ポルト来季新監督の最右翼にマルコ・シウバが浮上

『A BOLA』

現在リーグ3位に沈み、リーグ優勝の夢はほほ潰えたポルトだが、来季からクラブを立て直す新監督として、オリンピアコスを率いるマルコ・シウバが浮上している。

ポルトは今季途中、フレン・ロペテギを解任し、ジョゼ・ペゼイロを招聘していた。しかし、同監督が就任後もチームは好調の波に乗れず。あと1年の契約を残しているものの、同監督は今季限りで解任され、ピント・ダ・コスタ会長が新たな監督を探すと推測されている。

ポルトがマルコ・シウバへ強い関心を示しているのは、木曜日にギリシアメディアにも取り上げられていた。同監督は、今季から率いるオリンピアコスでリーグ開幕連勝や無敗など数々の記録を打ち立て、クラブをリーグ王者に導いていた。母国ポルトガルでも、エストリルでリーグ4位、スポルティングではカップ戦で優勝を達成するなど、その経歴は申し分ない。

マルコ・シウバは現在、オリンピアコスと2017年までの契約を結んでいるが、ポルトが同監督との交渉を取り付けるのはそこまで困難ではないと思われている。ただし、CLではアウェイでアーセナルを破るなど、今季の活躍ぶりからヨーロッパの強豪クラブがマルコ・シウバの招聘を狙っているとの噂もある。

果たして、ポルトガルNo.1の若手監督は、不調に喘ぐ母国の強豪クラブへ向かうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-