カテゴリー別アーカイブ: NATIONAL NEWS

16-17ポルトガルリーグ各種賞が発表。王者ベンフィカとポルティモネンセが独占!

『O JOGO』

ポルトガルリーグが、2016-17シーズンの各種賞を発表。1部、2部ともに、王者が賞を独占する形となった。

1部では、最優秀若手選手、最優秀GK、最優秀監督、最優秀選手が王者ベンフィカから選出。2部では、最優秀若手選手以外の賞を王者ポルティモネンセが独占した。

最優秀監督は、2年連続で同じ顔ぶれに。1部ではベンフィカのルイ・ビトーリア、2部では昨季シャービスで最優秀監督賞を受賞した「昇格王」ことビトール・オリベイラが、今回はポルティモネンセ監督として選出された。

1部の最優秀選手は、5年連続でベンフィカから選出。ネマニャ・マティッチ(現チェルシー)、エンゾ・ペレス(現リーベルプレート)、ジョナス(現ベンフィカ、2年連続)に続き、キャリアハイのシーズンを送ったピッツィがリーグMVPの名誉を獲得した。

以下、2016-17ポルトガルリーグ各種賞

<1部>
・最優秀若手選手
ネウソン・セメード(ベンフィカ)

・最優秀GK
エデルソン・モラエス(ベンフィカ→マンチェスター・シティ)

・得点王
バス・ドスト(スポルティング)

・最優秀監督
ルイ・ビトーリア(ベンフィカ)

・最優秀選手
ピッツィ(ベンフィカ)

・ベストゴール
サウバドール・アグラ(ナシオナル→ベンフィカ)

<2部>
・最優秀若手選手
ルイ・コスタ(バルジン)

・最優秀GK
リカルド・フェレイラ(ポルティモネンセ)

・得点王
ピレス(ポルティモネンセ)

・最優秀監督
ビトール・オリベイラ(ポルティモネンセ)

・最優秀選手
パウリーニョ(ポルティモネンセ)

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングがバルセロナDFジェレミ・マテューを獲得!4人連続の大型補強に

『zerozero.pt』

スポルティングが、バルセロナDFジェレミ・マテューを獲得したことを正式に発表した。

バルセロナでの3シーズンを終え、今週からスポルティングの練習に参加していたマテューは、スポルティング移籍が既定路線とされていたが、この日ついに移籍が正式発表。ポルトガルクラブと2年契約を締結し、違約金は6000万ユーロに設定された。

今オフ、積極的に補強を進めるスポルティングにとって、マテューは8人目の補強となった。特に直近は大型補強が続き、ブルーノ・フェルナンデス、ドゥンビア、ファビオ・コエントランに続き、4人連続となる有名選手を獲得した。

王座奪還を狙うスポルティング。来季への意気込みは、積極的な補強からひしひしと伝わるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

モレイレンセMFカウエ、Jリーグ移籍で合意か。移籍金は約1億円との報道も

『zerozero.pt』

モレイレンセに所属するブラジル人MFカウエが、Jリーグへの移籍で合意に達したようだ。

ポルトガルメディア『zerozero.pt』によると、カウエとモレイレンセ、そして、あるJクラブの3者は、同選手の移籍で今週なかばにすでに合意。残すは事務手続きのみであるという。移籍金は80万ユーロと報じられており、現在の1ユーロ約130円換算で約1億円となるようだ。

また、同メディアは、「サラリーの観点から比べなれないほどに好条件の契約」と報じ、Jリーグクラブが現在よりも多くの年俸を提示して、モレイレンセから獲得することを明かした。

いまだ、カウエの移籍先となる日本クラブの具体的な名は報じられていないが、昨季モレイレンセをカップ優勝に導いた立役者の来日は、かなり有力となったようだ。

©FutePor -ふとぽる-

モレイレンセ奇跡の優勝を演じたブラジル人MFにJリーグ移籍の噂が浮上!

『O JOGO』

ポルトガル1部モレイレンセに所属するブラジル人MFカウエにJリーグ移籍の噂が浮上。『O JOGO』が報じた。

同メディアによると、モレイレンセはレッドブル・ブラジルに所属するラファエウ・コスタと2年契約を締結したことが濃厚となっており、「このブラジル人の加入は、カウエの日本へに移籍に備える目的がある」と報じた。ただし、カウエのJリーグ移籍を「交渉中」としながらも、「日本のクラブの名前は不明である」と、明確な移籍先は報じなかった。

カウエは昨季、マッカビ・テル・アビブからモレイレンセに加入すると、1年目から38試合4ゴールを記録するなど、チームの中心選手として活躍した28歳のブラジル人。186センチの長身を武器とするセントラルMFである。昨季はモレイレンセが奇跡のリーグ杯優勝を成し遂げたが、同選手は、ブラガとのファイナルで決勝ゴールとなるPKを沈めて一躍有名になっていた。

(ブラガ戦のハイライトは下記より)

モレイレンセの奇跡を演じた屈強なブラジル人MFの来日は実現するのだろうか。明確な移籍先など、続報を待ちたい。

©FutePor -ふとぽる-

かつて本田圭佑とプレーしたドゥンビアのスポルティング移籍が決定!

スポルティングが、ローマからコートジボワール人FWセイドゥ・ドゥンビアをレンタル移籍で獲得したことを正式に発表した。

かつて柏レイソルや徳島ヴォルティスでもプレーし、ロシアのCSKAモスクワでは日本代表FW本田圭佑と同僚であったため、日本でもよく知られる存在であるドゥンビア。ローマから買取オプション付きの期限付き移籍で、ポルトガルの強豪クラブに加入した。

昨季はレンタル先のバーゼルで21ゴールを決めるなど、CSKAモスクワ時代の得点力は未だ健在。スポルティングは、今季1億ユーロと桁外れな違約金を設定したブルーノ・フェルナンデスに続き、大型選手の獲得を実現させた。

©FutePor -ふとぽる-