カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

ジョルジ・ジェズス布陣の要「6番」ポジションをスポルティングで任されるのは?

『Record』

4-4-2を得意布陣とし、中盤セントラル「6番」のポジションに、攻守に渡り重要な役割を担わせるジョルジ・ジェズス監督。今季から指揮をとるスポルティングでも、セントラルハーフの2選手はチームの要となることが予想される。

ベンフィカでも、ジョルジ・ジェズスは優れた「6番」を排出してきた。ベンフィカ退団後はマンチェスター・シティやゼニトでプレーするハビ・ガルシアを始め、チェルシーでジョゼ・モウリーニョ監督のお気に入りとなっているネマニャ・マティッチはベンフィカのアンカーとしてリーグMVPに輝き、昨季はサマリスがチームの中盤を支えた。

そして、新生スポルティングでこのポジションの要となるのは、現モナコ監督レオナルド・ジャルディンも、現オリンピアコス監督マルコ・シウバもスポルティングの主軸に据えたウィリアン・カルバーリョだろう。U-21ポルトガル代表として欧州選手権でMVPに輝き、フル代表でも中盤の主力として活躍している、まさに監督の理想的な「6番」タイプだ。しかし、プレシーズンに同選手が負傷離脱したことで、ジョルジ・シェズスはシーズン序盤をキーマン抜きで戦うことを強いられている。

そんな中、監督が中盤の新たなキーマンに任命したのが、ポルトガル代表MFアドリエン・シウバである。本来はより攻撃的なポジションを得意とする「8番」寄りの選手だが、同選手の卓越したパスセンスに期待し、古巣ベンフィカとのスーペルタッサでも6番を任せるようだ。ジョルジ・シェズスのアドリエンへの信頼は厚く、2015-16シーズンはフィールドプレーヤーのキャプテンとして期待している。他にも、アドリエンと同じく攻撃的MFのポジションを得意とする代表MFジョアン・マリオも、ひとつ下がった位置でのプレー機会が増えるだろう。

中盤に優れた戦力を豊富に保持するスポルティング。果たして「6番」タイプの育成に秀でた新監督のもと、センセーショナルな活躍を魅せる選手は現れるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングがアトレティコからジョアン・マリオへの1500万ユーロのオファーを拒否

『A BOLA』

スポルティングがジョアン・マリオに対するアトレティコ・マドリードからのオファーを拒絶していた。A BOLA TVによると、バルセロナに移籍したアルダ・トゥランの後継者として期待し、その額は実に1500万ユーロに上っていたという。

2015欧州選手権ではU-21ポルトガル代表として母国の準優勝に貢献したジョアン・マリオ。フル代表にも選出されているクラブ期待の若手MFだ。スポルティングは同選手と2018年までの契約を結んでおり、違約金は4500万ユーロに設定している。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング新監督ジョルジ・ジェズス、FW3選手にシーズン55ゴールを要求

『A BOLA』

8月9日、今季初の公式戦、古巣ベンフィカとのスーペルタッサを控え、スポルティングのジョルジ・ジェズス新監督がアルジェリア代表FWスリマニと2人のコロンビア人、モンテロと新戦力テオ・グティエレスの3選手への期待を明かした。

金曜日付のA BOLA紙によると、ジョルジ・ジェズスはすべてのコンペティションにおいて3選手が最低でも合計50から55ゴールをあげることを予想しているようだ。

ジョルジ・ジェズスの計算は至ってシンプルだ。1年目に10ゴール、昨季は15ゴールを記録したスリマニは、今季20ゴールをあげると予測。1年目に16ゴール、2年目に15ゴールをあげたモンテロにも、20ゴールを計算している。2015年に、所属するリーベルプレートで19ゴールを記録し、選手として脂が乗っているグティエレスには、最低でも15ゴールを期待しているようだ。

昨季のベンフィカでも、リマとジョナスのダブルエースがリーグ得点ランキング2位3位を占めたほど、ジョルジ・ジェズスがFW陣に求める得点数は高い。果たして、3選手は監督の信頼に応えることができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

EL3次予選1stLeg。ともに新監督のもとギマラインスは敗北、ベレネンセスは勝利

『A BOLA』

ビトーリア・ギマラインスとベレネンセスが2015-16シーズン初の公式戦を戦った。EL3次予選1stLegを、ギマラインスはアウェイでオーストリアのアルタッハに1-2で敗北。ベレネンセスはホームでスウェーデンのIFKヨーテボリに2-1で勝利した。

ギマラインスはポルトから加入した新戦力U-21ポルトガル代表FWトゼが、チームを予選敗退の危機から救った。移籍後初ゴールはチームの貴重なアウェイゴールに。2ndLegで逆転するチャンスを広げた。新監督アルマンド・エバンジェリスタも「2ndLegでは良くなかった部分を改善したい」と逆転勝利への意気込みを語った。

ベレネンセスを勝利に導いた新監督サー・ピントは勝利に満足しながらも、「あとひとつふたつのチャンスをモノにできなかったのは残念だ」と、アウェイゴールを浴び相手に逆転の可能性を与えてしまったことを悔やんだ。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトが新たに望む2人のビッグネーム

『A BOLA』

カシージャスを電撃補強し、さらにエディン・ゼコやフェルナンド・ジョレンテ、エリック・ラメラらの獲得が噂されているポルトに、新たに2名のビッグネームを補強する可能性が浮上した。

1人目がアストンビラに所属するアリ・シソコ。これまでリヨンやバレンシア、リバプールなどのビッグクラブでプレー歴のある同選手は、かつてポルトに所属。アレックス・サンドロの移籍が噂される左サイドバッグのポジションに、かつての名選手の獲得を画策している。ポルトは27歳のシソコ復帰に430万ユーロを用意。ただし、リールやフィオレンティーナも獲得を狙っているという。

シソコは2008年にビトーリア・セツバルに入団し、ポルトガルへ到着。わずか半年後の2009年1月に王者ポルトに引き抜かれた。そのまた半年後には1500万ユーロの移籍金にてリヨンに移籍した。

2人目がサウサンプトンからボカ・ジュニアーズにレンタルされているパブロ・オズバルドである。29歳の同選手はボカとの契約を終えたが、所属するサウサンプトンは手放すことを画策。ジャクソン・マルティネスがアトレティコに移籍し、ワントップの補強を目指すポルトが同選手の獲得に名乗りを上げた。

©FutePor -ふとぽる-