ビトール・ペレイラ(Vítor Pereira)

ビトール・ペレイラ(Vítor Manuel de Oliveira Lopes Pereira)
生年月日:1968-07-26
国籍:ポルトガル
指導歴:
1997-98 エスモリス(ポルトガル)フィジカルコーチ
1998-99 ゴンドマル(ポルトガル)フィジカルコーチ
1999-00 アリファネンセ(ポルトガル)フィジカルコーチ
2000-02 ポルト(ポルトガル)ユースコーチ
2002-03 パドロエンセ(ポルトガル)ユースコーチ
2003-04 ポルト(ポルトガル)ユースコーチ
2004-05 ポルト(ポルトガル)ユースコーチ/サンジョアネンセ
2005-07 エスピーニョ(ポルトガル)
2007-08 ポルト(ポルトガル)ユースコーチ
2008-10 サンタ・クラーラ(ポルトガル)
2010-11 ポルト(ポルトガル)アシスタントコーチ
2011-13 ポルト(ポルトガル)
2013-14 アル・アハリ(サウジアラビア)
2014-15 オリンピアコス(ギリシア)
2015-16   フェネルバフチェ(トルコ)
2016-    1860ミュンヘン(ドイツ)
コメント:
プロ選手としてのキャリアはなく、28歳のとき選手生活に見切りをつけた。弱小クラブのユースコーチを転々とした苦労人にとって、キャリアの分岐点となったのが2010-11シーズン。ビラス・ボアス率いるポルトのアシスタントコーチへの就任だった。ビラス・ボアスが4冠の偉業を達成し、わずか1年でチェルシーへ引き抜かれたことで、翌年ペレイラはトップチームの監督に。ポルトガルリーグ2連覇を果たした。ともに無敗同士で迎えたシーズン終盤、ベンフィカとのクラシコにおいて、92分の劇的決勝弾で敵将ジョルジ・ジェズスを跪かせた逸話は、今もなおポルティスタの間で語り継がれている。途中就任したオリンピアコスでもリーグ制覇をするなど実績は十分であるが、不運なことに、あまり高い評価を得られないでいる。
ビトール・ペレイラに関する最新記事

日本発!ポルトガルサッカー総合情報サイト

Top