テリーの次はクアレスマ。中国移籍のビラス・ボアスが母国の大物補強を狙う

『zerozero.pt』

上海上港の新監督に就任したポルトガル人指揮官アンドレ・ビラス・ボアスが、ベジクタシュのポルトガル代表FWリカルド・クアレスマの獲得に興味を抱いているようだ。『Tuttomercato』が報じた。

先日はチェルシーのキャプテン、ジョン・テリーの獲得を模索していることが報じられたビラス・ボアス。他にもハビエル・パストーレなど、大物選手の名前が浮上する中、かつて歴史的なシーズンを送ったポルト出身、同郷のファンタジスタを狙っていることが明らかとなった。

ポルトとゼニトで苦楽を共にした盟友フッキと三たびタッグを組むこととなったビラス・ボアス。中国リーグ制覇を目論む同監督が、さらなるスター選手の獲得を望んでいることは間違いないようだ。

©FutePor -ふとぽる-