ポルトガルのレジェンドFWパウレタがリーグ無敗を維持する2強のエースを称賛

『A BOLA』

かつてポルトガル代表のエースストライカーとして活躍し、現在はポルトガルサッカー協会のディレクターを務めるパウレタが、ポルトガルリーグで無敗を続けるスポルティングとポルトの両エースについて称賛の言葉を残した。

スポルティングのエース、アルジェリア代表スリマニに関してはこのようにコメントした。

「偉大なフォワードだ。ポルトガルに来た当初は、まだ名が知られていなかったね。でも適応してからはスポルティングにとって不可欠な存在となった。本物のストライカーであり、彼の将来は明るいだろう」

スリマニには、イングランドやスペイン方面からの関心の噂が絶えない。先日は、レスターやウェストハム、スウォンジーにトッテナムなど、複数のプレミアクラブからの興味が伝えられていた。同選手がヨーロッパ主要リーグで活躍できるか否かについて尋ねられたパウレタは以下のように続けた。

「心のそこから(活躍できると)信じている。ブライミのようなテクニックはないが、トップクラスに到達できるすべてのクオリティを備えたフォワードだ」

パウレタがスリマニとの比較にブライミを取り上げた理由は、同インタビューにて、このポルトFWを称賛していたからだろう。

「ブライミは、あのテクニックから、注目選手の1人になっているね。本当にトップレベルの選手だよ。影響力があり、どんな場面でも違いを作り出せる。どのビッグクラブでも活躍し得るだろう」

その言葉通り、ポルトでエースとして活躍するブライミには、チェルシーやパリ・サンジェルマンなどメガクラブからの関心が伝えられている。そして、後者はパウレタがかつて歴史を作った古巣である。

「(PSGの補強として)十分な技術的クオリティを備えている。そして、彼が成長を続け、その才能を発揮するのに適したクラブだろう」

もう時期幕を開ける冬の移籍市場では、パウレタが絶賛した2名のクラッキがメディアを賑わせることだろう。アフリカ生まれの両エースが無敗のチームをけん引する。

©FutePor -ふとぽる-