カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

ジョルジ・ジェズス新監督の構想外となったスポルティングFWディエゴ・カペルにエバートンが関心

『zerozero.pt』

スポルティングとの契約が残り1年となったスペイン人FWディエゴ・カペルに、今季限りでの退団の噂が浮上した。そして、イングランドメディアによると、プレミアの強豪エバートンが近々同選手へ獲得オファーを提示するようだ。

現在南アフリカでプレシーズンを送るスポルティング。ジョルジ・シェズス新監督は、ウイングのポジションに、U-21ポルトガル代表のカルロス・マネや、昨季大ブレイクを果たし、欧州3大リーグからの関心を集めるペルー人アンドレ・カリージョらを信頼しており、カペルのチーム内における序列は低い。

スポルティングが2011年の夏にセビーリャより契約したスペイン人FWにとって、このような状況は今に始まったことではない。毎シーズン、カペルは出場機会を徐々に減らしていた。2011-12シーズンには49試合に出場して7ゴールを記録。2012-13シーズンには36試合で5ゴール。2013-14シーズンには31試合で3ゴールと出場機会を減らし、昨季(2014-15)は27試合で1ゴールにとどまっていた。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトの若手FWが元スポルティング監督マルコ・シウバ率いるオリンピアコスへ?

『zerozero.pt』

ポルトに所属するFWエルナーニに、昨季スポルティングの監督を務め、来季よりオリンピアコスを率いるポルトガル人監督マルコ・シウバが関心を示している。選手自身も、出場機会を得るために移籍を決断する可能性があるという。

ポルトガルメディア『Record』によると、エルナーニはポルトのウイングとしてロペテギ監督の第4オプションに沈んでいるようだ。同選手は、アルジェリア代表ヤヒン・ブライミや、元バルセロナのクリスティアン・テージョ、今季チームに復帰した元ポルトガル代表シルベストレ・バレラらの後塵を排している。マルコ・シウバ率いるオリンピアコスでは、ポルトより多くの出場機会を得ることができると予想されている。

一昨季にはビトーリア・ギマラインスで活躍し、21試合で4ゴールを挙げたエルナーニ。同選手のパス75%を290万ユーロで買い取ったポルトに移籍してからは出場機会を激減させた。現在23歳、昨季のポルトでは、ロペテギ監督の信頼を勝ち取ることができずに、テージョが負傷離脱したシーズン後半に10試合に出場するのみに終わった。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングの代表MFアドリエンが再びラツィオの標的に

『A BOLA』

土曜日付けのイタリアメディア『コリエーレ・デロ・スポルト』によると、ラツィオがスポルティングのポルトガル代表MFアドリエン・シウバに再関心を寄せているようだ。

ラツィオが獲得を狙う最大のターゲットは、ゲンクに所属するセルビア人MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ。しかし、フィオレンティーナが同選手の獲得レースに参戦したことで、ラツィオはその代案の検討に迫られているという。

6月の中旬には、すでにラツィオのアドリエンへの関心は伝えられていたが、上記のような状況変化により、再び興味を強めているようだ。スポルティングの主軸として活躍しているポルトガル代表MFは、ラツィオの中盤を強化するのに最適な人材となるだろう。

©FutePor -ふとぽる-