カテゴリー別アーカイブ: スポルティング

またも大型補強成立か。「ガビゴウのプライオリティはスポルティング」と代理人が明言

『zerozero.pt』

ブラジル人FWガビゴウことガブリエウ・バルボーザのスポルティング移籍の可能性が高まっている。

ガビゴウの代理人であるワグネル・ヒベイロ氏が、『Record』のインタビューに応答。「ガビゴウのプライオリティはスポルティングであると明言できる」と、インテルで苦戦する同選手がポルトガル移籍を第一候補に考えていることを明かした。

移籍交渉は進展を見せ、選手自身もスポルティング移籍について良い印象を抱いているようだ。「インテルのピエロ・アウシリオ氏と話してきたところだ。そしてガビゴウも1シーズンだけスポルティングでプレーすることに興味を抱いている。そしていま、我々はスポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ会長と話し合いをしているところだ。スポルティングとは今日中に話をまとめたい。他のクラブも彼に興味を寄せており、早いうちに解決する必要がある」と、金曜日までに移籍交渉の締結を目指していることを明かした。

移籍に向けて最大の障壁は、同選手の高額年俸になりそうだ。現在ガビゴウはインテルで300万ユーロの年俸をもらっており、スポルティングにレンタル移籍させる場合、インテルがその70%を支払うことになりそうだという。

今季、スポルティングはブルーノ・フェルナンデスやセイドゥ・ドゥンビア、ファビオ・コエントランにマテューなど、世界各国の有名プレーヤーの大型移籍を実現させてきた。すでにライバルであるポルトがガビゴウに興味を抱いていることは報じられていたが、スポルティングがまたも有名スタープレーヤーを手中に収めてしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティングがバルセロナDFジェレミ・マテューを獲得!4人連続の大型補強に

『zerozero.pt』

スポルティングが、バルセロナDFジェレミ・マテューを獲得したことを正式に発表した。

バルセロナでの3シーズンを終え、今週からスポルティングの練習に参加していたマテューは、スポルティング移籍が既定路線とされていたが、この日ついに移籍が正式発表。ポルトガルクラブと2年契約を締結し、違約金は6000万ユーロに設定された。

今オフ、積極的に補強を進めるスポルティングにとって、マテューは8人目の補強となった。特に直近は大型補強が続き、ブルーノ・フェルナンデス、ドゥンビア、ファビオ・コエントランに続き、4人連続となる有名選手を獲得した。

王座奪還を狙うスポルティング。来季への意気込みは、積極的な補強からひしひしと伝わるだろう。

©FutePor -ふとぽる-

かつて本田圭佑とプレーしたドゥンビアのスポルティング移籍が決定!

スポルティングが、ローマからコートジボワール人FWセイドゥ・ドゥンビアをレンタル移籍で獲得したことを正式に発表した。

かつて柏レイソルや徳島ヴォルティスでもプレーし、ロシアのCSKAモスクワでは日本代表FW本田圭佑と同僚であったため、日本でもよく知られる存在であるドゥンビア。ローマから買取オプション付きの期限付き移籍で、ポルトガルの強豪クラブに加入した。

昨季はレンタル先のバーゼルで21ゴールを決めるなど、CSKAモスクワ時代の得点力は未だ健在。スポルティングは、今季1億ユーロと桁外れな違約金を設定したブルーノ・フェルナンデスに続き、大型選手の獲得を実現させた。

©FutePor -ふとぽる-

スポルティング、U-21代表10番の獲得を発表!違約金はクラブ史上最高の1億ユーロ

『O JOGO』

スポルティングが、サンプドリアのブルーノ・フェルナンデスを獲得したことを正式に発表した。

スポルティングは、U-21ポルトガル代表で10番を背負い、将来を期待されている同選手と5年契約を締結。移籍金は、850万ユーロと50万ユーロの変動額となった。また、同選手に設定された違約金はクラブ史上最高額である1億ユーロに。現在、クラブで最高額の違約金をつけるポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスの6000万ユーロを大きく上回った。

ポルトガルでプロとしてプレーした経歴はなく、若い頃からノバーラ、ウディネーゼ、サンプドリアなどイタリアのクラブを転々としてきたブルーノ・フェルナンデス。昨季リーグ3位に終わったスポルティングは、念願のタイトル奪取に向けて、異色のキャリアを持つ22歳をキープレーヤーとして確保した。

©FutePor -ふとぽる-

U-21ポルトガル代表10番、スポルティング移籍濃厚に。選手本人がクラブ間合意を明かす

『maisfutebol』

セリエAサンプドリアに所属するブルーノ・フェルナンデスのスポルティング移籍が濃厚となった。ポーランドで行われたEURO2017をグループステージ敗退で終え、母国ポルトガルに帰国した同選手は、サンプドリアとスポルティングですでにクラブ間合意に達していることを明かした。

「僕が知っていることは、すでにサンプドリアとの合意があり、僕との契約に関心があるということ。まだ代理人とは話していないが、今日か明日にもでも会ってニュースを待つよ」

ポルトガルのプロチームでプレーした経歴がない異色のキャリアを持つブルーノ・フェルナンデスは、母国のビッグクラブでプレーすることについてはこのように語った。

「いつも、ビッグクラブのひとつでプレーすることは大きな誇りだと言ってきた。特に僕はポルトガルでプレーしたことがないからね。そしてスポルティングは、歴史のある偉大なクラブ。そこでプレーできるのは、間違いなく大きな喜びであり誇りだ」

ブルーノ・フェルナンデスは、母国ではボアビスタのユースチームでプレーし、その後イタリアはノバーラのU-20へ移籍。同クラブでプロデビューを果たしてからは、ウディネーゼ、サンプドリアと、セリエAのチームを転々としてきた。リオ・オリンピックと先日のU-21代表でも10番を背負ってきた期待の若手選手は、母国ポルトガルのビッグクラブへプロとして帰国するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-