カテゴリー別アーカイブ: ポルティモネンセ

ビトール・オリベイラ退任のポルティモネンセ、新監督候補に4名のポルトガル人監督

『zerozero.pt』

ポルティモネンセの新監督候補に、4名のポルトガル人監督の名前が挙がっていることがわかった。ポルトガル大手サッカーメディア『zerozero.pt』が報じた。

ポルティモネンセは、2部優勝を成し遂げチームを1部に導き、1部初年度でリーグ10位と健闘したビトール・オリベイラとの契約延長を断られ、来シーズンの新監督探しを迫られていた。クラブはオリベイラと同様のプロフィール、つまり、国内で実績を積んだベテラン監督を探しており、その候補に3名の監督が挙がったようだ。

1人目が、今季ビトーリア・セトゥバルて率いてリーグ14位となったジョゼ・コウセイロ。かつてはスポルティングやエストリル、ロシアのスパルタクなどを率い、国内外の経験が豊富な55歳のベテラン監督である。

2人目が、今季途中にペドロ・マルティンスの後を継ぎ、クラブを9位に導いたビトーリア・ギマラインスのジョゼ・ペゼイロ。直近の3シーズンは、ポルト、ブラガ、ギマラインスで毎年シーズン途中に監督就任しているポルトガル屈指の「名ピンチヒッター」である。同監督は、すでにギマラインス退団が決定しており、新天地を探している。

3人目が、シャービスをリーグ6位と大躍進させたルイス・カストロ。長らくポルトの育成組織で監督を務め、ポルトのトップチームやリオ・アベなどの強豪クラブを率いた経歴も持っている。同監督も、すでにシャービスからの退任が決まっている。

上記ベテラン3名に加え、野心のある若手監督の招聘も検討しており、ポルトB監督からの退任が決まったアントニオ・フォーリャにも目をつけているようだ。

中島翔哉やファブリシオらの活躍で、昇格組ながらリーグ10位と検討したポルティモネンセ。新監督の動向には、日葡両国のファンが注目していることだろう。

©FutePor -ふとぽる-

元鹿島ファブリシオに、ポルトガルの4強ブラガが興味!リーグ4位の15ゴールを評価

『O JOGO』

ポルトガルリーグ「4強」の一角ブラガが、ポルティモネンセに所属するブラジル人FWファブリシオの獲得に興味を抱いているようだ。ポルトガル大手サッカーメディア『O JOGO』が報じた。

今季ポルティモネンセでチームトップとなる15ゴールを挙げたファブリシオ。これは、得点王に輝いたベンフィカのジョナス、昨季の得点王スポルティングのバス・ドスト、リーグ王者ポルトのチーム内得点王ムサ・マレガに次ぐ、リーグ4位の数字であり、ポルトのカメルーン代表FWバンサン・アブバカルらに並ぶ好成績である。

ブラガは、主力攻撃陣に退団の可能性が浮上しているため、リーグ屈指の得点源として、かつて鹿島アントラーズでプレーしたブラジル人FWに目をつけたという。そのため、同メディアはこのシナリオを「非常に確度が高い」と報じている。また、ポルティモネンセSAD会長ロドニー・サンパイオ氏によると、ファブリシオはブラガにより、シーズンを通じて「よく視察されていた」ようだ。

ポルト、ベンフィカ、スポルティングに次ぐ、リーグ4番目の強豪クラブとして知られるブラガ。今季は、クラブ史上最多となる勝ち点75を稼ぎ出し、3位スポルティングを同3差で追い、5位リオ・アベを同24差で引き離す、3強以外のクラブでは圧倒的な成績を残していた。

2010-11シーズンには、ドミンゴス・パシエンシアに率いられELで準優勝に輝いたポルトガルの名門。果たしてファブリシオは、ポルトガルの「ガナーズ」と知られる赤いユニフォームに袖を通すことはあるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

代表コーチがポルティモネンセ中島翔哉を視察!1G1Aの活躍で日本代表入りに一歩前進?

『maisfutebol』

敵地フェイレンセ戦で1-3の勝利を飾り、自らも1ゴール1アシストの大車輪の活躍を果たしたポルティモネンセ中島翔哉。この日、フェイレンセのマルコリーノ・デ・カストロ・スタジアムに、日本代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチのアシスタントコーチが視察に訪れていたようだ。フェイレンセの首脳陣が、試合後ポルトガルメディアに公表した。

まさに「試合に出れば決める」と言っても過言ではないほどに、ポルティモネンセの得点源として活躍している中島は、この日もウイングのポジションでスタメン出場を果たした。70分には、敵ディフェンスライン裏への絶妙なスルーパスでウェリントンのゴールをお膳立てし、88分には、右サイドからのクロスをトラップした後、わずかに前に出ていた敵GKのポジショニングを見極めて技ありのループを沈め、今季リーグ9得点目を決めた。

いよいよロシアW杯が直前に迫る中、視察に訪れた日本代表コーチに自らの存在を存分に見せつけた中島。1ゴール1アシストでまたもポルトガルメディアを賑わす活躍で、滑り込みでの日本代表メンバー入りに一歩近づいたのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-

過熱するポルトの中島翔哉・パウリーニョ「ダブル獲り」報道。ポルティモネンセ会長がその真相を明かす!

『maisfutebol』

ポルトが、ポルティモネンセのブラジル人MFパウリーニョと、日本人FW中島翔哉の1月中の「ダブル獲得」を目指しているという報道が複数のポルトガルメディアにより報じられ、またも移籍報道が過熱している。そんな中、『maisfutebol』がポルティモネンセ会長からのコメントを入手。パウリーニョと中島の移籍騒動の真相について口を開いたその内容を報じた。

『maisfutebol』によると、両クラブの交渉は「かなり進んでいる」ようだ。ポルティモネンセの最大株主であり、所属選手の代理人も務めるテオドロ・フォンセッカが直接移籍交渉に携わり、クラブ会長ロドニー・サンパイオも、移籍成立の断言は避けたものの「今月末までに全ては起こり得る」と移籍の可能性が否定できないことをほのめかした。

ポルティモネンセが今月中に2代看板のうちのどちらか、または、両方をポルトに手放す可能性が、次第に現実味を帯びて来た。特に、パウリーニョは2019年6月まで契約を残し、違約金が2000万ユーロと高額に設定されていることから、ポルトは買い取りオプション付きのレンタル移籍を目指すなど具体的に報じられており、同メディアも「パウリーニョはレンタルでポルトへ向かう」と半ば断定的な表現で記載。一方で、中島翔哉については、「より複雑な状況にある」と記載し、ポルティモネンセが800万ユーロのオファーを拒否したことを引き合いに出し、「ポルトにとっては受け入れるのが難しい投資」が必要であるとした。中島の移籍については、サンパイオ自身も「中島はもう20回くらい売られたことになっているね(笑) もしポルトが引き抜きたいなら、(違約金を)支払わなければならないのは自然なこと」と、あくまでも違約金満額を満たすオファー以外は認めない姿勢を貫いた。

両クラブの対話は今後数日間は続けられる模様。パウリーニョのレンタル移籍は現実性が高まって来たが、中島翔哉の移籍についてはまだ様子見といったところだろう。しかし、ポルトとの移籍交渉は実際に行われており、しかも前進の兆しを見せていることが今回の報道で明らかになった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、中島翔哉の獲得へさらなる意欲。今季リーグ無敗監督コンセイサオンが好評価

『A BOLA』

ポルトがポルティモネンセFW中島翔哉の獲得への意欲をさらに強めているようだ。ポルトガル最王手サッカーメディア『A BOLA』が報じた。

同メディアによると、今季より古巣クラブの監督に就任し、ここまでリーグ無敗でチームを首位に導いているセルジオ・コンセイサオンが中島のクオリティを評価しており、ウイングのポジジョンでプレーするヤシン・ブライミヘスス・コローナ、エルナーニらとのチーム内競争を激しくするため、中島の加入を歓迎しているという。

ただし、ポルトはポルティモネンセが要求する中島の違約金満額である1000万ユーロを支払う意思はなく、現在ポルティモネンセにレンタル移籍中の左サイドバック、イナーシオの保有権の移譲と、ブラジル人ガレーノの今季末までの貸し出しをもって、獲得に必要な資金を下げようとしているようだ。

最後に、同メディアは「両クラブの良好な関係からも、ポルトはポルティモネンセとの合意に至ることが可能であると信じている」と、移籍の可能性についてはポジティブに捉えていることを報じた。

©FutePor -ふとぽる-