ポルトガル、2018-19季のUEFA大会への出場枠減少が決定。CLダイレクトインはリーグ王者のみに

『O JOGO』

ベンフィカとポルトがCLベスト16で敗れたポルトガル。ELでも全クラブが敗退し、2001-02以来15年ぶりにUEFA主催の大会において、ベスト8に1チームも入らない事態となった。そのため、フランスとロシア次ぐ、UEFAランキングの7位が決定し、2018-19シーズンにCL出場枠が減少することが確定した。

現在、ポルトガルリーグのクラブは、リーグで1位と2位のチームがダイレクトにCLへ出場し、リーグ3位のチームが予選3回戦およびプレーオフを経て同大会への出場権を獲得している。今季は、ベンフィカとスポルティングがダイレクトインを果たし、3位であったポルトが、ビジャレアルとの予選と、ローマとのプレーオフを制して、本大会へ出場していた。

しかし、2018-19シーズンからは、リーグ王者に輝いた1チームのみが、CLへの出場権を獲得することとなり、2位のチームは、予選3回戦およびプレーオフを勝ち抜かなければ、本戦に出場できなくなる。3位のチームはCLへの出場権をなくし、4位のチームとともにELの予選3回戦から出場。ポルトガルカップの勝者がELにダイレクトで進む形となる。

ビラス・ボアス率いるポルトが、ドミンゴス・パシエンシア率いるブラガと、EL決勝でポルトガル対決を果たしたのも今や昔、ポルトガルサッカーの影響力が、ヨーロッパで徐々に弱まりつつある。

©FutePor -ふとぽる-