再び相見える両雄。グアルディオラ「ジョゼたちは私を別次元に連れて行ってくれた」。もう一人のライバル、クロップにも言及

『maisfutebol』

今季よりマンチェスター・シティの監督へ就任するペップ・グアルディオラが、記者会見に応答。話題はやはり、同じく今季からマンチェスター・ユナイテッドの監督となるジョゼ・モウリーニョについてであった。

両者はスペインで、当時それぞれバルセロナとレアル・マドリードを率い、世界が注目する対決を幾度となく繰り広げていた。そのペップとモウリーニョによる「クラシコ」が、舞台を「マンチェスター・ダービー」に変えて再現される。

しかし、世間の熱気とは裏腹に、両監督は冷静である。先日、就任会見で監督ばかりが話題となる現状に水を差したモウリーニョだが、グアルディオラも同じ立場を貫いている。

「モウリーニョはよく言ってくれた。彼と私だけではないのだ。我々は自分たち自身に集中している。でも、ここイングランドで勝つのは難しいだろう。それは誰もが知っている」

犬猿の仲とさえされている両者だが、グアルディオラはモウリーニョへの感謝を口にした。

「偉大な監督たちと何度も対戦してきたが、間違いなくジョゼ・モウリーニョはその1人だ。彼らは私が別の次元に到達する力になってくれた」

グアルディオラを惹きつける監督は、モウリーニョだけではない。スペインでのグアルディオラ対モウリーニョと同様に、ドイツで話題をさらったグアルディオラ対クロップのライバル関係も、来季よりここイングランドの地で見られる。

「ユルゲン・クロップも、ドルトムント時代に私をもっと良い監督にしてくれた1人だ」

それぞれが因縁を抱える、グアルディオラ、モウリーニョ、そしてクロップ。彼らが率いるシティ、ユナイテッド、リバプールが、今季のプレミアリーグはおろか、世界のフットボール界を取り巻く話題の中心となることだろう。

©FutePor -ふとぽる-