【15-16期CL/EL組合せ決定!】ジョルジ・ジェズス「レバークーゼン?ベンフィカ時代に下した」

『A BOLA』

CLとELの決勝トーナメントの組合せ抽選会が行われた。スポルティングはCLから回ったレバークーゼンと対戦することが決定。ジョルジ・ジェズス監督は過去にドイツの強豪相手に勝利した事実を持ち出したが、CL級の強豪クラブを引き当てたしまったことを悔やんだ。

「レバークーゼンとは4度対戦した。ELではライバル(ベンフィカ)にいた頃に下したことがある」

「ただ、もっと良い対戦カードもあっただろう。バイヤー・レバークーゼンとボルシア・ドルトムント、これもポルトガルのクラブと当たったが、この2クラブはELで最も強い2チームだ。論理的に言っても、抽選ではもう少し簡単なチームと当たることもできた」

ファーストレグは、2月18日にスポルティングのホーム、アウバラーデスタジアムで行われる。

©FutePor -ふとぽる-