EL第5節が終了。ブラガがGS突破の快挙で残りの2クラブは最終節へ持ち越し

EL第5節が終了した。ポルトガルリーグから出場しているのは、ブラガ、スポルティング、ベレネンセスの3チームであり、同日ブラガの決勝トーナメント進出が決定した。スポルティングとベレネンセスのグループステージ突破の成否は、最終節まで持ち越されることとなった。

スポルティングは、ロシアの地でロコモティフ・モスクワに4-2で勝利。モンテロ、ブライアン・ルイス、ジェウソン、マテウス・ペレイラのゴールで勝ち点3を獲得した。グループ首位は勝ち点9のベジクタシュ、2位は同8のロコモティフである。同7で3位につけるスポルティングは、最終節にクアレスマ擁するベジクタシュ相手に勝利すれば、決勝トーナメント進出を確実にものにできる。

ベレネンセスは、ホームでポズナンと対戦。スコアレスドローに終わったが、同日バーゼル対フィオレンティーナが2-2の同点となったため、グループステージ突破にわずかな希望を残した。リカルド・サー・ピント監督は中小チームのベレネンセスにベスト16進出の可能性があることを「フィオレンティーナが所属するグループでベスト16に進出できる位置にいるのは、並々ならぬ偉業だ。歴史的な快挙と言える」と称賛し、サポーターを鼓舞した。最終節に、勝ち点7で2位につけるパウロ・ソウザ監督のフィオレンティーナに勝利した場合のみ、現在の勝ち点5を8に積み上げ、決勝トーナメントに進めるチャンスを手にする。ただし、同10のバーゼル相手に、同5で並び得失点差でベレネンセスを上回るポズナンが勝利すると条件は変わる。

ブラガは、ホームでスロバン相手に2-1で勝利。同点で迎えた90分、クリスランが劇的な逆転ゴールを決め、クラブ初となるELグループステージのホーム戦で3連勝を飾った。ブラガは、現在勝ち点12でグループ首位に立ち、2位のマルセイユは同9であるため、最終節のフローニンゲン戦で引き分け以上の結果を得ると、首位通過を確定させる。パウロ・フォンセッカ監督も「我々は次なるステージを確定させたが、野心的なチームであり、(フローニンゲン戦が行われる)オランダへ散歩に行くようなマネはしない」と好調なチームを引き締めた。

©FutePor -ふとぽる-