モナコでCL4強のジャルディン監督が中国移籍へ個人合意の噂。移籍実現への条件とは

『A BOLA』

今季、モナコでCLベスト4に進出し、世界中を驚かせたポルトガル人若手監督レオナルド・ジャルディンが、これからというキャリアのさなかで中国リーグへの移籍で合意したと『A BOLA』に報じられた。

ポルトガル最大手の同メディアによると、レオナルド・ジャルディンは、先週末に北京国安と会談の場を設け、1200万ユーロという破格の年俸を用意した中国クラブと3年契約で合意に達したという。

個人では合意に達したが、ジャルディンの中国行き実現のための条件は、モナコが移籍を許容すること。モナコはジャルディンと2019年までの契約を結び、違約金は1500万ユーロに設定しているが、北京国安は800万ユーロを提示しており、両者の間には開きがある。

一方、中国クラブに大型オファーを提示された監督を慰留すべく、モナコも新契約を用意し始めた。ただ、現在ジャルディンが受け取る年俸の3倍である450万ユーロを提示する意向だというが、北京国安が提示した1200万ユーロには遠く及ばない。

果たして、今季全世界にその名を知らしめ、次世代の名将として期待されるジャルディンは、またとない大型年俸を手に入れることができるこの機会に、サッカーのメインストリームから早々に離脱してしまうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-