主力不在、「無名な」18名のリオ五輪ポルトガル代表。それでも注目すべき10人の新星

いよいよ開幕が迫ったリオ・オリンピック。我らが日本代表が決勝トーナメントに進出した場合、対戦する可能性のある強豪国の中でも、「欧州王者」ポルトガルは注目国の一角であろう。

しかし、EURO2016を制したフル代表とはうらはらに、リオ五輪ポルトガル代表は、若手スター選手を多数抱えるが故に彼らの招集を所属クラブに断られ、逆説的に控え・当落線上、またはこれまでU-23の試合に呼ばれたことのない選手から構成される「無名」集団となってしまった。

(参考:リオ五輪ポルトガル代表メンバー18名)

GK
ブルーノ・バレーラ(ビトーリア・セトゥバル)
ジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)
DF
エドガル・イエー(ビジャレアル)
リカルド・エスガイオ(スポルティング)
ティアゴ・イロリ(リバプール)
トビアス・フィゲイレード(ナシオナル)
パウロ・エンリケ(パソス)
フェルナンド・フォンセッカ(ポルト)
MF
アンドレ・マルティンス(無所属)OA
ブルーノ・フェルナンデス(ウディネーゼ)
フランシスコ・ラモス(シャービス)
セルジオ・オリベイラ(ポルト)OA
ティアゴ・シウバ(フェイレンセ)
トマス・ポドスタウスキー(ポルト)
ピテー(トンデーラ)
FW
カルロス・マネー(スポルティング)
ゴンサロ・パシエンシア(アカデミカ)
サウバドール・アグラ(ナシオナル)OA

そうは言っても、その18名の中にも将来の代表を背負うダイヤの原石がいるのは事実である。そこで今回は、無名集団の中でもキラリと光る注目選手10名を、最大★3つの注目度とともにご紹介する。

ジョエル・ペレイラ(GK)★☆☆1つ

マンチェスター・ユナイテッドでは、デ・ヘアにスタメンの座を譲るも、同郷監督ジョゼ・モウリーニョが就任した今季は、プレシーズンで途中出場ながらプレー機会を手にした。世界No.1監督もその将来に注目する有望なGK。

エドガル・イエー(DF)★☆☆1つ

育成の名門スポルティングからバルセロナユースに引き抜かれた逸材。現在はビジャレアルのBチームを中心に試合経験を積むが、ポテンシャル十分な快速SB。

ティアゴ・イロリ(DF)★☆☆1つ

こちらも名門アカデミー、スポルティングユース出身の海外組。リバプールでプレーする、ポルトガルでは稀有な190cmの長身CB。

トビアス・フィゲイレード(DF)★★☆2つ

U-21世代のEURO2015準優勝メンバーの1人。188cm、強靭なフィジカルを誇る屈強CB。

アンドレ・マルティンス(MF)★★☆2つ

オーバーエイジ。現ポルトガル代表「10番」ジョアン・マリオが台頭する以前に、アドリエン・シウバとともにスポルティングの中盤を司ったファンタジスタ。

ブルーノ・フェルナンデス(MF)★★★3つ

不選出とならずに済んだU-23世代の主力選手の一角。早くにイタリアはセリエAに挑戦し、U-21ではチームの大黒柱を担った。リオ五輪においてもチームの顔になり得るファンタジスタ。

セルジオ・オリベイラ(MF)★☆☆1つ

オーバーエイジ。ポルトのユースで育つも、度々レンタルに出され、ようやくトップチームに呼び戻され、定着した苦労人。ボール扱いに長け、中盤に落ち着きを与えるのみならず、前線に飛び出してはゴールを狙う万能型MF。

トマス・ポドスタウスキー(MF)★★☆2つ

ポルトBで100試合を超える公式戦出場を誇る屈強なMF。15-16シーズンには、42試合に出場するなどフル稼働し、チームの2部優勝に大いに貢献。将来のポルトの中盤を担うスター候補。

カルロス・マネー(FW)★★☆2つ

ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド、リカルド・クアレスマ、ナニ。スポルティング・アカデミーが輩出する名ウインガーの系譜を継ぎ得る逸材。トリッキーなフェイントを武器とする快速ウインガー。

ゴンサロ・パシエンシア(FW)★☆☆1つ

ポルトで活躍したレジェンドFWドミンゴス・パシエンシアの息子。ポルトBを中心にプレーしていたが、15-16シーズンはレンタル先のアカデミカで1部リーグを存分に経験。最下位に沈み2部降格となった弱小チームで、30試合4ゴールと奮闘した。

以上、10名のリオ五輪ポルトガル代表注目選手を紹介した。「主力選手を招集できなかったためにメンバーに滑り込んだ」という世間の低評価を覆し、ブラジルの地で輝くその姿を期待したい。また、日本代表と戦うことになった際にも、特にこの10名に注目していただきたい。

©FutePor -ふとぽる-

「主力不在、「無名な」18名のリオ五輪ポルトガル代表。それでも注目すべき10人の新星」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。