カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

ポルトが新たに望む2人のビッグネーム

『A BOLA』

カシージャスを電撃補強し、さらにエディン・ゼコやフェルナンド・ジョレンテ、エリック・ラメラらの獲得が噂されているポルトに、新たに2名のビッグネームを補強する可能性が浮上した。

1人目がアストンビラに所属するアリ・シソコ。これまでリヨンやバレンシア、リバプールなどのビッグクラブでプレー歴のある同選手は、かつてポルトに所属。アレックス・サンドロの移籍が噂される左サイドバッグのポジションに、かつての名選手の獲得を画策している。ポルトは27歳のシソコ復帰に430万ユーロを用意。ただし、リールやフィオレンティーナも獲得を狙っているという。

シソコは2008年にビトーリア・セツバルに入団し、ポルトガルへ到着。わずか半年後の2009年1月に王者ポルトに引き抜かれた。そのまた半年後には1500万ユーロの移籍金にてリヨンに移籍した。

2人目がサウサンプトンからボカ・ジュニアーズにレンタルされているパブロ・オズバルドである。29歳の同選手はボカとの契約を終えたが、所属するサウサンプトンは手放すことを画策。ジャクソン・マルティネスがアトレティコに移籍し、ワントップの補強を目指すポルトが同選手の獲得に名乗りを上げた。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトが関心、ブラジルW杯にも出場のU-21ポルトガル代表FWラファはブラガ残留か

『A BOLA』

ポルトが獲得を狙うブラガFWラファは、最低でもあと1シーズンは所属チームでプレーすることになりそうだ。ポルト会長ピント・ダ・コスタとブラガ会長アントニオ・サウバドールの両者は、同選手の獲得交渉で合意に至らず。ブラジルW杯にも出場したU-21ポルトガル代表FWは、パウロ・フォンセッカ新監督のもと、来季もチームの主軸を担う可能性が高い。

両クラブの交渉決裂の原因は金銭面。ブラガはラファの獲得に対し1000万ユーロを希望したが、ポルトがその額の支払いを望まなかったという。

©FutePor -ふとぽる-

U-21欧州選手権準優勝監督ルイ・ジョルジが2017年まで契約を延長

『A BOLA』

U-21ポルトガル代表監督ルイ・ジョルジが2017年6月までチームを率いることになった。

2015年欧州選手権にて、U-21ポルトガル代表を準優勝に導いたルイ・ジョルジ。その功績が称えられ、ポルトガルサッカー連盟は水曜日、同監督と2017年まで契約延長を果たしたことを発表した。

現在42歳のルイ・ジョルジは2010年9月よりベレネンセス監督からポルトガル代表へ。この契約更新により、2016年リオオリンピックを指揮し、2017年にはU-21欧州選手権に再挑戦することになった。

ちなみに、ルイ・ジョルジは選手としても、かつてポルトやスポルティングなどの強豪クラブに所属。リオ・アベやベレネンセスでもプレーした。

©FutePor -ふとぽる-

18歳のオランダ人FWビラル・ウルド・シフのベンフィカ移籍が公式発表間近

『zerozero.pt』

ビラル・ウルド・シフのベンフィカ移籍が公式発表間近なようだ。18歳のオランダ人フォワードはすでにリスボンに到着。メディカルチェックを終え、数時間中には正式発表されるという。

『Record』によると、昨季トゥウェンテでプレーした18歳のビラルは、ベンフィカと2020年6月までの長期契約を結ぶようだ。

実は、ベンフィカは過去にすでに同選手と合意済み。この火曜日にビラルが18歳の誕生日を迎えたことで、公式発表に踏み込むという。

©FutePor -ふとぽる-

フルハムのギリシア代表FWがスポルティング移籍を希望し大型オファーを拒否。田中順也の退団にも影響か

『O JOGO』

フルハムに所属するギリシア人FWミトログルがスポルティング移籍を希望している。

トルコメディアによると、トラズボンスポルが同選手に対し、3年契約・移籍金1200万ユーロの大型オファーを提示したものの、スポルティングを望む選手自身に拒否されたという。同選手のプライオリティーはどうやらスポルティングにあるようだ。

ギリシア代表FWがスポルティングに加入するとなると、ジョルジ・ジェズス新監督の構想外となっている田中順也の去就にも影響する。『O JOGO』によると、スリマニ、モンテロ、グティエレスらに遅れをとる田中だが、ミトログル加入により移籍が加速することになるという。田中はモンテロがかつて所属したアメリカMLSのシアトル・サウンダーズへの移籍が噂されている。

©FutePor -ふとぽる-