モウリーニョがギネス記録入り「子どもの頃は自分がギネスブックに載るとは思いもしなかった」

『A BOLA』

チェルシーのポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョが、2016年版ギネスブックに名を連ねた。同監督は、以下の項目によって世界一に認定された。

・ホーム無敗記録が最長(9年)
・異なるクラブで制覇したCLが最大数(2度)
・CL100試合を達成した最年少監督(49歳と12日)
・プレミアリーグのシーズン最多勝ち点記録(95)
・プレミアリーグホーム無敗最多記録(77試合)

ギネス記録達成について、モウリーニョは以下のようにコメントを残した。

「どこか面白い面持ちだ。子どもの頃は、いつしか自分がギネスブックに載ることになるとは想像すらしていなかったよ。皆さんは私のことを既に知っていると思うが、これらの項目は、私が過去に成し遂げてきた功績であり、それはもちろん良いことだ。しかし、私にとって最も重要なのは将来だ」

数々の個人賞を総なめにしてきたモウリーニョ。そんな彼でも、ギネス記録を保持することになるとは思いもよらないことだったようだ。

©FutePor -ふとぽる-