ルイ・ビトーリア(Rui Vitória)

ルイ・ビトーリア(Rui Carlos Pinho da Vitória)
生年月日:1970-04-16
国籍:ポルトガル
指導歴:
2002-04 ビラフランケンセ(ポルトガル)
2004-06 ベンフィカ(ポルトガル)ユースコーチ
2006-10 ファティマ(ポルトガル)
2010-11 パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル)
2011-15 ビトーリア・ギマラインス(ポルトガル)
2015-   ベンフィカ(ポルトガル)
コメント:
選手として目立った経歴はなく、若いうちから指導者の道を歩んだ。2008-09シーズンにファティマで2部優勝を飾るなど着実に実績を積み重ね、2011年に強豪ビトーリア・ギマラインスの監督に就任した。12-13シーズンには、ベンフィカを決勝で下してポルトガルカップを戴冠。自身初の主要タイトルを獲得した。14-15にギマラインスをリーグ5位に導いた実績が評価され、翌年にはユース監督の経験があるベンフィカの監督に就任。6年間にわたるジョルジ・ジェズス政権の後を継ぐという難題に挑戦した。そのジョルジ・ジェズス率いるスポルティングとのリスボン・ダービーで歴史的な3連敗を喫すなど苦境に立たされる中で、クラブの将来を憂いて多くの若手選手を大抜擢。ネウソン・セメードゴンサロ・グエデスを半年間でポルトガル代表にまで育て上げ、さらにレナト・サンチェスやビトール・アンドラーデなど、ベンフィカの未来を担うユース選手を大胆に起用した。2016-17シーズンには、2年連続のリーグ制覇でベンフィカにリーグ4連覇をもたらした。ピッチサイドで水を飲む姿はサポーターの間でにわかに話題となっている。
ルイ・ビトーリアに関する最新記事

日本発!ポルトガルサッカー総合情報サイト

Top