天国と地獄を彷徨ったベンフィカから、愛する心のクラブスポルティングへ。老将ジョルジ・ジェズスの人生に迫る【序章】

2012-13シーズンも終盤に差し掛かり、共にリーグ戦無敗同士で激突したポルトとベンフィカ。勝利したチームがこの年のリーグ王者を手中にする世紀の直接対決であった。両者譲らず、1-1で迎えた後半ロスタイム。ポルトの若手ブラジル人FWケウビンが中盤でボールを受けた。味方にパスを出すと、その足で相手ディフェンスラインの裏へ走り込む。リターンを受けたトサカヘアのブラジル人は右足でボールをトラップ。すぐさま左足を豪快に振り抜き、ゴール左隅に強烈なシュートを叩き込んだ。

試合終了間際の劇的な勝ち越し弾だった。ポルト監督ビトール・ペレイラが、我を忘れてスタジアムを駆け回るかたわらで、白髪のベンフィカ監督は、落胆の感情を抑えきれずに膝から崩れ落ちた。のちに「Joelho de Jesus(ジェズスの跪座(きざ))」と語り継がれる名シーンを演じたのが、ベンフィカを率いるジョルジ・ジェズスであった。全てを勝ち取るチャンスがありながら天王山に敗れ、まさに天国から地獄へと転落していったのだ。

それでもなお、ジョルジ・ジェズスは偉大なチャンピオンである。2009年にベンフィカの監督に就任すると、任期1年目ながら、失意に喘いでいたクラブに5シーズンぶりのリーグ優勝をもたらした。その後、前述のシーズンを含めた3シーズンに渡りポルトへ王者を譲り渡すも、2013-14には国内3冠を達成しチャンピオンに返り咲いた。

ベンフィカは、かのモウリーニョがチームを去ったポルトの転換期である2004-05シーズンにリーグ優勝を果たしたが、そこからは4年連続でライバルに王座を受け渡していた。そんな出口の見えない漆黒のトンネルに差し込んだ一筋の光が、2009年に到来したジョルジ・ジェズスだったのだ。日本語で光のスタジアムを意味するベンフィカのホーム「ルス・スタジアム」の名にふさわしい監督就任であった。その後、ビラス・ボアスとの激戦に敗れ去るなど、再びポルトに3連覇を許したが、2013-14と2014-15シーズンの2年にかけて、自身初となるリーグ2連覇を達成。ベンフィカ就任以来6年もの間、ポルトとの熾烈なチャンピオン争いを演じ、チームをポルトガルNo.1クラブへと復興させたのだ。

ジョルジ・ジェズスはまさに、ベンフィカの近代史に名を刻む名将である。グッドマンやエリクソンら歴代の名監督を超える記録を次々と打ち立てた。毎シーズン年間100ゴールを超える得点を記録し、ソシオやサポーターの厳しい要求に応え続けた。現在世界各国で活躍するスーパースターを毎年輩出し、クラブに膨大な移籍金をもたらした。歴代最高のポルトガル人監督の1人であり、ポルトのピント・ダ・コスタ、スポルティングのブルーノ・デ・カルバーリョ、ベンフィカのルイス・フィリペ・ビエイラという3強クラブの会長全員が招聘を狙った稀代の名将である。

ベンフィキスタが待ち望んだクラブの救世主は2015年、6年の任期を終え、同じ街リスボンのライバルクラブ、スポルティングへ禁断の移籍を決断した。しかし、これはベンフィカへの背徳行為ではない。ジョルジ・ジェズスは根っからのスポルティンギスタであり、キャリアの終盤に心のクラブを率いたいと願う、至極当然の選択であった。

【1章】悲劇の少年期。試練を乗り越え夢のクラブへ

「天国と地獄を彷徨ったベンフィカから、愛する心のクラブスポルティングへ。老将ジョルジ・ジェズスの人生に迫る【序章】」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。