トッテナム監督「モウリーニョは今も、そしていつまでもスペシャル・ワン」

『maisfutebol』

今週末のマンチェスター・ユナイテッド戦を控えるトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、昨季チェルシーを解任されて以来、新クラブでも真価を発揮できていないジョゼ・モウリーニョへの変わらぬ敬意を示した。

「私にとって、彼は今もスペシャル・ワン、そしていつまでもスペシャル・ワンだ。私がスペインでキャリアをスタートさせたときから、彼は模範。いつも私に好意的でオープンに接してくれる」

また、同じプレミアリーグで指揮を執る外国人監督として、新チームを率いる難しさに理解を示した。

「時には困難な状況に陥る。新たなクラブに来て、アイディアや哲学を浸透させるのは簡単ではないのだ。しかし、彼はこれまでも、そしてこれからもフットボール史上随一の監督であり続ける」

敵将から絶賛されたモウリーニョ。果たして、スペシャル・ワンの名にふさわしい結果を勝ち取り、称賛に応えられるか、

©FutePor -ふとぽる-