カテゴリー別アーカイブ: ポルト

ポルトのヘスス・コローナが、ドルトムント移籍間近か

『O JOGO』

ポルトのメキシコ人FWヘスス・コローナに退団の時期が迫っているようだ。

バルセロナやミランからの関心が噂されていたコローナだが、『Jueque Balón』は、同選手がドルトムントへの移籍で合意に達したことを報道した。

昨季は序盤戦こそ、U-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタらにスタメンの座を譲ったヘスス・コローナだが、シーズン後半にレギュラーを奪取。昨季は、計41試合に出場し、6ゴールを記録していた。

©FutePor -ふとぽる-

ポルト、ブラジルの至宝インテルFWガビゴウに興味。選手の代理人がポルトに好印象とも

『zerozero.pt』

エースFWアンドレ・シウバをミランへ放出したポルトが、前線の新たなオプションとして、インテルのガビゴウこと、ガブリエウ・バルボーザに興味を寄せているようだ。『GloboEsporte』が報じた。

ブラジルメディアによると、インテルの新監督ルチアーノ・スパレッティは、ガビゴウを構想に入れておらず、同選手の代理人は、ポルトが選手が成長するには理想的な環境であると考えているという。

3000万ユーロでインテルに加入したブラジルの至宝だが、昨季はわずか10試合に出場して1ゴールを挙げたのみ。再起をかけて、ポルトの名門クラブへの移籍を決断するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

久保裕也ポルト移籍の条件とされたドゥポワトルのプレミア移籍が決定

『zerozero.pt』

ポルトのベルギー人FWローラン・ドゥポワトルが、ハダースフィールドへ移籍することが決定。来季より1部に昇格するクラブと2年+1年の延長オプション付きの契約を締結した。

鳴り物入りでポルトに加入し、9番を背負うなど期待されたドゥポワトルだが、昨季はわずか13試合に出場し2ゴールをあげたのみ。3年の契約を残し、1年でポルトを退団することとなった。

先日は、日本代表FW久保裕也の獲得のため、年俸が高額なドゥポワトルをヘントへ復帰させるプランがポルトガルメディアによって報じられていたが、同選手の古巣への移籍は消滅。ヘントから久保を獲得する際に、ドゥポワトルを差し出す交渉の可能性はなくなったが、ミラン移籍のアンドレ・シウバに続きFWのポジションが空いたことで、ポルトは今後、前線の補強を積極的に推し進めるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

日本代表FW久保裕也にポルト移籍の噂が浮上!現9番の古巣復帰が鍵を握るか

『A BOLA』

ベルギーのヘントで絶好調の日本代表FW久保裕也にポルト移籍の噂が浮上した。ポルトガル最大手サッカーメディア『A BOLA』が報じた。

同メディアによると、ポルトはこの冬350万ユーロという破格の値段で、ヤングボーイズから現在ポルトで9番を背負うローラン・ドゥポワトルの古巣であるヘントに移籍した久保の獲得に興味を示しているようだ。もし移籍が実現する際は、このドゥポワトルが含まれることが有力とされており、同選手が年俸を下げて古巣へ復帰する意思を示すかどうかが交渉の行方を左右するとされている。

エースのアンドレ・シウバがミランへ移籍したことで、チキーニョ・ソアレスと並ぶFWを探しているポルト。ヤングボーイズでの3年半で131試合に出場し、37ゴールを決めるなど得点力があり、また前線なら様々なポジションでプレーできる久保に白羽の矢を立てたのだろう。果たして、絶好調の久保は、名門ポルトのトップチームでプレーする最初の日本人選手となれるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

ポルトまたも生え抜きが退団か。ルーベン・ネーベスにプレミアの強豪2クラブが関心

『zerozero.pt』

ミランへ3800万ユーロで移籍したアンドレ・シウバに続き、またもポルト期待の生え抜き選手に、退団の時が迫っている。移籍の噂が浮上したのは、U-21ポルトガル代表MFルーベン・ネーベス。20歳の同選手にプレミアのメガクラブが関心を寄せているようだ。

『A BOLA』によると、ルーベン・ネーベスに長らく関心を寄せているのは、リバプールとチェルシー。ポルトで史上最年少キャプテンを務めた試合もある期待の若手選手の獲得を狙っているようだ。

ここ2シーズン、チームの中心選手としてフル稼働し、35試合以上に出場していたネーベスだが、今季は監督交代の影響もあり、わずか18試合のみ。『zerozero.pt』はネーベスがポルト残留よりも移籍を選ぶ可能性が高いと推測している。

なお、ポルトはルーベン・ネーベスと2019年までの契約を結び、違約金は4000万ユーロに設定している。

©FutePor -ふとぽる-