善戦のCLレアル戦を振り返るジョルジ・ジェズス「敗北が落胆であるのなら…」

『Público』

スポルティング監督ジョルジ・ジェズスが、リオ・アベ戦を控えた前日記者会見で、惜しくも1-2で敗れたCL敵地レアル・マドリード戦を振り返った。

「敗北は敗北だ。我々はカステージャと対戦したのではなく、レアル・マドリードと対戦したのだ。落胆の声が聞こえるが、私は満足している。レアル戦の敗北が落胆であるのなら、それはスポルティングが非常に強いというサインだ。我々がレアル・マドリードよりもずっと良かったということだろう。誰も起こるとは思っていなかったが、しかし実際に起きたことだ。最低でもドローには持ち込めていた」

リードしながら試合終了間際に逆転を許し、力の差を見せつけられたのかと思いきや、ジョルジ・ジェズスにとっては、チームの進化を感じさせる手応えのある敗戦であったようだ。

©FutePor -ふとぽる-