カテゴリー別アーカイブ: ポルティモネンセ

ポルトガル1部ポルティモネンセFWが、岡田武史氏オーナーのFC今治へレンタル移籍!

ポルティモネンセが、ブラジル人FWブバことウェズレイ・サントスを、元日本代表監督岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治へレンタル移籍させることを正式に発表した。

現在24歳のブバは、182センチのブラジル人FW。2015-16シーズンより母国からポルティモネンセに移籍し、これまで2シーズンで26試合に出場し、1ゴールを記録。出場機会を求めて、日本へ1年間のレンタル移籍を果たした。

今季よりポルトガル1部で戦うポルティモネンセは、かつて金崎夢生が所属し、現在は元鹿島FWファブリシオや、日本人FW亀倉龍希が所属するなど、日本とは親交の深いクラブ。今夏は、保有権の50%を保持していたブラジル人CBマウリシオ・アントニオが浦和レッズに移籍しており、またもポルティモネンセ所属のブラジル人が来日することとなった。

©FutePor -ふとぽる-

これぞポルトガル1部の恩恵。ポルティモネンセ若手FWに昨季4位のギマラインスが興味か

ポルティモネンセに所属する若手ブラジル人FWブルーノ・タバタにビトーリア・ギマラインスが関心を寄せているようだ。

現在20歳のタバタは、昨季ポルティモネンセのユースチームからトップに昇格したばかりの若手FW。1年目ながら34試合に出場するなど主力として活躍していた。今季も、若手ながらチームの中心選手としてプレーすることが期待されており、開幕戦のボアビスタ戦では、チームを2-1の逆転勝利に導く決勝点を挙げていた。

タバタに関心を寄せているというビトーリア・ギマラインスは、昨季リーグ4位と躍進したポルトガルを代表する強豪クラブ。ウディネーゼへの移籍の噂が報じられているラフィーニャの後釜として、タバタに注目しているという。

今季から1部に上がったことでより注目度が増したポルティモネンセの面々。日本でも馴染みの深いファブリシオや亀倉龍希にも、活躍次第では1部の強豪クラブへの道が大きく拓けるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ファブリシオ所属のポルティモネンセが、プレシーズンにポルト相手に早めの腕試し!

ポルトが、2017-18プレシーズンの日程を発表した。

セルジオ・コンセイサオン新監督率いるポルトは、7月15日からメキシコ遠征に出発。その後帰国し23日にギマラインスと練習試合した後、24日から29日にポルトガル南部アルガルベ地方へ遠征。27日にポルティモネンセと対戦した後、7月30日にドラガオン・スタジアムでサポーターへホームお披露目となる。

2017-18シーズンより1部へ復帰するポルティモネンセにとっては、強豪クラブが並み居る1部への試金石として、最大のビッグクラブ、ポルトと対戦できるのは貴重な機会。ファブリシオと亀倉龍希も、この夏に移籍をしなかれば、ポルトとの貴重なプレシーズンマッチに出場することだろう。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセを率いる「昇格王」が残留を明言!来季は2004-05ぶりに1部挑戦へ

『zerozero.pt』

ポルトガル2部リーグの優勝を決めたビトール・オリベイラ監督が、サンタ・クラーラ戦後に「ポルティモネンセに残る」と1部へ昇格するクラブに残留することを明言した。

ビトール・オリベイラといえば、ポルトガルいちの「昇格王」と知られており、今季ポルティモネンセを1部昇格に導いたことで、5年連続自身10回目の昇格を決めていた。しかし、その名声ゆえに1部に昇格しても他の2部クラブに引き抜かれるのが常であった。それでも、今季はポルティモネンセへの残留を明言。モレイレンセを率いた2004-05シーズン以来となる1部リーグ挑戦となる。

ポルトガルを代表する63歳の老将は、「昇格王」とされる自身のイメージにさらなる評価を上積みできるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセがポルトガル2部リーグ優勝!ファブリシオは最終節に復帰も出場なし

ポルトガル2部リーグの最終節が各地で行われ、ファブリシオや亀倉龍希らが所属するポルティモネンセが、リーグ優勝に輝いた。

この日、サンタ・クラーラに勝利すれば優勝が決まる一戦。ファブリシオは負傷から復帰し久々のベンチに入りを果たした。試合はポルティモネンセが2-1で勝利。ファブリシオに出場機会は訪れなかったが、チームは最終節に2部優勝を決定させた。

すでに1部昇格を決めていたポルティモネンセだが、最終節に有終の美を飾った。来季は、2部王者のタイトルをひっさげ、リーグ4連覇の絶対王者ベンフィカやポルト、スポルティングなど強豪チームが並み居る1部リーグに挑戦する。

©FutePor -ふとぽる-