モウリーニョが次期イングランド代表監督候補に浮上

『A BOLA』

現イングランド代表監督ロイ・ホジソンの契約が残り12ヶ月を切り、イングランドメディアはその後継者を推測し始めた。そして『Daily Mirror』によると、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がその候補に浮上した。

同メディアによると、ポルトガル人指揮官がイングランド代表監督という冒険を選択すると推測できる理由は2つあるようだ。第一に、昨季プレミアリーグを制したチェルシーだが、そのプレースタイルやCLでの早期敗退を受け、満足のいくシーズンを送れなかったこと。そして第二に、2016年の欧州選手権を戦うポルトガル代表が新監督を欲していないことが理由として挙げられるようだ。モウリーニョはポルトガル代表を率いることが将来の目標だということを、これまで度々公表してきた。

なお、モウリーニョの他には、サウスゲートやギャリー・ネビル、アラン・パーデューにブレンダン・ロジャーズ、アラダイスやクロップ、ファーガソンらの名前が次期イングランド代表監督候補として挙がっている。

©FutePor -ふとぽる-