フェネルバフチェ指揮官ビトール・ペレイラがかつての教え子フッキ獲得を望む

『O JOGO』

ビトール・ペレイラ監督が、ゼニトに所属するフッキをフェネルバフチェへ呼び寄せる目標を語った。

「もしフェネルバフチェがゼニトにフッキを売るよう説得できたら、そしたら私がここに来るよう彼を説得する」。ポルトガル人指揮官は、かつての教え子をクラブへ連れて来たい思いを語った。

ビトール・ペレイラは、ポルトで2年間をフッキと共に過ごし、クラブのリーグ3連覇に貢献していた。その後、ゼニトが5500万ユーロの移籍金にてフッキを引き抜き、ペレイラはアル・アハリに転籍したことで、両者は別々の道を歩むことになったのだった。

©FutePor -ふとぽる-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です