#8「思い出は、盗まれない」

FCポルトのグランドに通った数日間は、これまでスクールに興味がなかった僕に刺激を与えてくれ、育成の大切さを改めて考えさせられる出来事になりました。本当に何も計画していなかった僕に、神様は素晴らしい贈り物をしてくれたものです。

この連載が初まった最初の頃に、FCポルトの育成には、他のどのクラブにも感じなかった「何か」があった、と書きました。その「何か」とは一体何だったのだろうか?と、今になってもよく考えます。
それはFCポルトから感じた「ファミリー」のような雰囲気なのかもしれませんし、コーチや選手、グランドにいる全ての人から感じた「サッカー愛」なのかもしれません。はたまた、隅々まで工夫された施設、それらすべてを含めたFCポルトの文化そのものだったのかもしれません。

これをきっかけに、「クラブのあり方」を、ずっと考えています。
このクラブに出会わなければ、考えなかったこと。
「スクールなんて、どこも同じだろう」と思っていた僕に、考えるきっかけをくれたこのクラブは、僕の宝です(勝手に)。

アジアとヨーロッパを放浪している時は、お金もないし、いつ帰るかわからないし、お土産なんて本当に何一つ買っていませんでした。
でも僕はこの時初めて、感動をいつでも思い出せるようにと、街で見かけた雑貨屋でFCポルトのキーホルダーを購入しました。それは今でも僕のバックの中に入っていて、見るたびに「がんばろう」と思わせてくれる、大事な大事なキーホルダーです。

となるはずでしたが、購入の数日後、キーホルダーの入った鞄ごと盗まれたので、今は跡形もありません。

世知辛い世の中です。

代わりにこの連載を読んで、またFCポルトのことを思い出すことにします。
僕の思い出は、誰にも盗むことはできませんよ(キラリ)。

それにしてもキーホルダー、かっこよかったなあ。

【寄稿アミーゴ】

kazumaKA’zuma

1992年生まれ東京都出身。2016年世界のサッカーを観るためにアジアとヨーロッパ15ヶ国以上を歩きまわって来ました。サッカーと本と、時々写真で生きています。

<メディアリンク>
Twitter
Blog
Instagram