本メディアをにぎわせたポルトガル人FWである。しかし、日本到来は実現せず。セリエBクラブと買い取りオプション付き6ヶ月の契約を結ぶようだ。

ポルトガルのユース代表世代で14試合の経験を誇るジョアンは、かつて、エバートンやウニアオン・デ・レイリアに所属していた。また、バーリとパレルモでもプレーしていたことから、イタリアへは「復帰」という形で出戻ることとなった。

同選手のレンタル先であるアベリーノは、こここまでリーグ7位につける。25歳と脂の乗った時期に、ジョアン・シウバは鹿島アントラーズでタイトル争いをするのではなく、イタリアの小クラブをセリエA昇格へ導くミッションを選んだようだ。

©FutePor -ふとぽる-