上海上港、ビラス・ボアスの後任が決定。ポルト時代の「バトンタッチ」が再び実現!

『A BOLA』

アンドレ・ビラス・ボアスの退任が決まっていた中国スーパーリーグの上海上港が、新たにポルトガル人指揮官ビトール・ペレイラを招聘したことを正式に発表した。

49歳のポルトガル人監督は、これまでポルトやオリンピアコス、フェネルバフチェなどの強豪クラブを指揮。16-17シーズンに1860ミュンヘンを退任して以来、フリーの身となっていた。

アンドレ・ビラス・ボアスの後任にビトール・ペレイラが就任するのは、今回で2度目。2010-11シーズンにビラス・ボアスがポルト就任1年目でリーグ無敗優勝とEL制覇を含む4冠の偉業を成し遂げ勇退した翌年、アシスタントコーチであったビトール・ペレイラがチームを引き継いだ。その後、ビトール・ペレイラ率いるポルトは、無敗優勝を含むリーグ2連覇を達成。同監督は、ポルトが3連覇を果たした黄金期を支えた。

オリンピアコスでギリシアリーグを制して以来、タイトルに見放されているポルトガルリーグ無敗優勝経験者。次なる挑戦は、パウロ・ソウザ、パウロ・ベントに続き、3人目のポルトガル人監督が誕生した中国となった。

©FutePor -ふとぽる-