パウロ・ソウザ、中国入り。元チェルシーMFラミレス所属チームと2年契約を締結か

『O JOGO』

今季限りでフィオレンティーナ監督を退任したパウロ・ソウザが、中国の江蘇蘇寧の監督に就任することが濃厚となった。

複数のポルトガルメディアやイタリアメディアによると、パウロ・ソウザはすでに契約のために中国入り。元チェルシーのラミレスやアレックス・テイシェイラが所属するクラブと2年+1年の延長オプション付きの契約を結ぶ可能性があるという。

江蘇蘇寧は現在中国リーグで最下位から2番目に沈んでいる。上海上港を率いるアンドレ・ビラス・ボアスに続き、若手ポルトガル人指揮官が、中国リーグへの移籍を実現させるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-