【FutePor Scout File Number 15】フランコ・セルビ(ベンフィカ/アルゼンチン/FW)

ベンフィカが世界に誇る「アルゼンチン人レフティ」の系譜を継ぐ新星が現れた。

2008-09から5年間にわたり所属したベンフィカの伝説的10番パブロ・アイマール。その母国のレジェンドとほぼ時を同じく活躍し、レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンなどメガクラブを渡り歩くディ・マリア。先人2人が去った穴を埋めるが如く、2010-11から6年もの間チームの中心を務め、恩師ジョルジ・ジェズスとともに国内3冠やEL2年連続決勝進出などベンフィカの黄金期を築いたニコ・ガイタン

そして2016-17シーズン。ニコ・ガイタンがアトレティコ・マドリードに引き抜かれたこの年、アルゼンチン人レフティの系譜を途絶えさせることなく颯爽と現れたのが、このフランコ・セルビだ。

最大の武器は、ボールが足に吸い付くようなドリブル。小刻みなフェイントで向かい合う敵を翻弄し、一瞬のスピードで抜き去るその姿は、さながら若き日のリオネル・メッシのよう。ドリブルで競り合った場合にも、重心の低さを活かした力強い体幹でボールを保守。身長は166センチと極めて小柄ながら力強いプレーを見せ、得点率の高いミドルシュートも得意とする。

アルゼンチンのロザリオ・セントラルで育ち、ベンフィカ移籍前には10番を背負ったセルビ。アルゼンチンの名門育ちという共通項のため「ニュー・ディ・マリア」、または、入れ替わりで加入したことから「ニコ・ガイタンの後継者」などと評されている。

しかし、2016-17シーズンの夏にベンフィカに加入したばかりのセルビは、早くも彼ら2人を優に超えるパフォーマンスを発揮している。ベンフィカ監督就任1年目に、ネウソン・セメードゴンサロ・グエデスレナト・サンチェスエデルソン・モラエスらを各国代表クラスに育て上げるなど若手育成に定評のあるルイ・ビトーリアは、19歳のアンドレ・オルタとともに22歳のセルビをレギュラーに抜擢。プレシーズンに行われたブラガとのスーペルタッサでは、いきなりスタメンを飾ると、早速ベンフィカでの初ゴールを記録した。その後もフェイレンセ戦でのポルトガルリーグ初ゴールや、ディナモ・キエフ戦でのCL初ゴールなど、8試合で4ゴールと大車輪の活躍。ポルトガル代表MFピッツィやギリシア代表FWミトログルらを抑えチーム得点王に君臨した。ディ・マリアは、1年目にシーズン1ゴール、2年目にようやく4ゴールを記録したこと、そして、ニコ・ガイタンは1年目に4ゴールまで到達するのに22試合を要したことからも、セルビの得点力は自身が「後継者」とされる2人のレジェンドを上回っていることが証明されたのだ。

就任2年目のルイ・ビトーリア監督のもとでリーグ4連覇を目指すベンフィカ。ポルトに譲り渡したポルトガルリーグ絶対王者の座奪還を目指すその中心には、歴代のアルゼンチン人レフティにも負けじと劣らない注目のスター候補がいる。母国の英雄リオネル・メッシを彷彿とさせるその力強いドリブルで、ディ・マリアやニコ・ガイタンを超える存在として王者ベンフィカの快進撃を牽引する。