マルコ旋風のプレミア。英メディアが母国リーグで見たい5人のポルトガル人監督を選定!

『SAPO Desporto』

ハル・シティの新監督に途中就任したマルコ・シウバが、マンチェスター・ユナイテッドやリバプールを撃破し、リーグに衝撃を与える中、英メディア『Telegraph』がプレミアリーグで見たい20名の監督を選定し、5人のポルトガル人監督が選ばれた。

5人のポルトガル人は、納得の選定となった。ベンフィカでリーグ首位に立つルイ・ビトーリアと、ポルトを率いチャンピオンを追うヌーノ・エスピリト・サント、タイトル争いから一歩脱落したが、圧倒的なタイトルホルダーであるスポルティングのジョルジ・ジェズスら、ポルトガル3強を率いる3名が選出。残りの2人は、中国リーグへ移籍したアンドレ・ビラス・ボアスと、モナコでフランスリーグ首位に立つレオナルド・ジャルディンが選ばれた。

同メディアが記載した選定の理由は、下記の通り。マルコ・シウバが英国に与えた衝撃により、再びポルトガル人監督というブランド価値が上昇しているのかもしれない。

ヌーノ・エスピリト・サント
→今季のベンフィカとのタイトル争いは見事。リオ・アベ時代には、中小クラブをELに導いた功績も忘れなかった。

ルイ・ビトーリア
→ベンフィカでの82%という驚異的な勝率。昨季はリーグ王者とリーグ杯の2冠を達成。

ジョルジ・ジェズス
→未だプレミアクラブが同監督を招聘していない事実に驚く。ベンフィカ時代は、リーグ制覇を3回、EL決勝進出2回と、ポルトガル国内の監督としては圧倒的な成績を記録している。

アンドレ・ビラス・ボアス
→チェルシーとトッテナムでは失意のシーズンを過ごしたが、ゼニトでロシアリーグを制すなど、その進化ぶりに期待してもう一度プレミアで見てみたいとの意見。

レオナルド・ジャルディン
→若手の育成力と、フランスリーグで首位に立つその手腕を評価。

©FutePor -ふとぽる-