ベレネンセスを初のELに導いたサー・ピントとヴィオラ監督パウロ・ソウザが、「EL出場監督ベストイレブン」に選出

『zerozero.pt』

ベレネンセスをクラブ史上初のEL出場に導いたリカルド・サー・ピントと、今季からフィオレンティーナを指揮するパウロ・ソウザの両ポルトガル人監督が、UEFAの選出する「プロ選手の過去を持つEL出場監督ベストイレブン」に選ばれた。

本ベストイレブンにて、サー・ピントは、3トップの一角を担う。アスレティック・ビルバオの監督バルベルデをワントップに、APOELのケツバイア(Ketsbaia)が右ウイング、サー・ピントが左ウイングに選出された。現在ベレネンセスを率いる同監督は、かつてスタンダール・リエージュやスポルティング、レアル・ソシエダでプレーした経歴を持つ。

3枚の中盤を構成することになったのが、マルセイユの監督ミチェルと、PAOKのトゥドール、そしてフィオレンティーナのパウロ・ソウザだ。本ベストイレブンの中でもパウロ・ソウザの経歴はずば抜けており、エスパニョールやパナシナイコス、パルマにインテルナツィオナーレ、ドルトムントにユベントス、スポルティングやベンフィカなど各国の強豪クラブでのプレー歴を保持している。2度のCL制覇を経験(ドルトムントとユベントス時代)し、インテル時代にはUEFA杯を獲得している。

GKには長年ベンフィカに所属していたプロドーム(クラブ・ブルージュ)が選出。4名のDFには、左からポチェッティーノ(トッテナム)、フランク・デ・ブール(アヤックス)、ヘニング・ベルグ(レギア・ワルシャワ)、サニョル(ボルドー)が選ばれている。

image

(写真はUEFA.comより)

©FutePor -ふとぽる-