オリンピアコス監督マルコ・シウバ、強豪アーセナル相手にも攻めの姿勢を崩さず

『A BOLA』

CLでイングランドの強豪アーセナルと対戦するオリンピアコス。ポルトガル人指揮官マルコ・シウバが、劣勢と見なされるアウェイでの決戦に向けて、最高の結果を得られるよう、チームとして守備的には臨まないことを示した。

「望んでいる結果を得るのが不可能などと考えて試合に挑むことはない。我々は、決してそのようには考えていない。最善の結果を残すためにこの場に来た。難しい試合になることは重々承知だが、そもそも我々は厳しいコンペティションを戦っているのだ。アーセナルは偉大なクラブだが、自分たちの強みを信じているし、試合への準備はできている」

「明日、チームのアイデンティティーを変更することはないが、全ての試合に順応する必要があることは分かっている。我々よりボールを支配できるチームと対戦するときには、それに適応する必要があるが、チームのアイデンティティーを全て変えることはしない」

©FutePor -ふとぽる-