カテゴリー別アーカイブ: ポルティモネンセ

過熱するポルトの中島翔哉・パウリーニョ「ダブル獲り」報道。ポルティモネンセ会長がその真相を明かす!

『maisfutebol』

ポルトが、ポルティモネンセのブラジル人MFパウリーニョと、日本人FW中島翔哉の1月中の「ダブル獲得」を目指しているという報道が複数のポルトガルメディアにより報じられ、またも移籍報道が過熱している。そんな中、『maisfutebol』がポルティモネンセ会長からのコメントを入手。パウリーニョと中島の移籍騒動の真相について口を開いたその内容を報じた。

『maisfutebol』によると、両クラブの交渉は「かなり進んでいる」ようだ。ポルティモネンセの最大株主であり、所属選手の代理人も務めるテオドロ・フォンセッカが直接移籍交渉に携わり、クラブ会長ロドニー・サンパイオも、移籍成立の断言は避けたものの「今月末までに全ては起こり得る」と移籍の可能性が否定できないことをほのめかした。

ポルティモネンセが今月中に2代看板のうちのどちらか、または、両方をポルトに手放す可能性が、次第に現実味を帯びて来た。特に、パウリーニョは2019年6月まで契約を残し、違約金が2000万ユーロと高額に設定されていることから、ポルトは買い取りオプション付きのレンタル移籍を目指すなど具体的に報じられており、同メディアも「パウリーニョはレンタルでポルトへ向かう」と半ば断定的な表現で記載。一方で、中島翔哉については、「より複雑な状況にある」と記載し、ポルティモネンセが800万ユーロのオファーを拒否したことを引き合いに出し、「ポルトにとっては受け入れるのが難しい投資」が必要であるとした。中島の移籍については、サンパイオ自身も「中島はもう20回くらい売られたことになっているね(笑) もしポルトが引き抜きたいなら、(違約金を)支払わなければならないのは自然なこと」と、あくまでも違約金満額を満たすオファー以外は認めない姿勢を貫いた。

両クラブの対話は今後数日間は続けられる模様。パウリーニョのレンタル移籍は現実性が高まって来たが、中島翔哉の移籍についてはまだ様子見といったところだろう。しかし、ポルトとの移籍交渉は実際に行われており、しかも前進の兆しを見せていることが今回の報道で明らかになった。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、中島翔哉の獲得へさらなる意欲。今季リーグ無敗監督コンセイサオンが好評価

『A BOLA』

ポルトがポルティモネンセFW中島翔哉の獲得への意欲をさらに強めているようだ。ポルトガル最王手サッカーメディア『A BOLA』が報じた。

同メディアによると、今季より古巣クラブの監督に就任し、ここまでリーグ無敗でチームを首位に導いているセルジオ・コンセイサオンが中島のクオリティを評価しており、ウイングのポジジョンでプレーするヤシン・ブライミヘスス・コローナ、エルナーニらとのチーム内競争を激しくするため、中島の加入を歓迎しているという。

ただし、ポルトはポルティモネンセが要求する中島の違約金満額である1000万ユーロを支払う意思はなく、現在ポルティモネンセにレンタル移籍中の左サイドバック、イナーシオの保有権の移譲と、ブラジル人ガレーノの今季末までの貸し出しをもって、獲得に必要な資金を下げようとしているようだ。

最後に、同メディアは「両クラブの良好な関係からも、ポルトはポルティモネンセとの合意に至ることが可能であると信じている」と、移籍の可能性についてはポジティブに捉えていることを報じた。

©FutePor -ふとぽる-

ポルティモネンセ会長、ついに中島の移籍に言及「留めたいが難しい。違約金が支払われれば…」

『maisfutebol』

ベンフィカやポルト、ウォルフスブルクからの関心が伝えられている中島翔哉。日に日に移籍の噂が過熱しているが、ついにポルティモネンセ会長ロドニー・サンパイオ氏が、同選手の移籍について口を開いた。

『maisfutebol』によると、すでにポルティモネンセはレンタル先であるFC東京から、中島の保有権を全て買い取ったようだ。サンパイオ氏によると、「1月末までは1000万ユーロの違約金が設定されており、その後は2000万ユーロに上がる」という。また、退団の可能性については、「我々は彼を留めたいと思っているが、それは難しいことになるだろう。すでに800万ユーロのオファーを拒否している。宝は誰かが違約金を支払ったときのみ、ここを去る」と語り、中島の違約金である1000万ユーロを支払うクラブが現れた場合、同選手の放出はやむを得ないことを暗示した。

中島の違約金が、2月からは2000万ユーロになることを鑑みると、この冬、1000万ユーロのうちに具体的なオファーを差し出すクラブが現れるかもしれない。その場合は、ポルティモネンセとしても拒否することは難しいようだ。

©FutePor -ふとぽる-

ベレネンセスとドローも、現地メディアが中島翔哉を最も際立った選手に選出。関心を寄せるドイツ1部クラブも判明

『maisfutebol』

ポルトガルリーグ第16節、ポルティモネンセは、ベレネンセスと対戦し、スコアレスドローに終わった。

その中でも、ポルトガルメディア『maisfutebol』は、最も際立っていた選手に、この日フル出場を果たした中島翔哉を選定。下記のように、中島の活躍ぶりを「違うリズム」と評価した。

「ウォルフスブルクとベンフィカからの関心が伝えられた日本人は、常に動き回り、チームを加速させた。試合は、トランジションの場面で硬さがあったポルティモネンセにとって思う通りには進まなかった。中島はボールを触る機会こそ少なかったが、ボールを持ったときには常に、リズムで違いを作り出し、すでにいくつかのゴールを決めてきた危険なダイアゴナルな動きでゴールに迫ろうとしていた。中盤からの速攻のシーンでは、得点間近であった」

ちなみに、すでにドイツ1部クラブが中島翔哉にオファーを出したがポルティモネンセ側に断られていたという報道がされていたが、どうやらそのクラブは、かつて長谷部誠が所属したウォルフスブルクであったようだ。この日最も目立った選手の評価記事から、中島に関心を寄せていたクラブも判明する形となった。

©FutePor -ふとぽる-

中島翔哉がロングインタビューに応答。ポルトへの憧れを語るも直近は残留希望「もう少しこのクラブでプレーしたい」

『O JOGO』

夏の移籍市場終了間際にポルティモネンセに加入し、瞬く間にチームの中心となった中島翔哉をポルトガル大手サッカーメディア『O JOGO』が特集。ポルトガルリーグへの適応や自身の将来など、中島のロングインタビューを掲載した。

(下記日本語訳は中島翔哉本人の日本語ではなく現地メディアの翻訳)

こんなにも容易にポルティモネンセに馴染むことができると思っていましたか?

ーポルトガルリーグは自分の特徴によく合うリーグ。だから、いつもチームを助けるためのゴールをたくさんあげられると思っていた。でも正直言うと、今のようにシーズン前半の早いうちに、こんなにも早く適応できるとは思っていなかった。

それでも、難しさやサッカーの違いを感じることはありませんか?

ーチームが展開するサッカーは攻撃的で、それが適応を容易にした。自分にとって、このチームのサッカーは、好みで心地よく感じられる種類・スタイル。

ビトール・オリベイラ監督が求めることは理解していますか?どのようにして監督の言うことを理解していますか?

ー監督とは、基礎的で簡単な英語を使って会話する。今は、少しのポルトガル語を話そうと試みているところ。もう、ちょっとしたことなら話せる。どうしてもコミュニケーションが取れない場合は、リュウキ(亀倉龍希)に通訳してもらい、監督とコミュニケーションを取っている。チームメイトともそうすることはあるけれど、こっちの場合、お互いすでに良く理解し合っている。

最も魅力的なポルトガルのチームはどこですか?

ーポルトガルにはクオリティの高いチームがたくさんある。特に、ポルトが展開するサッカーが好み。前から思っていたけど、今ではその想いは確信に変わった。ポルト、ベンフィカ、スポルティングの3強は世界中で尊敬されていて、どれもクオリティのあるチーム。でも3クラブの中では、特にポルトのサッカーの特徴・スタイルが好み。

すでに数チームがあなたを視察し、ポルティモネンセを早いうちに退団するのではないかという報道もあります。ポルトガルのビッグクラブでプレーしたいと思っていますか?

ーもし将来チャンスがあれば、ポルトでプレーしたい。

それがあなたの夢?

ー今は23歳で、今後、他の国や他の種類のサッカーを知ってみたいとも思っている。でも、今は自分が望んでいたこと、すなわち、ポルトガルに、そしてポルティモネンセにうまく適応することを達成しているところ。ここにいるのは好きだから、もう少しこのクラブにいたいし、ここでもっと結果を残したい。

ポルティモネンセへの愛着を語るの同時に、国内ビッグクラブや国外クラブでプレーしたい将来的な想いも口にした中島。ポルティモネンセへの残留希望を明かしながらも、冬の移籍市場でのオファー次第では、将来の目標のため、早いうちに移籍を決断する可能性もあるのかもしれない。本インタビューで『O JOGO』が「小さな皇帝」と呼称したその将来やいかに。

©FutePor -ふとぽる-