カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

マンUが狙う人気銘柄ニコ・ガイタンがベンフィカに不満。クラブからの「不敬」により移籍が加速か

『zerozero.pt』

ベンフィカいちの人気銘柄アルゼンチン代表MFニコ・ガイタンが、チームへの不満を露わにした。

「事件」が起きたのは、プレシーズンマッチ、ベンフィカ対ニューヨーク・レッドブルズの試合後。ポルトガルの主要メディア『A BOLA』と『Record』がどちらも報じた。ベンフィカが2-1で勝利を果たし、試合後には、選手たちが駆けつけた約1万2000人のサポーターに挨拶をした。しかし、その傍でガイタンは1人ロッカールームに引き上げて行った。キャプテンのルイゾンが同選手を呼び戻そうとしたがかなわず、アルゼンチン代表MFはピッチを去ってしまったのだ。

なぜガイタンはこのような態度を示したのだろうか。

この日ベンチスタートとなったガイタンは、66分に途中出場した。その後キャプテンのルイゾンが82分に交代でピッチを去ることになったのだが、そのキャプテンマークをベンフィカで2年目のサマリスに授けたのだ。キャプテンのルイゾンは、監督ルイ・ビトーリアの指示でこのような行動をとったのだが、ガイタンがこれに激怒。ベンフィカで6年目を迎える古株にとって、それはまさにクラブからの「不敬」行為だったのだ。

マンチェスター・ユナイテッドやリバプールらが獲得を狙っているニコ・ガイタン。将来の動向が未だ不透明なこともあり、自身の残留を望むクラブへ不満を募らせていたのだろう。この一件により、各メディアはガイタンの移籍が加速することを予想した。

『Record』によると、ガイタンの退団はスーペルタッサ終了後になるという。ベンフィカは8月9日にスポルティングとのシーズン開幕を告げる一戦を戦う。それまでにクラブ会長ルイス・フィリペ・ビイエラと代理人のジョルジ・メンデスが、27歳のアルゼンチン代表MFの移籍を仲介するとのこと。

昨季から加熱する、長年ベンフィカを支えた現10番の退団がいよいよ現実味を帯びてきた。

©FutePor -ふとぽる-

レアルとシャフタールからポルトが狙う2人のブラジル人MF

『zerozero.pt』

ポルトがレアル・マドリードとシャフタール・ドネツクから、それぞれ2人のブラジル人MFの獲得を狙っている。

1人目がレアルのルーカス・シウバ。レアルは保有する4名のユーロ圏外選手のうち1人の売却を迫られており、同選手が退団を余儀なくされるという。レアルは現在ハメス・ロドリゲス、ダニーロ、カゼミロ、ルーカス・シウバという4名のユーロ圏外選手を抱えているが、上限は3名と決まっているからだ。

ポルト以外にも、レアルが昨季クルゼイロから獲得した22歳のブラジル人MFには、フィオレンティーナやヘタフェ、デポルティボ,ダ・コルーニャやセビーリャなどが関心を示しており、ポルトは激しい獲得レースを強いられることとなる。

2人目がシャフタールのアレックス・テイシェイラ。イタリアメディア『TuttomercatoWeb』が月曜日、ポルトが同選手に興味を持つクラブのうちのひとつであることを明かした。25歳のブラジル人MFは2017-18シーズンまでシャフタールと契約を結んでおり、獲得には2500万ユーロがかかると推測されている。積極補強を進めるポルトにとっても相当な高額である。

©FutePor -ふとぽる-

マンCのフェルナンドがスポルティングからの関心を否定

『A BOLA』

マンチェスター・シティに所属するブラジル人MFフェルナンド。約1年前にポルトから1500ユーロの大金で移籍してきたが、プレミア1年目の昨季は印象的なプレーを披露することができず、今夏での移籍が噂され始めた。

イングランドでは、スポルティングが同選手の獲得に興味を持っているクラブのひとつだとのニュースが報道された。しかし、フェルナンド自身はかつてのライバルクラブからの関心を否定。マンチェスター・シティでの2シーズン目に楽観的なコメントを残した。

「どのクラブとも交渉の場は設けていない。マンチェスター・シティと3年の契約を残している。将来は神のみぞ知るところだ」。イギリスメディア『Daily Mail』に対してこう答えた。

「昨シーズンに起きたこと、それは僕が痛みを抱えたまま多くの試合を戦ったということだ。だから僕の能力は制限されてしまった。今の状態は100%だし、プレーに復帰できることを楽しみにしている。僕はとても楽観的な人間だからね」

所属していたポルトでは攻守にわたって安定的なプレーを見せたフェルナンド。プレミア2年目の来季こそは、その真価を発揮できるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

トッテナム所属アルゼンチン代表ラメラにポルト移籍の可能性が浮上

『zerozero.pt』

ポルトガルメディア『Record』が月曜日、トッテナムのエリック・ラメラが来季よりレンタルでポルトへ加入する可能性を報じた。

同紙によると、23歳のアルゼンチン代表MFは、ホワイト・ハート・レンでの不規則なシーズンを終え、ポルトに活躍の場を移す可能性が限りなく高いようだ。ポルトはレンタルで同選手を獲得し、750万ユーロの買い取りオプションが付けられると噂されている。

2013年にローマから3000万ユーロの大金でトッテナムに移籍したラメラ。2シーズンで63試合に出場し6ゴールを挙げている。

©FutePor -ふとぽる-

ベンフィカが退団のエース、リマの後継者としてウルグアイ代表FWに関心

『zerozero.pt』

ハル・シティに所属するアベル・エルナンデスにベンフィカが再関心を寄せている。昨年にもベンフィカが獲得を狙った同選手だが、自身はプレミアリーグを希望したため、ポルトガルリーグでのプレーを拒否していた。

ポルトガルメディア『A BOLA』によると、ベンフィカは、ウルグアイ代表FWをアル・アハリに移籍したエース、リマの後継者として期待しているようだ。所属するハル・シティがプレミアリーグから降格したことで、ベンフィカが同選手との契約で有利に立つことが予想されている。

24歳のアベル・エルナンデスにとって、昨季は不完全燃焼に終わった。ストライカーとしての本領を発揮できずに、26試合で4ゴールにとどまっていた。

©FutePor -ふとぽる-