早くも激突するポルトガル人両指揮官。CLベスト16レベルの決戦を控えた記者会見を追う

『A BOLA』

今夜開催されるCLプレーオフ1回戦。注目は何と言ってもバレンシア対モナコの一戦だろう。ヌーノ・エスピリト・サントレオナルド・ジャルディンの両ポルトガル人監督が率いる強豪クラブのどちらかが、CLの舞台に立つことさえ叶わず敗退することになる。決戦に先駆けて、両指揮官と代表選手が記者会見に応じた。

ファーストレグをホームのメスタージャ・スタジアムで戦うバレンシアのヌーノ・エスピリト・サント監督は勝利への意欲を語った。

「失点しないのが重要だ。ホームでの相手のアウェイゴールは決定的なものになる。しかし、我々はゴールを奪われないためにプレーすることはできない。ゴールを奪いにいかなくてはならない。とてもクオリティの高いチームが相手だろうとね。持てるものを全て出し尽くして戦う。チャンピオンズリーグに出場したいからだ」

かつてベンフィカの中心選手として活躍したバレンシアMFエンゾ・ペレスは、セカンドレグを見越した戦い方をする必要性を語った。

「この試合の重要性というものは分かっている。しかしこれは最初の90分だ。バレンシアとモナコに大きな差はない。どちらもとても良いチームだ。確実に言えることは、明日のメスタージャでの試合でCL出場が決まることはないということだろう」

一方のモナコは3名のポルトガル人を含む20選手を、敵地メスタージャ・スタジアムに送り込む。チームの重鎮リカルド・カルバーリョと、U-21欧州選手権ベストイレブンコンビのベルナルド・シウバとイバン・カバレイロの3選手にはポルトガル人も注目するだろう。

モナコを率いるレオナルド・ジャルディン監督も、敵将と同じくプレーオフ突破に向けて並々ならぬ意欲を見せた。

「我々の目標は、CLグループステージを戦うために、まずここを突破することだ。どちらか1チームだけが先に進めるが、それは我々の義務なのだ。攻守ともに良いシステムで戦い、結果を残すことができれば満足だ。このような重要な瞬間に、若手とベテランの両方を重宝するモナコのプロジェクトを強固なものにしなくてはならない」

チームの重鎮、36歳のポルトガル人CBリカルド・カルバーリョは、バレンシアを難しい相手としながらも、モナコがゴールを決められる自信を垣間見せた。

「メスタージャで戦うのは非常に難しい。バレンシアは良い選手が多く、ボールポゼッションを好むチームだ。しかし、我々も強固なチームだ。粘り強く守備をしてカウンターアタックで攻撃に転じることが必要だろう。アウェイゴールを奪うことができれば、我々にとっては素晴らしいことだ」

ポルトガル時代にしのぎを削ったエスピリト・サントとレオナルド・ジャルディン両監督。強豪クラブへ転籍し、CLをかけた重要な決戦で再び相見える。バレンシアは移籍騒動のオタメンディを招集外とし、モナコはジョアン・モウティーニョをケガで欠くなど、両チームともに看板選手が出場できない。ファーストレグは本日水曜日、現地時間19時45分よりバレンシアのホーム、メスタージャ・スタジアムで開催される。

©FutePor -ふとぽる-