ゼニトがビラス・ボアスの後任にマルコ・シウバを狙う。ギリシアの歴史を塗り替えた若手指揮官に期待

『SAPO Desporto』

今季限りでの退団を明言しているアンドレ・ビラス・ボアス率いるゼニトが、ポルトガル人指揮官の後釜を探している。どうやらその有力候補として、同郷監督をリストアップしているようだ。

ギリシアメディアによると、ゼニトが注目しているのはオリンピアコスを率いるマルコ・シウバ。かつてスポルティングを率いた若手ポルトガル人監督は、今季より指揮を執るオリンピアコスで、開幕から無敗の15連勝を記録中。CLではバイエルンとアーセナル相手にグループリーグ突破に王手をかけるまで善戦した。ギリシアの歴史を塗り替える活躍ぶりに、ゼニトも大きな関心を寄せているようだ。

ビラス・ボアスとマルコ・シウバの代理人はカルロス・ゴンサウベス氏が務めており、エージェントを共にすることからも、交渉は比較的容易に進むと推測されている。

©FutePor -ふとぽる-